風邪を治すのに一晩で早く治したいなら薬はいらない?

スポンサードリンク

 

誰でも風邪は引きます。

 

ナントカは・・・と言いますが、誰でも引くでしょう。

 

一番嫌なのはやはり風邪を引いて長引くことではないでしょうか。

 

例えば数日後に大事な用事を控えていたり、休んでいられる場合では
ないことだってありますよね。

 

そんな時のために、とにかく風邪を早く治すための方法をまとめてみました
ので、参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

スポンサードリンク

風邪を治す!一晩で治すには。

 

まず大切なこととして、

 

風邪を治す

 

ということと、

 

風邪による症状を和らげる

 

ということは、別物です。

 

風邪による症状を和らげることにより体力が回復し、その結果

 

風邪が治る

 

ということはありますが、あくまでも別のものです。

 

そして風邪薬、とは風邪の症状を和らげるもの、ということで
風邪を治す

 

ものではありません。

 

つまり、風邪薬を飲んでも風邪は治らない。
風邪の症状を和らげるのです。

 

ただ、根本的な風邪が治らなければ症状は出て来ますよね。

 

ということは、やはり必要なのは 風邪を治す、ということです。

 

そしてその風邪を治すのに、風邪薬を処方することによって場合によっては
風邪が長引く原因になることもあるんだとか。

 

実際、お医者さんの中には風邪を引いて薬を飲まない方も多いんだそうです。

 

これも、基本的には風邪薬を服用することは風邪を治すということとは違うと
思っているからということになりますね。

 

一概には言えませんが、風邪をとにかく一晩で治す、とか、早く治すことを
考えている場合には、風邪薬をまず飲むことで回復が遅れるのであれば避ける
べきだと思います。

 

喉の痛みを緩和したいときは ⇒ コチラ

 

 

 

風邪を治すには?とにかく早く治す方法

 

まずは早期治療、ということです。早めに越したことはないと考えて下さい。

 

風邪かな?と感じたら即実行するべきです。

 

温かくする

とにかくまずはこれです。
身体を温めることにより、エネルギーを使わずに体温もどんどん上がりやすく
なります。その結果白血球が活発になり、リンパ球の力が強くなることにより
風邪の菌を死滅させます。

 

pug-801826_640

 

 

入浴も本当は体に良く、血行が良くなって自然治癒力は高まります。
ただ風邪の時は湯冷めが危険なため入浴はあまり勧められることはありません。

 

長湯することにより体力が消耗するようなことさえ気を付けつつ、お風呂上り
にはすぐに身体を丁寧に拭いて早めに寝るように心掛ければ、入浴も強い味方
となります。

 

 

水分を摂る

 

とにかく無理してでも水分は摂るべきです。もう飲めない、と思ったところから
さらに飲むくらいは必要です。飲むのはポカリスエットなどを温めて。ハッキリ
言ってこれは効きます。日頃飲まない量を、一気に飲んで下さい。
最低でも1リットルくらいは飲みましょう。私は1.5リットルくらい飲んで
間違いなく風邪に効いていると実感出来ています。

 

 

little-102283_640

 

 

それ以外でも、細かくひっきりなしに水分を摂るくらいの心がけが良いと
思います。

 

 

 

栄養を摂る

 

風邪に際し、摂ると良いと言われている栄養素は

 

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンC
タンパク質

 

などなど。それぞれを多く含む食材などについてはここでは割愛しますが、
この中でも最も風邪に有効なのはビタミンCです。

 

 

orange-15047_640

 

 

これを水分と同じく、めっちゃくちゃ摂って下さい(笑)。

 

量にして、最低3000mg以上。
これはサプリなどで摂れば良いでしょう。

 

かなりの量ですが、これによって健康を害することは無いようなのでご安心を。
少なくとも私はやっています。

 

 

 

寝る

 

とにかく寝る事。理想は8時間以上です。

 

 

cat-546450_640

 

 

 

 

 

これらを全部やって下さい。

 

めちゃくちゃに体を温めて
吐く手前までポカリスエットを飲んで
ビタミンCを3000mg以上摂って
8時間以上寝る

 

これでほとんどの場合は治ります。

 

 

 

 

風邪を治すのに薬はいらない?

 

先程も言いましたが、お医者さんの中には風邪の時に薬を飲まない人も
多いんだとか。

 

例えば風邪を引いて熱が出るということは、身体の免疫力を上げるために
身体が熱を上げるということが明らかになってきています。となると
上がっている熱を薬によって下げてしまうことにより、風邪菌を殺す身体の
はたらきを邪魔する結果となるのです。
病原菌を殺す白血球の働きは、体温が高くなればなるほどその効果を増すと
いうことはわかっています。

 

同じ理屈で、鼻水た咳もウイルスを体外に出そうとした結果です。
これを抑えることをすれば病原菌は体内に留まるため、治りは遅くなります。

 

これが理屈です。

 

が、あくまでも今回は、「風邪を早く治すための方法」についてのお話。

 

風邪による症状が酷い場合に、薬で抑えることにより気持ちが楽になったり
食欲が増したり、ぐっすりと眠ることが出来るようになるため、それが
回復に繋がるということはもちろんあります。

 

極端に早く治したいという場合を除いては、薬により症状を和らげるという
選択肢も当然あり得ることと思いますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

今日お話ししたことは、極端な例です。

 

ただ私はこれらの方法で風邪を治します。ハッキリ言って驚かれるほど早く治り
ます。

 

とはいえ、症状が辛ければ薬は飲むべきですよ。

 

それでも早く治すには、ちょっと極端でも試してみることをおすすめします。

 

絶対に効果はありますので、信じてやってみてくださいね!

 

少しでも早く治ることを願っています!

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ