喪中のはがきはいつどんな文例やテンプレートで?出し忘れた時は?

スポンサードリンク

家族や親族などの身内に不幸があり、喪に服している期間にはお祝いの意味も含む新年の年賀状は送らないのがしきたりです。

 

その期間は亡くなった方との関係などでも異なりますが、一般的にはその年の間は喪に服すこととなります。

 

その際には年始のご挨拶が出来ないことのお詫びとして喪中のはがきを送るとされていますが、喪中のはがきとは一体どのように送れば良いのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

喪中のはがきはいつ出すの?

先程も申し上げたように、年始の年賀状を送ることが出来ない旨を伝えるためのはがきです。

 

ただ、喪中のはがきをいただいた側は年賀状を送らないという風習となっています。

 

ということで「いつ出すのか」と言えば、つまりは先方が年賀状の用意を始める前に手元に喪中のはがきが届くように準備するべきものです。

 

ということは基本的に12月になれば年賀状の準備を始める方が多いと思われるので、11月中旬から下旬くらいには用意をしておいたほうが良さそうです。

 

 

 

喪中のはがき、文例のテンプレートなどは

喪中ということで使うのにふさわしくない言葉や、反対に呼び名や言い回しなど、使うべき言葉などがあります。

お祝いとされる言葉を外すことは言うまでもありませんが、こういう場面でその家庭の常識が露呈してしまいます。

状況や関係性なども鑑みてさまざまな気遣いが必要になる場面であることは間違いありませんが、基本的には
「年賀欠礼の挨拶」
ということに他なりませんので、そこを押さえて書くことが必要となります。

 

例えば 喪中はがき デザイン テンプレート などで検索すると色々と出てきます。

 

その中から自分の状況に合ったものを選び、うまく文面を変更しつつ書き上げると良いでしょう。

 

 

 

喪中のはがきを出し忘れたら

何度も言いますが、基本的な喪中はがきの意味合いは
「年賀欠礼の挨拶」
ということです。

 

つまり年始にするべき挨拶ができないことへのお詫びとなりますので、例えば出し忘れたとき、お正月が過ぎてから
「寒中見舞」
として出せば、年賀状代わりの挨拶状として送ることが出来ます。

 

例えば年末ギリギリになって親類の方が亡くなった場合などにもこれは使えます。
相手方が既に年賀状の準備をされているような段階になってしまったら、あえて喪中はがきを出すのではなくお正月の松の内(1月7日)が過ぎたあとで立春までの間に
「寒中見舞」
として出せば問題ありません。

 

この場合の注意点としては、

 

・おめでたい言葉や賀詞などを避けること。
・年賀はがきを使用しないこと。
・年内に出すとお正月に届いてしまうため1月5日過ぎに
出すこと。
・喪中であったために年賀状を送れなかったことと
年賀状を頂いたことに対するお礼も文章に入れること。

 

が大切です。

 

 

 

まとめ

年賀状といえば年始の挨拶でもあり、遠方にいる方や疎遠になってしまっている方にも近況の報告なども出来る日本の素晴らしい風習の一つです。

 

こちらの状況をきちんと伝え、変わらぬお付き合いをしていただくためにも喪中のはがきは大切なものです。

 

きっちりとマナーを押さえて送りたいものですね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ