七五三のお祝いはいくらくらい?そのお返しや食事会はどうする?

スポンサードリンク

我が子の一大行事、七五三。

 

健やかな成長と発展を願う、大切なイベントですね。

 

毎年七五三の時期になると可愛らしい着物を着たお子さんの
手を引いて、家族で記念撮影などするところを見かけます。

 

その七五三ですが、一体どんなイベントで、お祝いやその
お返しなどは皆さんどうされているのでしょうか。
家族・親戚などが多い方だと毎年大変になることでしょう。

しかしながら等しく子どもの成長は嬉しいものです。

 

とすると、この七五三という行事、どのようなお祝いと
捉えてどんなことをするべきなのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

七五三のお祝いはいくら用意すればいいの?

七五三のお祝いについては、地方やその家によって本当に
さまざまです。

 

家族だけで近所の氏神様に詣って終わりにする家もあれば、
結婚式の如く盛大に執り行い、祝儀も回収するようなこと
も実際にあるようですね。

 

もちろんこれはその家庭それぞれの慣習によるものが
大きいと思われるので、基本的にはその家、親族がどんな
対応をしているかを観察してみると良いでしょう。

 

ただ、これは裏を返すと「正解はない」ということに
なります。

 

つまり、どんなやり方も正解ということ。

 

基本的に冠婚葬祭は、相手のあることなので片側では
すみません。

 

相手側に「お返し」をさせる結果になることは
考えるべきでしょう。

 

親戚などであれば小学校の入学や結婚、あとは入院や香典
くらいで良いでしょう。

 

基本的にお祝いでいくらか包む、という感覚はよほどゆとり
があるならば別ですがそこまで必要ないかと思います。

 

どうしても、というのであれば1万円くらいが妥当でしょう。

 

 

 

七五三にいただいたお祝いのお返しってどうするの?

相手との関係性やいただいたものにもよるのでしょうが、
お祝いのお返しは半返し、という基本原則のようなものが
あります。

 

つまり1万円いただいていれば5千円相当、ということ
ですが、お返しの形とすれば内祝などの熨斗をつけて
商品券などがスマートでしょうね。

 

食事会などにご招待するというのもよくあります。
あまり気にし過ぎて大きなお礼をしてしまうと
かえって気を遣わせることになってしまいますので
お赤飯などをお返しすることもあるようです。

 

 

 

七五三のお祝いの食事について

例えば両親などの関係性が近く、特に気を遣わなくても
良い間柄なのであれば、お祝いに来ていただいたお礼と
して食事会などを催すこともおすすめです。

 

先ほども述べましたが、お祝いに対するお返しという
意味を込めても良いですし、日頃なかなか会う機会の
ない相手などの時は尚更です。

 

せっかく久しぶりに会って、お参りと記念撮影だけで
はさみしいものです。

 

あまり硬いことは考えず、こんな時くらいの贅沢、と
思っておいしい食事をされてみるのも良いのでは
ないでしょうか。

 

 

 

まとめ

七五三くらいのイベントであれば結婚式などとは
違って、身内+αくらいでのお祝いが一般的なので
はないでしょうか。

 

せっかくのイベント、そもそもは大事な我が子の
成長と健康を祈る行事です。

 

お祝いだとかお礼だとかは二の次にして、まずは
肩に力を入れずに行事を楽しんでみてはいかがで
しょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ