クリスマスはチキンなのはなぜ?ケンタッキー以外のレシピは?

スポンサードリンク

クリスマスと言えば年末の一大イベントですね。

 

冬の寒い日にパーティをしたりプレゼントを贈ったり、
ごちそうを前に大切な人と過すクリスマスは、
素敵な一日となり、思い出に残るものです。

 

ところでこのクリスマス、クリスマスといえば・・・
ということがいくつかあるかと思いますが、
それが一体どんな由来によるものか、ということを
考えたことがありますか?

 

クリスマスといえば・・・の代名詞、チキンについて
見てみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

クリスマスと言えばチキンなのはなぜ?

クリスマスといえばチキンです。

 

ではなぜチキンを食べるのでしょうか。

 

どうも諸説あるようですが、
そもそもクリスマスにチキンを焼くというのは、
お祝いの日に悪事が起こらないように神に捧げた
生贄の名残だそうです。

 

だから鶏をまるごと一羽焼くのが正式なんだとか。

 

また、アメリカ開拓時代にアメリカに渡った
ヨーロッパ人に対し、もともとの先住民である
インディアンがいろいろな食料を贈呈したんだとか。
その贈呈品の中に、農作物とともに七面鳥をおくり
それからお祝いの席で七面鳥をローストするという
習慣が生まれたとのこと。

 

ちなみに日本でのチキンの文化は、どちらかというと
七面鳥というよりはフライドチキンですね。

 

これはどういうことでしょうか。

 

過去にはクリスマスに七面鳥という文化もあった
らしいのですが、1970年代に上陸して一大ブームを
築き上げたケンタッキーフライドチキンの
宣伝広告効果によって、日本の中では

 

「クリスマスといえばケンタッキーフライドチキン」

 

という風潮が浸透したようです。

 

つまり、フライドチキンを食すのは日本発なんだとか。

 

クリスマスは世界中でフライドチキンを食べていると
思っていましたが、どうやら違うようですね。

 

 

 

クリスマスのチキンと言えばケンタッキー?それ以外は?

クリスマスといえばフライドチキン。

 

先述したように、これはどうやらケンタッキーフライドチキンが
仕掛けたものであったようです。

 

とはいえ、昔からそんなイメージが強ければ当然ですが
クリスマスに食べたくなってしまうもの。

 

ところが皆考えることは同じで、
クリスマス時期のケンタッキーフライドチキンは
多くのお客さんでごった返します。

 

また、予約を忘れて手に入らないということも当然
あるかと思います。

 

はたまた、毎年ケンタッキーフライドチキンのチキン
で飽きてしまって・・・という方もいるかと思います。

 

そんな方にオススメなのが、モスバーガーのモスチキン。
カリカリの食感は本当に美味しくて、何本も食べれてしまい
ます。

 

コストコのロティサリーチキンもムード満点でオススメです。
ただ、その時期はさすがに争奪戦ですが・・・。

 

他にはファミリーマートのファミチキというのも人気です。

 

最近ではさまざまなところでフライドチキンが販売されて
いますので、是非いろいろと試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

クリスマス用チキンのレシピは?

それすら飽きてしまった、もしくはやっぱり
手に入れられなかった方は。

 

自分で作ってみてはいかがでしょうか。

 

最近はクックパッドなどのレシピは本当に充実しています。

 

ローストチキン レシピ などで検索すればいくらでも
出てきます。

 

一つだけ、本当に簡単なレシピをご紹介します。

 

もも肉を調理用のワインとレモン果汁を適当に入れて漬け込み、
ガーリックをおろして一緒に数時間漬け込みます。

 

それをオーブンで焼いて、中まで火が通ったら塩コショウで
味を整えて出来上がりです。

 

それぞれの分量、漬け込みの時間などアバウトですが、
どれくらいでほとんど失敗はありません。

 

加えて、漬け込んだ状態で冷凍保存も可能です。

 

オーブンでなく魚のグリルなどで焼く場合は、弱火で焦げない
ようにしましょう。

 

 

 

まとめ

やはり、クリスマスのテーブルにチキンは欲しいですよね。

 

ケンタッキーフライドチキンも盛り上がりますが、
それ以外にも最近ではたくさんの選択肢があります。

 

今まであまり食べたことのないチキンを一度用意して
新しい世界を堪能するのもオススメです。

 

丸ごとの七面鳥などでもいいかもしれません。

 

いろいろとリサーチして、クリスマスのチキンを
楽しみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ