花粉症に食べ物で出来る対策は?アレルギーにとってダメなものは?

スポンサードリンク

 

花粉症となるとあらゆる薬で症状を抑えます。

 

また、レーザーなどの治療をする人も細菌増えています。

 

もちろんそれらは効果的で、花粉症で悩む人には随分助かっているのは
間違いありません。

 

私も花粉症ですが、薬が手放せなくなる気持ちもよーくわかります。

 

ただ、何となく薬を飲み続けたり、耳鼻科で治療する、ということに
抵抗を感じる人もいるでしょう。

 

食べ物から花粉症を治していくことは出来ないのか検証してみました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

花粉症に効く食べ物で対策を!

 

花粉症とは、そもそも花粉によって引き起こされるアレルギー症状のこと
を言います。

 

そもそも人間の身体は、体内に異物が入るとそれを排除しようという動きを
しますが、それを免疫反応と言います。
その免疫反応が強すぎて、花粉に対して鼻水を出したりくしゃみを出して
追い出そうとし過ぎる身体の症状が花粉症です。

 

つまり、花粉症は人間の身体の免疫反応によるものです。

 

ということは、身体の反応を変えることが出来れば症状は変わります。
免疫を担当する細胞が過剰に反応しないように出来れば良いということです。

 

ならば食べ物で対策を、というお話です。

 

過剰な免疫反応を抑えて花粉症に対抗出来る体質を作ることです。

 

immune-system-1359197_640

 

 

どのようなものを摂取することでそれらは可能なのかと言えば、

 

・乳酸菌
・DHA
・ポリフェノール

 

などが効果的です。

 

これらを含む食べ物を積極的に摂取することで花粉症の対策として効果が
あるということは、覚えておきましょう。

 

 

 

 

花粉症のとき、どんな食べ物でアレルギーを抑える?

 

どんな食べ物が花粉症に効果があるのでしょうか。

 

ヨーグルト

 

これは一般的によく言われています。

 

花粉症の人に1日200ml以上のヨーグルトを1年間食べてもらったところ、
3割の人が症状の軽減が出来たんだとか。

 

野菜と一緒に摂ることで効果があると言われています。
そもそも便通が良くない人は花粉症になりやすいので注意が必要です。

 

腸の状態をよくすることで効果が得られますので、乳酸菌が豊富に入った
ヨーグルトは免疫機能の改善につながります。

 

 

yogurt-1559869_640

 

 

 

 

シソ

 

αリノレン酸を多く含むシソは、アレルギーを引き起こすと言われている
リノール酸の働きを抑えます。リノール酸とは、植物性マーガリンやサラダ
油、紅花油やカップラーメン、フライドポテトなどの揚げ物に多く含まれ
ていますので、対策としてシソの摂取が有効です。また、同じような効果が
期待出来るものとして、えごま油などもαリノレン酸を多く含んでいます。

 

αリノレン酸は体内でEPA、DHAに変わります。これにより花粉症の症状を
抑え、体質を改善します。

 

またシソに含まれるルテリオンがアレルギー症状を緩和しますが、中でも
シソから摂ることでより他の食べ物で摂取するよりも体内に吸収されやすく、
強い効果を発揮すると言われています。

 

 

タマネギ

 

玉ねぎに含まれるケルセチンはポリフェノールの一種で、アレルギー性
疾患の体質改善を促すばかりでなく、高い解毒作用を持つため、有害物質
を体外に排出して体を守ってくれます。

 

また、血流の改善や血管の保護などもしてくれるため、おすすめです。

 

onion-647525_640

 

 

青魚

 

EPAやDHAと呼ばれる脂肪酸をたっぷりと含んでいます。
これらはアラキドン酸の生成を抑え、免疫の働きを正常にしてアレルギー
症状を抑える働きを持っています。

 

アジ、ブリ、イワシ、ニシンなど積極的に摂りましょう。

 

sardines-1468422_640

 

 

 

花粉症のとき、食べ物で食べてはダメなものとは?

 

やはり免疫機能を高める、というところがポイントとなりますので、それに
反するものは避けるべきです。

 

インスタント食品やファーストフード

これらはその典型。トランス脂肪酸を多く含むため、免疫系には悪影響が
懸念されます。化学調味料などがホルモンバランスを崩すため、自律神経
が乱れることにより免疫機能が低下を引き起こします。

 

 

甘いもの

ケーキやアイスクリームなど甘いものはNGです。
炎症を起こしやすくなるばかりか、血行を悪くするため症状を悪化させます。

 

中でも精製された白い砂糖を作るときに用いるベンゾールなどの化学薬品が
アレルギーを引き起こすヒスタミンの分泌を促します。

 

小麦粉

例えばイネ花粉による花粉症の人は、イネ科の小麦を摂取することにより
症状を悪化させると言われています。

 

そもそも小麦粉は、ほとんどを輸入によって賄っています。
海外からの輸入に長い時間を費やすため、防虫剤や防腐剤がふんだんに使用
されていますが、それらの化学物質が花粉などを結びつくとアレルギー反応
のもととなります。

 

 

生のトマト

意外かもしれませんが、スギ花粉症と生のトマトの相性は最悪です。
ヒスタミンをたっぷりと含むトマトはかゆみや刺激を助長する働きがあり
ます。
ただこれは生に限ったことですので、加熱したり煮込んだりすれば問題
ありません。

 

その他、高脂肪、高タンパクなもの、香辛料など刺激物やアルコールも
よくありません。

 

これらの中に好きな食べ物が含まれる場合は辛いところですが、まずは
ガマンして頑張ってみることをオススメします。

 

 

 

まとめ

 

基本的に免疫機能が大きく影響する花粉症。

 

つまりは普段の食生活やら、そこから来る体質などが原因となっている
ことは少なくなさそうです。

 

食べ物を考えるだけで、随分な効果が期待できます。

 

ただ、あくまでも体質の改善が必要ですので、なるべく続けて摂取して
体質を変えられるよう努力することが必要です。

 

それでも、それが達成出来ればそれなりの効果が期待できます。

 

よく気をつけて、体質改善に結びつけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ