腰痛を筋トレで改善できる?スクワットや体幹を鍛えることが大切。

スポンサードリンク

 

腰痛って嫌ですよね。

 

腰痛持ちの方は、疲れが溜まれば腰に来て、寒くても腰に来ます(笑)。

 

つまり、あらゆるネガティブな要因はすべて腰で受け止めると言っても
過言でないくらい、何かあればすぐに腰が痛くなってしまいます。また
最近ではストレスも腰痛の原因になるとかで、腰痛の原因になることを
探せばキリがないくらい、簡単に腰痛になることが出来ます。

 

そして腰痛が原因で肩が凝って頭痛になったり、膝が痛くなったりします。

 

 

 

 

 

腰痛を予防することであらゆる不快な症状から脱出することが出来ます
ので、腰痛そのものの治療を考えたいところですよね。

 

腰痛を予防するには、どうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

 

スポンサードリンク

腰痛を筋トレで改善できる?

 

腰痛の原因は色々あって、ハッキリとコレ、とは解明されていないんだとか。
確かに、人によって症状も原因もまちまちな気がします。

 

椎間板ヘルニアと言う病気がありますが、これは椎間板がヘルニア(突出
してしまっている状態)になってしまっていることを指します。
つまり腰椎の間にあってクッションのような役割を果たし背骨にかかる
負荷を軽くしている椎間板がつぶれてしまって飛び出し、神経に触れて
しまうことで痛みが出てしまう、というものです。

 

腰痛の中でもこれは原因も症状も明確で、よく知られています。

 

ところが一般の人の中で腰痛の人の症状を聞いてみると、立っているのが
辛いとい人がいれば座ると痛むと言う人がいて、曲げられないという人も
いれば雨が降るとダメ、という方もいます。

 

それくらい症状はさまざまで、当然ながら原因もさまざまということに
なります。

 

腰痛が長引けば膝が痛くなったり肩が凝ったり、他の症状が出てくることも
あって、もとの腰痛を抑えることがいかに大切かがわかりますよね。

 

そこで腰痛を抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。

 

腰回りにはたくさんの筋肉があります。この腰回りの筋肉の組織が鍛えられる
ことにより、腰を支える力が強くなったり、姿勢が良くなります。

 

それにより腰痛の一因を改善出来るという事です。

 

 

 

 

腰痛の時の筋トレとしてスクワットが効く

 

昔は腰が痛いと言うと、「腹筋を鍛えろ」と言われたものです。
ところが最近では一概にそうでもないようです。確かに私もそうでしたが、
腹筋をすることによりかえって腰を痛めてしまったこともあります。
その後、腹筋は膝を曲げてするものだ、と変わりました。

 

それくらい、時代の流れとともに筋トレも効果的な方法が考えられるように
なっています。裏を返すと、少なくとも腰痛対策として腹筋を鍛えるよりは
他に良い筋トレがあるようです。

 

とはいえ、ハッキリと言えることは、痛みがある時にはやらないほうが無難
です。同じ筋トレでも、やる人によって使う筋肉がすべて同じとは限りません
し、例えば痛みだけでなく痺れなどもある場合に関しては、もう通院レベル
です。筋トレで治そうと思わずに、まずはお医者さんに診てもらうように
しましょう。

 

そして、筋トレの中でも腰痛に効果的なものと言われているのがスクワット
です。

 

これはコチラでもご紹介していますが、筋トレの中でも王道中の王道、多くの
筋肉を鍛えることの出来る効果の高い筋トレです。

 

①足を肩幅くらいに開き、つま先をまっすぐ前に向けます。
②そのまま腰を下ろします。注意するのは、膝がつま先よりも前に出ないこと。
そして、背中を丸めないようにすることです。
③腰は深く落とす必要はありません。太ももと地面が平行になるくらいで
大丈夫です。
④ゆっくりと元の位置に戻ります。

 

これを15回1セットで2~3セットやることです。

 

翌日、筋肉痛が出るようなら休みましょう。1日おきくらいが効果的となります。

 

 

 

 

腰痛対策の筋トレでは体幹を鍛えることが大切

 

体幹って最近よく聞く言葉ですよね。
ハッキリ言ってこの体幹って何なんだろうとおもっていましたが、どうやら
「左右の手足と頭部を除いた胴体部分」が体幹なんだそうです。
これは解剖学的な見解だそうなので、あまりにも難しくて抽象的ですが、
結局のところ胴体部分、つまりお腹周りや腰の周りの骨盤や腰の骨などを
支えている部分の多くを指しているようです。

 

これらの体幹の筋肉を鍛えると、体の軸がブレにくくなって疲れにくくなった
り、余計な負担が身体にかかりにくくなります。
そして慢性的な腰痛にも大きな効果があり、これらのインナーマッスルを鍛える
ことにより腰痛が緩和されることは非常に多いのが特徴です。

 

体幹を鍛え、インナーマッスルを刺激することで多くの症状が緩和するのは
間違いありません。実は私もそれで腰痛が緩和したクチです。

 

基本的な体幹トレーニングとして、「プランク」というのをご紹介します。

 

これは言わゆる体幹トレーニングとして、見たこともあるかと思います。

 

①まずはうつぶせに寝る。
②肘とつま先を肩幅分に開いて起こし、身体を支える。
③足を延ばしてつま先を立てて、腕はL字に曲げる。
④肩の下に肘が来るようにまっすぐを保ったままキープ
⑤1分間続け、30秒休憩し、同じ動作を繰り返す

 

 

 

 

 

目安としては1分間を3セット。あくまでも、首からかかとまでしっかりと
真っすぐを保つことです。

 

 

 

まとめ

 

本当に腰痛って大変ですもんね。

 

ただやはり身体を効果的に鍛えることで、随分軽減されそうです。
身体の軸を意識して体のバランスを整え、きちんとした対策をして
早めに腰痛から卒業できるよう、頑張って下さいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ