花粉症と風邪が同時に併発!ダブルの時、薬はどうするの?

スポンサードリンク

 

花粉症の季節、今日もいつものように
鼻をズルズルやっていました。

 

くしゃみも連発、きょうもすっかり鼻づまり。

 

ところが、今日は少しだけいつもと違うようです。
鼻水の質も違います。喉が痛くて、頭も痛い。
しかも、熱っぽいです。

 

だんだん体の節々も痛くなって来ました。

 

わかったぞ。風邪だ!

 

 

花粉症と風邪、症状こそ似ていますが、言うまでもなく別物です。

 

花粉症には花粉症の、風邪には風邪の薬や治療法がありますよね。

 

花粉症のとき風邪を引いたら、治療はどうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

花粉症と風邪が同時になることってあるの?

 

当然、あり得ますよね。

 

花粉症と風邪の違いはどう判断する?鼻水などで区別できるの?

 

こちらを見ていただければ、花粉症と風邪の違いはわかります。

 

当然、医師の診断があれば花粉症か風邪かの区別はつくことでしょう。

 

 

a0002_007510

 

 

その他としては、例えば、熱。

花粉症の時に熱が出ることもありますが、

あくまでも微熱です。高熱になることはありません。

また、咳などもそうです。花粉症の時、

鼻水が喉に流れて咳が出る、という程度のことは

ありますが、あくまでもその程度。

重症化することはなく、重い咳が出る場合は

風邪と診断出来るでしょう。

 

あとは吐き気や下痢などの消化器系の症状です。

これに関しては花粉症ではあり得ません。

この場合は、間違いなく風邪と思われます。

 

逆に目や耳、喉などの粘膜に痒みを伴う場合、

こちらは花粉症と診断して間違いないかと思います。

 

基本的に花粉症の諸症状で抵抗力が低下した

ところではやはり風邪を引きやすくなることは

考えられます。つまり、同時になることもあるのです。

 

花粉症の症状を抑える薬を飲んでいたからと言って

似た症状の風邪に対して予防になるのかといえば

そんなことは無いようですね。

 

 

 

花粉症と風邪が併発したら

 

例えば花粉症のシーズンということであれば、

基本的に花粉症は治りませんよね。逆に風邪なら治ります。

 

つまり、花粉症と風邪が併発したらまず風邪を治しましょう。

 

 

a0002_002650

 

 

 

風邪を治すには、やはり休息が一番です。

体力を使わないように努めて、温かくして休むのが

良いのですが、身体を温めることによって

鼻水が出てくる場合もあります。

 

もちろんこれは花粉症の症状が出たということですが、

であったとしても併発したときはやはりまずは

風邪を治すことを先決にすべきです。

 

花粉症の人が風邪を長引かせることによって

蓄膿症になってしまったりするということもあるようです。

 

花粉症と蓄膿症の違いとは?併発したり、関係ってあるの?

花粉症の時の風邪については症状が人それぞれとなります。

 

またさまざまな症状が複合的に起こることも珍しくありませんので、

それらが重い場合にはやはり医師の診断を受けて適切な処置を

してもらうことが一番良いでしょう。

 

 

 

花粉症と風邪がダブルの時は薬はどうする?

 

基本的に、花粉症の薬と風邪薬をダブルで併用するのは

あまりよくありません。

 

単純に副作用が強く出てしまったり、

また症状が近いものを抑える薬同志ということで同じ効果を

強めすぎるということがあるようです。

 

薬の効果が強いというのは結構、恐ろしいものですね。

 

薬の飲み合わせというのがあって、

マッチングを間違えると大変なことになりかねませんので

注意が必要です。

 

一番気を付けるべきなのは、「抗ヒスタミン剤」です。

 

これは一般的には花粉症、アレルギー性鼻炎の薬に

よく含まれる成分ですが実は風邪薬に含まれることも

多いのです。

 

ということは両方飲むことによって

抗ヒスタミン剤を摂取し過ぎ、効果が強くなり過ぎる

ことになります。

 

抗ヒスタミン作用のある成分とは、主に以下の3つ。

 

クレマスチンフマル酸塩
ジフェニルピラリン酸塩
クロルフェニラミンマレイン酸塩

 

です。薬の成分表をよく読んで、これらが含まれる場合には

注意が必要です。

 

 

これらを考えたとき、花粉症と風邪がダブルの時は

どうすればよいのでしょうか。

 

風邪薬を飲めば良いのです。

 

風邪薬をしっかり飲んで、ゆっくり休む。

 

それにより、まずは風邪を治してしまうようにしましょう。

 

風邪を治してから、再び花粉症の薬を飲めば良いのです。

 

 

 

基本的に、薬の併用は避けた方が良いです。

どうしても併用せざるを得ない場合は、やはり

専門医の指示を仰いだ方が良いでしょう。

 

よろしければこちらも参考にしてくださいね。

花粉症で頭痛や熱があってだるい時、ロキソニンは飲んでも良い?

 

 

花粉症と風邪が併発したときのまとめ

 

意外なことかもしれませんが、

花粉症の薬を服用していても風邪は引きます。

 

そうなったとき、症状がダブルになったとしても、体は一つ。

 

薬はどちらかだけを服用するようにすることを考えれば、

やはりまずは風邪を治すことを先決とすべきです。

 

薬の併用は避け、一つ一つの治療を心掛けるようにしましょうね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ