ひな祭りにちらし寿司なのはなぜ?その由来や人気のレシピとは。

スポンサードリンク

 

ひな祭りと言えば、ちらし寿司。

 

もちろん、他にもありますね。ひなあられや、菱餅。

 

はまぐりのお吸い物などもそうです。

 

ただやっぱり見た目も美しくてみんな大好きなちらし寿司は、ひな祭り
には欠かせないものとなっています。

 

ただこのちらし寿司、どうしてひな祭りはちらし寿司になっているので
しょうか。

 

お子さんに聞かれても答えられるようにしておきませんか?(笑)

 

 

 

 

スポンサードリンク

ひな祭りにちらし寿司なのはなぜ?

 

ひな祭りになぜちらし寿司を食べるか、です。

 

結論から言うと、特に意味はないのです(笑)。

 

言い方としては諸説ある、というところでしょうが、もともと寿司という
ものは

 

「寿」 ⇒ おめでたいこと
「司」 ⇒ 意味する

 

読んで字のごとく、おめでたいことを意味する食べ物です。

 

平安時代に「なれ寿司」という食べ物がありました。

 

これは魚介類とご飯を一緒に発酵させた食べ物で、現在の寿司のルーツと
なっているものです。

 

その「なれ寿司を」お祝いの席ではよく食べていましたが、何となく想像が
つきませんか?

 

そう、見た目が悪いのです。美しくなく、華やかでもありませんね。

 

そもそもひな祭りとは女の子のお祝いの日ですので、春という季節も併せて
華やかで可愛らしいものが求められ、ちらし寿司に落ち着いたというのが
有力なようですね。

 

 

 

 

ひな祭りのちらし寿司などに由来は?

 

そんなちらし寿司ですが、使われる具材にはちゃんと意味があり、由来が
あります。

 

エビ ⇒ 腰が曲がっていることから、長生きの象徴
豆  ⇒ 健康でマメに働ける
レンコン ⇒ 先が見通せる

 

そして三つ葉や卵、菜の花など季節を表したり、彩を加える食材を使います。

 

 

186fe10d30945c7d96931d238275308a_s

 

 

 

その他、ひな祭りに食べるものは、こんな由来があります。

 

はまぐりのお吸い物

個人的には、一番好きです(笑)。

 

そもそもはまぐりは女性を指すことが昔から多く、また夫婦仲が良いという
ことの象徴ともなっています。

 

はまぐりの貝殻は対になった貝殻以外は絶対にぴったりと合わないところから、
相性の良い伴侶と生涯添い遂げる、という意味があります。

 

 

菱餅

緑と白とピンク、3層の餅を菱形に切って重ねたものですが、

 

緑 ⇒ 健康・長寿
白 ⇒ 清浄・潔白
ピンク ⇒ 魔除け

 

を指します。

 

8e5c3c50614db0f738b9095e29bdbb95_s

 

 

緑はヨモギを用いて、強い香りで厄除けを、
白はひしの実を用いて、血圧を下げ、
赤はくちなしの実を用いて、解毒作用を

 

健康を考えて作られた、知恵の結晶だったことがわかります。

 

 

ひなあられ

昔、「ひなの国見せ」という、雛人形を持って野山に出かけ、そのお雛様に
春の景色を見せてあげるという風習がありました。

 

その時にさまざまなご馳走と一緒に持っていったお菓子、それがひなあられ
です。

 

菱餅を外に持ち出すために揚げたのが始まりと言われています。

 

でんぷんが多くて健康に良いということから、娘の健康を幸せを祈る、と
いう願いが込められています。

 

また、ひな祭りは「桃の節句」です。

 

桃には邪気を祓う力があり、節句を祝うのにふさわしいという意味があるの
です。

 

 

 

 

ひな祭りのちらし寿司、人気のレシピは?

 

ちらし寿司は、近年どんどん盛り上がりを見せていて、華やかなちらし寿司
もたくさん登場しています。

 

海産物の有名な地域では海の幸がたっぷりと詰まったものや、有名シェフが
作り上げた渾身のちらし寿司などもあります。

 

百貨店やスーパーには華やかで色とりどりのちらし寿司が並んで、ひな祭り
を彩るたくさんのちらし寿司が並んでいますよね。

 

ただ、先程も言いましたが、ちらし寿司に限らずひな祭りに登場する食べ物
はどれも子供の幸せや健康を願うものです。

 

どうせなら、子供の幸せを願いつつ、オリジナルのちらし寿司を作ってみては
いかがでしょうか。

 

何よりも思いのこもったちらし寿司になることでしょうね。

 

絶対にそれがオススメですが、どうしても困ったかたはコチラへどうぞ(笑)。

 

 

 

 

まとめ

ひな祭りにちらし寿司を食べるのは、今となっては当たり前です。
欠かせないものにすらなっていますよね。

それにはこんな意味があったのです。そしてそのどれもが、女の子の幸せと
健康を願う、特別なものです。

華やかなひな祭りを代々、語り継いで行きたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ