花粉症で目が痒いときの対処法は?何科でどんな薬を飲めば良い?

スポンサードリンク

 

花粉症と言っても症状は色々です。

 

鼻水やくしゃみが一般的なのはわかりますが、せきや、のどの痛みなども
少なくありません。

 

そしてもう一つよくある症状として、目の痒みというのがありますね。

 

「目玉を取り出して洗いたい」

 

と言う人がいるほどです。実際、私もその一人ですが。。。

 

花粉症の中でも目の痒みについてまとめてみました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

花粉症で目が痒い時の対処法は?

 

花粉症で目が痒いという症状のことを一般的に

 

季節性アレルギー結膜炎

 

と呼んでいます。

 

これらの症状として、目のかゆみや異物感、目の痛み、あとは充血や目やに
など。また涙が出たりまぶたの腫れなどの症状を起こすこともあります。

 

 

lig_kuyasikutenamidasuru_tp_v

 

 

 

毎年同じ季節・同じ花粉に反応して発症する季節性のものと、季節に関係なく
1年を通じてハウスダストやペット、ダニなどをアレルゲンとする通年性
アレルギー性結膜炎というのがあります。

 

痒みに対してどう対処すれば良いのでしょうか。

 

まずは痒みに対して目をこするのは御法度です。

 

まさに逆効果。悪化させてしまうか角膜に傷をつけてしまうか。また酷い
場合には白目が水膨れのような状態となってしまう結膜浮腫になってしまう
場合もあります。

 

まずは目が痒い時でも対処法として目をこする、というのはやめましょう。

 

ならばどうするのか。

 

目を洗う

最近では市販の薬の中にも目を洗うための洗浄液が売っていたりしますが、
花粉が付着しているとすればそれを洗い流すのは効果が期待できます。

 

注意する点としては、洗いすぎないこと。

 

洗いすぎると、目を保護している涙の成分まで洗い流してしまい、目の
トラブルを引き起こすことになります。

 

 

目を冷やす

目が痒いということはつまり目の炎症を起こしているという状態です。
だとすれば冷やすことにより炎症を抑えることが出来れば痒みを和らげる
ことが出来ます。

 

 

目薬

最近では市販の目薬でも相当効果のあるものが出ています(実証済み)。

 

花粉症のアレルギーに対処出来る目薬は抗アレルギーのものを薬剤師さんに
聞いてみると良いでしょう。

 

 

medicine-415397_1280

 

 

 

 

メガネ

花粉が原因であることが明確なのであれば、当然のことながら花粉が目に
触れないようにすることです。

 

花粉症用のゴーグルのようなメガネもありますが、普通のメガネでも随分
効果は発揮できます。

 

 

 

花粉症で目が痒い時は何科に行けば良いの?

 

そもそも目の痒みに対して受診する場合、基本的には眼科でも内科でも
耳鼻咽喉科でも診てくれるのは間違いありません。

 

最近ではアレルギー科などもありますが、基本的にはアレルギー科単独
で診察してくれるところはほとんとないのが現状です。
耳鼻咽喉科でももちろん構いませんが、スギ花粉が飛ぶ時期になると、
あまりの混雑ぶりに唖然とします(再び実証済み)。

 

もちろん目が痒いんですから眼科が良いのでしょうが、かかりつけの内科
などでも問題ありませんし、内科に行っても点眼薬なども処方してくれ
ます。

 

花粉症による症状であることがはっきりしていて、目が痒いという場合な
のであれば眼圧などの検査もしてくれますので、眼科に行くのが良いかと
思います。

 

自分が花粉症だと思い込んでいても、実は他の病気だった、ということ
も考えられなくはありませんので、目が痒いのであればやはりまずは眼科
を受診するようにしましょうね。

 

 

 

花粉症で目が痒いとき、薬はどうする?

花粉症にはいろんな症状がありますが、もとになる原因は同じです。

 

アレルギー症状の発症する原因となるのがヒスタミンという体内物質です。
ヒスタミンはH1受容体(ヒスタミン受容体)に結合することでアレルギー
症状が出てきます。

 

よって抗ヒスタミン薬を処方するのが良いのですが、その抗ヒスタミン薬
の飲み薬を飲むことによって、目だろうが鼻だろうがくしゃみだろうが、
基本的な症状を抑えることが出来ます。

 

基本的なアレルギー症状に対する薬になるので、医師に相談して服用する
のが良いでしょう。

 

点眼薬については、市販の薬でも大きく3種類に分かれます。

 

①クロルフェニラミンマレイン酸塩
目のかゆみの原因となる前述のヒスタミンに働きかけて目の痒みを抑える
抗ヒスタミン成分の目薬です。

 

②クロモグリク酸ナトリウム
抗アレルギー成分で、アレルギー症状を起こす原因や免疫細胞に働きかけて
目の痒みを抑える目薬です。

 

③イプシロンーアミノカプロン酸
抗炎症成分で、炎症に伴うかゆみを抑える成分を配合しています。

 

その人によって合う、合わないがありますので、薬剤師さんにも相談すると
良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

花粉症の薬は、近年随分進化しています。

 

また、食事療法や体質改善など、他に効果のある対処法もたくさんあります。

 

花粉症と向き合って対処を真剣に考えることにより、楽になる方法も今では
ずいぶん確立されています。

 

なるべく早く治して、快適に過ごせるように頑張りましょうね!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ