バレンタインの由来と意味は?チョコはいつからと子どもに教える?

スポンサードリンク

 

バレンタインデーと言えば、チョコレート。

 

ただ最近は随分と様変わりして来ていますね。

 

チョコレートに限らず女性から男性にプレゼントをするのが日本の
バレンタインですが、これは文化によってもさまざまです。

 

イベントの多くがそうかもしれませんが、バレンタインがそもそも
何の日であるのか、今のバレンタインにどのように進化したのか、は
知らない人が多いと思います。

 

当然ですが、バレンタインにも由来と歴史があります。

 

今日は、バレンタインについてお話します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

バレンタインの由来と意味は?

 

バレンタインのそもそもの意味をご存知でしょうか。

 

この歴史は古く、3世紀のローマ帝国の時代まで遡ってしまいます。

 

当時の皇帝、クラウディウスは、兵士たちが結婚したり、家族が出来る
ことにより士気が弱まると考え、結婚を禁止していました。

 

ところが、キリスト教の司祭・バレンタインは皇帝の目を盗んで、秘密裏に
若者たちの結婚を行っていました。

 

これが皇帝の逆鱗に触れ、バレンタインをローマ宗教に改宗させようと
したのです。

 

でもバレンタインは愛の尊さを説き、最後まで皇帝に抵抗しました。

 

そしてついにバレンタインは皇帝の手によって処刑されたのです。

 

この処刑された日が2月14日です。

 

その後、後世の人たちはバレンタインの行動を称え、感動し、聖バレンタイン
を恋人の守護神として祭るようになりました。

 

これが、現在の聖バレンタインデーに繋がっています。

 

キリスト教の祝日である聖バレンタインデーとなって、親しい人、大切な
相手などにお花、メッセージカード、お菓子などを贈る習慣が産まれたのです。

 

 

tori86_ballantines1720130825_tp_v

 

 

 

そうなんです。バレンタインとは、人の名前なんですね。

 

 

 

 

バレンタインの由来、チョコはいつから?

 

日本にバレンタインデーが伝わったのは20世紀になってから。
1932年には製菓メーカーがバレンタインでチョコレートを日本で最初に
販売しました。が、当時は超がつくほど高級なお菓子だったため、一般に
広まることはなかったと言います。

 

1958年頃になってモロゾフ、メリーチョコレートカンパニーや百貨店など
も手伝ってチョコレートの販売が大々的に行われるようになり、少しづつ
広まって1970年代の終わりごろには定着して行きました。

 

誰がどこから始めたのか、は曖昧ですので日本のチョコレート史の中での
バレンタインについては起源がどこからなのかはわかりません。

 

ただ、もともと「愛の日」とでも言うべきバレンタインデーは、当時のお堅い
日本の中では、ターゲットが夫婦限定とされていたようです。

 

未成年などもってのほか。未婚であるうちはバレンタインの輪の中に入ること
はあまりなかったため、普及に時間がかかったのは事実のようですね。

 

時代が移り、だんだん考え方そのものも欧米化して行った日本の中で、徐々に
恋人同士や、義理チョコなどの概念も定着するようになって行ったのです。

 

 

pak86_hartworyoutenimotu1039_tp_v

 

 

 

今となっては一番伸びているのは義理チョコでも友チョコでもなく自分チョコ
なんだとか。

 

気持ちはわかりますが、ちゃんと他のチョコもしましょうねえ。。。

 

 

 

 

バレンタインの由来を子どもでもわかるように説明を

 

結構、バレンタインの意味を知らない方は多いです。

 

ゴシップネタ的に、「こんなバレンタインは日本くらい」とか、「チョコを
贈るようになったのは製菓メーカーに踊らされてる」とかを言う方は多いの
ですが、バレンタインの本当の由来についてはご存知な方は少ないです。

 

でもお話したように、そもそもは愛の日であることは間違いありません。

 

ではこの由来を、どのようにして子どもたちに伝えると良いのでしょうか。

 

昔、バレンタインという、恋人たちを結びつける牧師さんがいました。

 

その人は、法律を犯してでも、愛し合う人たちを結婚させていた、愛のある
人でした。

 

2月14日は、その人の愛ある行動を称える日です。

 

くらいが良いのではないでしょうか。

 

 

処刑だとかチョコが日本だけで・・・とかについては、まあまた別の機会に(^-^;

 

 

 

 

まとめ

時代とともに風習も変わって、世の中も変わって行きます。

 

ただイベントや行事の中には、きちんとした由来や意味があるものは少なく
ありません。

 

そんなことを考えると、イベントの意味も変わってきますよね!

 

バレンタインを愛の日に出来るよう、頑張りましょう!

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ