花粉症のモーニングアタックとは?その症状と対策をご紹介。

スポンサードリンク

 

花粉症の方は大変です。私も含めて(笑)。

 

外出する時のマスクやメガネは欠かせません。
私は古い人間なので、どうしても薬漬けになるのが嫌でなるべく薬を
飲まないようにしています。
なるべく耳鼻科に通って凌いでいきたいと思っているのですが、
なかなかスギ花粉の時季は大変です。

 

花粉症の人あるあるとして、朝、目が覚めてすぐくらいの症状が酷い
という話があります。

 

これも花粉症の人しかわからないかもしれませんが、間違いなく起床後
間もない時間帯に花粉症の酷い症状に見舞われることはあるのです。

 

これを「モーニングアタック」と言います。

 

今日は、そのモーニングアタックについてお話します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

花粉症のモーニングアタックとは?

 

花粉症の症状として、朝起きた瞬間から症状が悪化する、ということが
よくあります。

 

これを「モーニングアタック」というのですが、これがなかなか大変です。
花粉症の人ならわかりますが、鼻づまりで寝られない方は多いと思います。
ただでさえ寝られないということがあるにも関わらず、朝起きる瞬間から
ちゃんと「君は花粉症だ」ということを思い出させてくれます。

 

 

a0002_007525

 

 

 

 

これは、なぜ起こるのでしょうか。

 

花粉症がアレルギーに関係しているのはご存じの通りですが、そのアレルギー
は自律神経とも関連が深いと言われています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、そのバランスに大きく関与
しているのです。

 

基本的に、人間が起きている昼間の時間は交感神経が活発に活動しています。
夜になって家に帰ってリラックスすると今度はだんだん副交感神経が活発に
なる、という話は聞いたことがあるかと思います。

 

昼間は交感神経が働いてある程度症状を抑えようとしますが、副交感神経が
優位に働くようになるにつれて症状のコントロールが効かなくなり、症状が
悪化すると言われているのです。

 

つまり睡眠から目覚めたばかりの時は副交感神経が優位にあるために症状が
コントロール出来ず、また副交感神経と交感神経の切り替わるタイミングで
自律神経のバランスが崩れやすいため、症状が悪化するのです。

 

 

 

 

花粉症のモーニングアタック、その症状は?

 

また、起床時のベッドの中の温かさと外気温の差で生じる刺激などが鼻の
粘膜に影響を与える、ということも一因のようです。

 

そしてもう一つ、大きな要因として睡眠中、または起きた直後に吸い込んだ
花粉によるもの、というのも考えられます。

 

例えば布団に付いていたり、床に落ちていた花粉が舞い上がって吸い込んだり
することによって花粉症の症状を出してしまうものです。

 

これは睡眠中に花粉やハウスダストを吸い込んでしまっていて、起床する時
の自律神経の乱れによって花が刺激されてしまう、ということもあるのです。

 

こうなるとくしゃみや鼻水が止まりません。花粉症の症状ここに集えり、と
いうくらい、鼻の症状を中心に多くのアレルギー症状を発症します。

 

 

a0002_008268

 

 

 

 

そしてモーニングアタックによる朝の不調のおかげで1日の生活に悪影響を
及ぼしているという実態があるのです。

 

気分が優れなくなる、寝覚めが悪くなる、朝の支度が進まない、などの症状
が朝の時間からペースを乱す原因となり、重い一日のスタートとなってしまう
のです。

 

 

 

 

花粉症のモーニングアタック、その対策はどうする?

 

ということで、朝から重い花粉症の症状を訴えるのはもうこりごり、という
方も多いと思います。

 

それではモーニングアタックには、どう対処すれば良いのでしょうか。

 

夜の就寝中に花粉を吸い込まないように対策を講じる

 

まず一つは花粉を部屋に入れないことです。
布団や枕のカバーなどはまめに洗濯をすること。もちろん外に干さないことが
肝心です。なるべくこの時期は乾燥機などで対応し、花粉が付着する機会を
なくすようにしましょう。
また、外から帰った時に服に付いているであろう花粉はよく玄関前で落として
から部屋に入るなどの注意をしたり、睡眠前に入浴を必ずすることで寝室に
花粉を持ち込むのを防ぐことが出来ます。

 

そして最も効果的なのは、マスクを着けて眠ることです。

 

もちろん、空気清浄機や、加湿器を使用して部屋の湿度を保ち、花粉を舞い
上がらせないようにすることも良いでしょう。

 

 

持続性のある薬を就寝前に飲む

 

朝起きる瞬間まで効果の持続するような薬を飲むのは効果的です。
最近では、持続効果の高い薬はたくさん出ていますので、それらを飲むことで
長い時間の抑制効果が期待できます。

 

 

 

自律神経を整える

 

自律神経の問題なので、ここをきちんと整えることが出来れば症状を抑える
ことが出来ます。
なるべく起床したらすぐ日光を浴びることは効果的ですし、目覚めてから
布団の中で手足の指などを数分動かすと交感神経が活発になって症状を
抑えてくれます。

 

そして大切なことは、なるべく睡眠不足にならないようにすることです。
しっかりと睡眠をとって生活のリズムを整えることで体内の免疫も高まります。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

朝から花粉症にどっぷりでは、一日のスタートが重いものになってしまい
ます。

 

なるべく対策をして、朝からブルーな気分にならないよう、体調管理をして
いきたいですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ