引っ越しの挨拶はいつするの?受け取らない人にもするべき?

スポンサードリンク

 

最近は、引っ越ししても挨拶をしない人が増えているんだとか。

 

まあわかる気はしますよね。何かと物騒ですし、例えば女性の一人暮らし
など、防犯上の理由もありそうです。

 

家族構成から何から相手に知られたくない、という方が増えているのも
事実。それもまあ、わからなくはないです。

 

とはいえ、例えば家族で引っ越し、夫婦で引っ越し、などという場合は
その後の近所との付き合い方も大切ですし、失礼なヤツが引っ越して来た
と思われるわけにもいきませんので、そこはうまくやりたいところです
よね。

 

引っ越しの挨拶はどうするべきか、まとめてみましたのでご参考にして
みてください。

 

 

 

 

スポンサードリンク

引っ越しの挨拶はいつするの?

 

引っ越しの挨拶ですから、基本的には今まで住んでいた所と新しいところ、
両方必要です。

 

そしていつ行くべきかと言えば、どちらも引っ越し前が良いでしょう。

 

時間帯としてもなるべく早いうちに。夜遅くなるようなことは避けるべき
でしょう。

 

今までの所について言えば、もちろんいきなり引っ越しが始まってしまった
らびっくりするでしょうし、これまでの御礼はきちんと伝えるべきでも
ありますので、やはり事前に。
これまでの生活の中で、何時くらいなら在宅か、などはある程度わかると
思いますので、そちらも失敗が少ないはずですね。

 

うまく時間を合わせて、相手の迷惑にならない訪問を心掛けましょう。

 

そして引っ越した先への挨拶も、引っ越し前がベストです。

 

引っ越し当日に周りがバタバタしてしまうので、先にその旨を伝えて筋を
通しておくことで、引っ越し作業もスムーズに行くのは間違いありません。

 

ただこちらに関しては相手先の生活パターンや家族構成など把握出来て
いませんので、挨拶に行っても相手に会えないなどということもあるかと
思います。

 

それであればあとはもうなるべく早いタイミングで挨拶に行ける時を
見計らってお邪魔出来るようにしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

そして、挨拶はどこまでするべきなのでしょう。

 

一戸建ての場合は、昔から「向こう三軒両隣」と言われています。

 

お向かいの三軒と左右のお隣さんですね。

 

マンションやアパートの場合については、左右のお隣さんと上下には挨拶
しておくべきでしょう。

 

上下の階の方と基本的な関わりは少ないと思いますが、音の問題など、
色々とあるのはむしろ隣よりも上下かもしれません。

 

まして小さなお子さんなどがいる家庭では特に注意が必要で、ここを
きちんとしておかないとあとあと住みにくくなるかもしれません。

 

加えて、管理人さんなどへの挨拶も忘れずにしておきましょうね。

 

 

 

 

引っ越しの挨拶を受け取らない人にはどうする?

 

そして挨拶に行く時には、手ぶらというわけには行きません。
必ず手土産は用意するべきでしょう。とは言っても金額的にあまりかけ過ぎ
ても相手の負担となりますので、1000円くらいまでで十分です。
最初から気を遣いすぎると色々と後から大変になりますので、失礼のない
範囲での手土産で十分です。

 

では何を持って行くのが良いのでしょうか。

 

ありきたりですが、相手にも喜ばれ、程よい贈り物としてタオルがよく
使われます。その他、洗剤やラップ・アルミホイールなど主に家庭用の品物
が喜ばれ、かつ気を遣わせずに済みます。

 

お菓子などの食べ物も悪くありませんが、挨拶に行ってすぐに会えるなら
良いですが、いつまでも会って渡すことが出来ずにいると賞味期限の問題も
出て来ますので注意が必要です。
渡した時には賞味期限がない、ではかえって失礼にあたりかねませんので
そこは注意が必要です。

 

あとは、なるべく熨斗をつけること。「ご挨拶」や「粗品」と表書きし、
自分の名前を入れましょう。
そもそも自己紹介の代わりですので、しっかり名前を覚えてもらうには良い
機会となりますので、くれぐれも忘れないように。

 

ただ、これだけ考えてお持ちした挨拶の品ですが、受け取らない人が最近
結構いるという話を聞きます。

 

最近では引っ越しの挨拶をしない人も増えていると聞きますし、その土地柄
がそういうことに慣れていない、ということもあるでしょう。

 

 

 

 

 

とはいえ、大人のたしなみとして相手がどうあれ挨拶はするべきでしょう。

 

もし相手が受け取らない、拒否される、という場合でもこちら側としては
きちんとお邪魔して挨拶し、手土産を渡すよう努めるべきです。

 

それでも受け取ってもらえない相手の場合は、無理に渡すこともないので
良いのではないでしょうか。

 

それでなくても、きちんと挨拶をしようとしたことは伝わると思います。

 

 

 

 

引っ越しの挨拶は結局するべきなの?

 

などということがあると、挨拶自体をどうするべきか、という話にもなって
しまいますよね。

 

あまり近所の方と親しく付き合いたくない、というかたも中にはいらっしゃ
いますし、それでなくても近年、近所づきあいなどはどんどん希薄になって
来ています。

 

挨拶や声掛けが、かえって相手に負担になってもいけませんので、相手が
そういう方だと判断できる場合は、なるべく深く立ち入らないことが賢明
です。

 

だからと言って挨拶しに行かない、というのは違いますので、相手がどうあれ
こちら側の気持ちとしてきちんと挨拶にはお邪魔するべきでしょう。

 

それで断られる場合は、それはそれとして、今後は軽い会釈程度の挨拶で
お互いがいれば良いと思います。

 

 

 

 

まとめ

 

引っ越しの挨拶が色々と話題になることがおかしいと思ってしまうくらい、
私は古い人間なので(笑)挨拶などは当たり前と思っていました。

 

ただそれは何も人間関係が希薄になったということばかりでもなく、防犯上
の考えによるものも多いようです。

 

ただやはり社会人のたしなみとしては、挨拶くらい出来て当然と言えます。

 

相手が返してくれるから、を基準にすると面白くないこともありますので
相手がどうあれこちらは挨拶をする、という考え方で宜しいのではないで
しょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ