お歳暮の品物はいつ頃から準備して、上司や両親には何が良いのか?

スポンサードリンク

年末が近づくと、お歳暮のシーズンとなります。

 

今年一年お世話になった方におしるしとして気持ちのこもった
贈り物をするシーズンです。

 

独身のうちはなかなかそこまで気が回らないということもある
かと思いますが、結婚して家庭を持った一人前の大人となると
そうも行きません。

 

さまざまな方にさまざまな形でお世話になったこの一年の感謝
をこめて、大人のたしなみとしてのお歳暮は何が良いのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

お歳暮の品物はいつ頃から準備するもの?

お歳暮を贈る時期は近年、どんどん早くなっています。

 

地方によって異なりますが、ここではこれくらいから・・・と
決めつけるのも危険です。

 

相手にとっての常識がどれくらいのものなのかがわからない
からです。

 

一般的には最近だと11月終わりごろから始まります。

 

遅くとも12月の20日頃までには贈るようにしましょう。

 

 

 

お歳暮の品物で上司に贈るのに適したものは?

お世話になった方を想像するとき、やはり一番に思い浮かぶのは
仕事上の上司に当たる方ではないでしょうか。

 

もしかしたら結婚式でスピーチをしてくれたかもしれません。
日頃の生活全般にいろいろなアドバイスをしてくれているかも
しれません。

 

社会生活の中で一番身近で支えてくれている上司の方に感謝の
気持ちを込めてするお歳暮は、どんな品物が良いのでしょう。

 

基本的には、予算に合わせたものになるかと思います。

 

その予算というのは、一般的には3000円から5000円

 

これは相手やその関係性にもよるため一概には言えませんが、
若い20代から30代くらいまでの方が贈る場合は3000円
くらい、40代くらいからは5000円~くらいが相場に
なります。

 

ただ特別にお世話になっている方や、他と明らかにランク分け
が必要な相手の場合は予算として5000円から10000円
くらいで良いでしょう。

 

品物としては、やはり食べ物が喜ばれます

 

特にお歳暮は年末年始の行事を控える時期に当たるため、
酒類をはじめとして人数が多く集まる場所で使えるもの
などが特に喜ばれるようです。

 

牛肉や蟹などの高級食材は当然喜ばれますが、
珍しいものや地方の特産品なども良いでしょう。

 

あとはやはり相手の好みが大前提です。

 

お酒が飲めない人にお酒を送ったり、肉類が苦手な人
にハムを贈ったりするのは失礼に当たります。

 

また、家族が少ないのに日持ちのしない大量の食料品
を贈るとか、血糖値などの持病を持っていらっしゃる
相手にはそれ相応の気遣いをするとか、細やかな
対応を心がけましょう。

 

ちなみに、お歳暮で上司に対して商品券やギフト券
など金券の類を贈ることはタブーとされています。

 

こちらも十分に気を付けて下さい。

 

 

 

お歳暮の品物は両親にも必要なの?

結婚したての若いカップルにとって、お互いの両親と
いうのは上司に匹敵するくらいお世話になる存在と
言っても過言ではありません。

 

近所に住んでいてしょっちゅう行き来がある間柄とは
限りませんし、関係性もさまざまです。

 

ただ、基本的に両親へのお歳暮は特に必要ありません。

 

逆に言えば、最初に贈ってしまうとずっと贈らなくては
いけませんし、実家の絡むイベントは一年に何回か
あります。

 

それらの記念日やイベントにも気持ちを伝える機会が
ありますので、そちらを賢く利用しましょう。

 

 

 

まとめ

1年の終わりに、感謝の気持ちを伝えるお歳暮。

 

マナーを考えることは大切ですが、何よりもまずは
気持ちを伝えることです。

 

精一杯の感謝の気持ちを添えて、喜ばれる贈り物を
したいものですね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ