建国記念日とは日本の行事としていつから?何歳になった?

スポンサードリンク

 

2月11日が何の日かご存知ですか?

 

そう、建国記念の日、です。

 

普通、世界中の国々にはどこでも「国が出来た日」というのがあるかと
思います。

 

当然、日本にもあるんでしょう。

 

ところが、2月11日の建国記念の日、ではないかもしれません。

 

「何のこっちゃ!?」と思ったあなたのために、建国記念の日について
まとめてみましたので、参考にして下さい。

スポンサードリンク

建国記念の日という日本の行事

 

日本の建国記念の日、それは2月11日であることは知られています。

 

ここが重要なのですが、「建国記念日」ではなく、「建国記念の日」
なのです。

 

世界に目を向けて、どこの国でも独立記念日やら建国記念日やらは
存在しているところは多いです。

 

そして、それは国民的行事の日だったりしますよね。

 

ところが日本の場合は少し勝手が違うようです。

 

先程も言いましたが、「建国記念」の日なのです。

 

日本が建国されたということそのものを記念するための日

という言い方が正しいのかもしれません。

 

つまり、日本が出来たのが2月11日ではないということです。

 

日本と言う国が建国された、出来たという事実をお祝いするための日と
して2月11日があてがわれた、ということです。

 

 

 

 

建国記念日、日本の場合本当はいつ?

 

この2月11日が、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」となった
のは1966年のことです。

 

かつてこの2月11日という日は、日本の初代天皇と言われている神武天皇
が即位した日として、日本の建国の日として「紀元節」と呼ばれ、お祝いされ
ていた日でした。

 

 

 

japan-1460334_640

 

 

 

 

これはそもそも1873年から定められていましたが、第二次世界大戦後、
GHQの意向で廃止されました。

 

その後やはり建国記念日を復活させようという機運が高まり、1966年に
国民の祝日と認められて、翌年より復活したのです。

 

ところが、歴史学の上では神武天皇は実在の人物ではなく、「神話」のジャンルに
登場する人物という理解をされているようです。

 

そんなこともあって、実際の日本の建国とは一体いつなのかということは
今でも明確な「建国」の定義がはっきりしていません。

 

「日本」という国号を定めた時期であったり明治維新やポツダム宣言を受諾した
日と見るむきもあります。

 

本当の建国記念日が決められないため、建国された「こと」を祝うための日に
なったようですね。

 

今年の建国記念日で日本は何歳になるの?

 

先述してきたように、よくわかりません(笑)。

 

「日本」という国号は701年の大宝律令によって正式に名乗り始めたよう
ですが、やはりいつから日本という国が出来たのか、というのは難しい
ところです。

 

 

cc0160130615_tp_v

 

 

 

例えば世界的に見れば、よその国からの支配をされていた国が独立を勝ち
取った日、とか、よその土地に乗り込んで自分の国を作った日、というのが
一般的だったりします。

 

ところが日本という、世界的に見ても珍しい単一民族単一国家の島国は、
そのような占領や支配などの歴史がありません。

 

よって建国記念日などはなく、代わりに天皇即位の記念日があった、と
考えるのが自然なようですね。

 

 

 

 

まとめ

 

建国記念日と、建国記念の日。

 

似て非なるこの表現には、こんな意味の違いがあったのです。

 

とはいえ、いつであれ日本という国が建国されたのは喜ばしいことですよね。

 

おめでたい祝日としてお祝いしましょう!

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ