ひな祭りに飲む甘酒の意味は?白酒との違いとおすすめの作り方。

スポンサードリンク

 

ひな祭りに限らず、日本に古くから伝わる伝統的な
行事の中には知らず知らずのうちに当たり前にやって
しまっているけど、よくよく考えたら何でこれをやる
んだろう?ってことがありますよね。

 

例えば節分に豆まきをするのはなぜ?とか ⇒ コチラ

おせちの意味ってなに?とか  ⇒  コチラ

 

などなど、そういうもんだと思ってやってるだけで
実際どうしてなのかはわからない、っていうことって
ありますよね。

 

ま、今日もその一つです。

 

ひな祭りの甘酒についてお話します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ひな祭りと言えば甘酒、その意味は?

 

昔の日本のしきたりやお祭りの中で、お酒を飲む風習
というのは結構あります。

 

そしてその多くが「お清め」とか「お祓い」的な意味を
成すことが多いのは事実です。
神棚にお供えするお神酒などでも知られるように、日本
の文化の中にはお酒をもってお清めとすることはよく
ありますよね。

 

ご多分に漏れず、ひな祭りでいう甘酒の意味も、邪気を
はらうという意味で飲むのです。

 

そもそもひな祭りというのは、季節の変わり目の節句を
祝うもので、今のように女の子の節句というわけでなく、
男も女も関係なく邪気をはらうための区切りの行事として、
お酒を飲むことでお清めをするという習慣があったんだとか。

 

つまりはその名残で今でも甘酒を飲む習慣が残っているの
です。

 

13709c7d2027b04da8fa46fabb1943c8_s

 

 

 

 

 

 

 

ひな祭りに飲む甘酒、白酒との違いは?

 

そもそも、ひな祭りに飲まれていたのは甘酒でなく白酒でした。

 

白酒の由来はといえば、もともと平安時代より桃の節句になると
桃の花を浸した「桃花酒」というお酒を飲む風習がありました。

 

これはもともと中国から来た文化で、中国には桃が邪気を祓い、
気力・体力が充実する薬酒として信じられていたため桃花酒が
用いられ、飲まれていました。

 

その桃花酒が、江戸時代の中期になって白酒に代わるように
なったようです。これは桃花酒自体が一般的ではなかったこと、
そして当時の女性は普段からお酒を飲む習慣がなかったため
女性に飲みやすいお酒、として桃の節句に飲む女性向けのお酒
を売り出した東京の豊島屋によって広められて、それ以後
桃の節句には白酒を飲む、という習慣が定着しました。

 

ところが、この白酒は当然のことながらお酒なのでアルコールが
含まれています。

 

ひな祭りを祝うという意味合いの中に子どもに対しての健康や
幸せを願う意味合いも込められるにつれ、子どもでも飲めるよう
にアルコールの入っていない、それでいて色の白い甘酒を子ども
向けに用意するようになり、これが今で言う甘酒となりました。

 

白酒と甘酒の違いは、こんな感じです。

 

 

白酒

みりんをベースに蒸したもち米と、米麹や焼酎などを混ぜて
一ヶ月くらい、熟成します。

そのが、出来たもろみを石臼などで細かくひいてすり潰して
作られたものです。

白酒はアルコールを含む、まぎれもないお酒です。
アルコール分は10%ほど、糖質は45%ほどです。

 

甘酒

ご飯やおかゆなどに米麹を混ぜて保温して、米に含まれる澱粉
を糖化させたものです。

こちらはそのつくり方からもわかるように、アルコール分を
ほとんど含まない甘~い飲み物です。

 

昔から庶民の手作りの飲み物として親しまれ、誰でも簡単に
一晩で作ることが出来たことから、「一夜酒」とも言われていた
ようです。

 

 

 

ひな祭りの甘酒、おすすめの作り方

 

甘酒をご家庭で簡単に作るには、炊飯器を使います。

 

麹 ・・・ 500g
米 ・・・ 1号
塩 ・・・ 少々

 

材料はこれだけ。

 

まずは炊飯器でお粥を炊いて炊き上がったら冷水を
加えて少し冷まします。

 

お粥に手でほぐした麹を混ぜて炊飯器にセット。

 

 

炊飯器の蓋は開けたまま、フキンなどを使用して蓋代わり
とし、保温スイッチを入れます。

 

その後4~5時間保温し、発酵させます。

 

 

 

どうですか?簡単でしょ?

 

是非一度試してみてください。割と本格的に美味しい甘酒が
出来ます。

 

甘酒の中には酒粕で出来たものと米麹で出来たものがあります
が、今回ご紹介したように米麹で作られた甘酒は、シミの原因
となるメラニン生成を抑え、皮膚を保護してくれるという成分
のビタミンB2が含まれているため、美肌効果が期待できると
いうことで最近話題となっています。

 

 

f3cb0846facad18d8117b49fbf486355_s

 

 
そしてその栄養価は非常に高いもので、点滴と栄養素がほぼ
同じなため、

 

飲む点滴

 

と言われています。

 

 

 

 

まとめ

 

ひな祭りの甘酒、気が付いたら当たり前になっていたかと思い
ますが、そもそもの由来はこんなところです。

 

ひな祭りだけでなく、お正月にも飲まれる甘酒。

 

この由来と意味、そしてその作り方を知ることでより甘酒に
ついて知ることが出来れば、ひな祭りもさらに楽しく過す
ことが出来そうですよね。

 

よろしければご参考にしてくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ