卒園式の服装は母親はどうする?ママはスーツが良いの?

スポンサードリンク

 

卒園式のシーズンになると、やはり参加する側としてはあれこれと
心配になりますね。

 

中でもやはり、ママの服装などは最も気を遣うところの一つではない
でしょうか。

 

そう何回もあるイベントではないということに加え、やはりマナーなど
抑えた服装で参加することが大切と思っている人は多いはず。

 

 

 

 

卒園式の、母親の服装についてまとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

卒園式の服装として母親は何を着る?

 

我が子の卒園式を迎えるにあたり、やはり気になってしまうのは母親と
しての服装ですよね。

 

これまでのお付き合いなどもあったり、築いてきた立場なんてものも
あるでしょう。そこそこのプライドだってあって然るべきですし、何より
我が子の晴れ舞台でその大切な我が子に恥をかかせるわけには行きません。

 

おしゃれなママだねって言って欲しいのは、あなただけではありません。

 

周りも皆、ここは頑張ります(笑)。

 

その中でひと際輝く、というところまで行かなくとも、恥ずかしい恰好には
なりたくない、というのが本音ではないでしょうか。

 

ましてこの頃のお付き合いは大変です。

 

子どもも含めた社会性を考えなくてはいけなくなった最初の関係性の中で、
いろんなことがあった上での集大成ですもんね。

 

何とか終わり良ければ・・・で終わりたいところです。

 

とは言っても、ここでハッとしている方が多いのも事実です。

 

服がない、と。

 

さてさて、そうなったらどうすれば良いのでしょうか。

 

 

卒園式の服装はママたちの晴れ舞台

 

基本的には、我が子も含めた、ママたちの晴れ舞台です。

 

ママたちもここに至るまでは随分大変だったはず。
育児にお付き合いなど、最初から慣れている人などいませんが、それでも
うまく行かないことで自分を責めたりしながら頑張っていたのではないで
しょうか。

 

そう考えればこれも一つの区切りです。
お疲れ様でした。卒園式の服くらい買って下さい。それぐらい良いと思う
のは私だけではないはずです。

 

 

 

 

ただこういう話になると、間もなくに迫った「入学式」にまで話が及びます。

 

つまり、卒園式と入学式の両方で着ることの出来る服を・・・となるのです。

 

ただ、これはやめましょう(笑)。

 

なぜなら、やはり意味合いの違う「式」だからです。

 

卒園式というのはどちらかと言うと集大成、お別れの意味合いを含むものです
が、入学式というのは新しい出会いや始まりを意味します。

 

つまり入学式ともなれば春、門出、桜などの明るいイメージとともに服装も
明るいものを。

 

反対に卒園式と言えば少し厳かで、子どもの成長を祝うとともにこれまで
お世話になった園や先生、お友達などとのお別れを惜しむ場でもありますので
濃い色合いの服装の方がマッチしています。

 

ですので、卒園式と言えば濃い色合いの服装。
入学式は明るめの色合いの服装。

 

これを基本としておきましょう。

 

 

 

 

卒園式の服装はやはりスーツ?

 

結局、卒園式の服装として大切なのは、先程も言ったようにカラーです。
ワンピースが良いのかとか、パンツスーツだとどうだとかいろいろとあります
が、マナー的にはどれでも問題ありません。

 

ただ、意外に厳粛な雰囲気なので、やはり色合いは濃いめの物が良いでしょう。

 

あとは間違いなく、絶対に失敗のない方法をおひとつ。

 

以前に卒園式に出たことのある人に話を聞くこと。

例えば兄弟がいれば上の子の式では・・・なんて話も意外にあるものです。
同じ園の中にいなければ、近所の人でも親戚でも、習い事で会う人でも構いま
せん。
もちろん場所によって異なりますので一概には言えませんが、卒園式と名の付く
ものであればそれほど大差ないと思って良いでしょう。

 

あとは、基本的にあなたが初めてであるように、他にも「どんな服装で行けば
よいんだろう?」って思っている方はいらっしゃいます。

 

そして基本はやはりフォーマルなものが良いです。
入学式などよりも、堅めの服装で間違いありません。

 

あと、最終的にそれでも何を着れば良いのかわからない場合、先生に聞いて
しまうというのもアリでしょう。間違いなく、式に何度も出たことがあるはず
ですもんね。

 

きちんと情報収集して、当日の服装の参考にしてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

卒園式といえば、やはりかけがえのない我が子の晴れ舞台ですからね。

 

自分の服装が気になって、式どころではなくなってしまう、というのが
一番もったいないことです。
それぞれの状況をなるべくしっかり把握した服装を心掛けて、当日は
卒園式に没頭出来るとよいですね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ