花粉症がお風呂上がりにひどいのは何故?出てから悪化するときの対策とは?

スポンサードリンク

 

お風呂上りに花粉症の症状が

ひどくなることはありませんか?

 

私に限って言えば、

お風呂に入っている間は調子が良いのですが、

逆にお風呂を出ると大変なことになります。

 

特に花粉を吸い込む、ということは

ないような気がするのですが、

そう考えると花粉症とお風呂には

密接な関係があるようです。

 

花粉症とお風呂についてお話します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

花粉症がお風呂上がりにひどくなる?

 

まず私の場合に関しては、

お風呂に入ると花粉症の症状が緩和される

というのがあります。

 

これはそもそも何故でしょう。

鼻の通りは良くなるし、喉の痛みも

目のかゆみもなくなります。

 

色々と調べてみると

いくつかの理由があるようですが、

まずわかりやすいのは雨の日と同じで、

花粉そのものが水蒸気などで流されてしまう

ということ。

花粉症の原因そのものが流されるわけですから、

もちろん症状が緩和するのは想像に難しくありませんよね。

 

そして、免疫細胞のいくつかは

鼻腔内の粘膜部分が温められることにより

本来の働きを取り戻すんだとか。

 

 

 

 

 

確かに、特に鼻の症状に関しては

温めることによって症状が変化するのは

お風呂に限らず感じることはありますよね。

 

と言っても、どうやらこれは

お風呂に入ってしばらくの間のことのようです。

 

お風呂で身体を温めることによって、

どうなるのでしょうか。

 

 

 

 

花粉症がお風呂から上がると悪化するのはなぜ?

 

お風呂に入ると安らぎますよね。リラックス出来ます。

 

ただこれが問題で、

花粉症というのは、

自律神経に大きく関係しています。

 

交感神経と副交感神経、聞いたこと

ありませんか?

 

交感神経というのは

いわゆる緊張状態のことです。

そして副交感神経とはリラックスしている状態を

指しますが、この2つの神経が

通常はバランスを取っています。

 

そしてお風呂に入ったりして

リラックス状態になると、

副交感神経が優位となって働いているのです。

 

 

 

 

ところが、花粉症の症状というのは、

副交感神経が活発になり、

優位になると症状が重くなります。

 

副交感神経によって粘膜の分泌が増え、

血管が拡張されるため、

鼻水や涙が多く出るようになって

粘膜は腫れ、花粉症の症状が酷くなるのです。

 

また、お風呂で身体が温まり、

副交感神経も働くようになると

肥満細胞が活発になります。

 

肥満細胞の中にはヒスタミンという物質があり、

これが過剰に分泌されることによって

症状が悪化すると言われています。

 

 

 

 

花粉症のお風呂あがり対策は?

 

例えばお風呂だけでなく、

朝起きるとくしゃみ連発で止まらない、

ということってありませんか?

 

実はこれも理由は同じ。

二つの自律神経のうち、副交感神経だけが

活発になってしまうために起こります。

 

これらにはリモネンという、

オレンジやレモンなど柑橘系のアロマオイルに

含まれる成分が効くと言われています。

 

つまりはリモネンの含まれる

アロマオイルの香りを取り入れることで

交感神経の方を活発化させて血管を広げ、

血流の流れを良くしてくれる効果が

期待出来るのです。

 

お風呂上りにはこれらのアロマオイルを

焚くようにすると良いかもですね。

 

 

 

 

まとめ

 

花粉症というものが

自律神経と大きく関わっていることで、

いろいろな症状も出て来ます。

 

ただ、その自律神経を

上手にコントロールしてやることで、

随分と花粉症に関しては

症状を緩和することが出来るのも確かです。

 

これらをもとに、

自分の身体と相談しながら

花粉症対策を進めてくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ