名古屋でお花見と言えば鶴舞公園、ライトアップや駐車場は?

スポンサードリンク

 

お花見のスポットとして、名古屋近くでは鶴舞公園が人気です。

 

愛知県や近隣に住む方なら一度は聞いたことがある場所かも知れませんが
お花見の時期になると多くの人が訪れ、夜まで花見客でごった返す、東海
地方の代表的な桜の名所となります。

 

本日はお花見に行く人のために、鶴舞公園のご紹介です。

 

 

 

スポンサードリンク

名古屋でお花見と言えば鶴舞公園

 

鶴舞公園と言えば、名古屋の代表的お花見スポットです。

 

「日本のさくら名所100選」に選定されている、名古屋市の中心部にある
この公園は、約750本ほどのソメイヨシノをはじめとした桜の名所です。

 

開業は1909年、名古屋市が最初に設置した都市公園として地元では
名高く、毎年桜の見ごろの時期から6月頃まで、いろんなイベントが開催
されています。

 

と言うのも、桜だけでなくツツジやバラ、ハナショウブなどの花も美しく、
「花まつり」と銘打ったイベントは6月まで開催されるので、この期間は
本当に多くの方が来園します。

 

 

 

 

お花見期間中の人出は約10万人なんだとか。私の印象では鶴舞公園は
名古屋でも中心部に位置するため、会社関係のお花見でよく利用されて
いるような印象です。

 

 

 

鶴舞公園のお花見はライトアップなどもされるの?

2017年は、3月24日~4月6日までのライトアップが予定されています。

 

時間は18時より21時30分までです。

 

屋台も多数、とにかく夜になっても人が多いところです。

 

屋台に関しても本当にたくさん出ていて、一通りのものはまず揃うと思って
間違いありません。実際にはわざわざ買って食料を持ち込む必要はないくらい
色々と揃っています。

 

お弁当を持って行く必要もありません。現地調達で事足りるでしょう。
お酒類の販売もしていますので、冷たいビールの調達も出来てしまいます。

 

加えて、例年ですとライトアップの期間中、ビアガーデンも開催されています。
このビアガーデンはメニュー豊富ですよ。ジンギスカンなどもあるし、何より
生ビール飲み放題です。

 

そしてもう一つ。鶴舞公園のライトアップは、ほんのりピンク色です。

 

光もすごく可愛らしいのでおススメです。

 

夜桜を楽しむなら持ってこいとも言える鶴舞公園。

 

是非ライトアップされて幻想的な風景に溶け込む桜を見に、出かけてみては
如何でしょうか。

 

 

 

鶴舞公園のお花見に駐車場はある?

 

先ほども言いましたが、鶴舞公園は名古屋市が最初に設置した都市公園です。

 

という事もあって入場料はいつでも無料。駐車場は250台分が用意されて
います。
もちろんこの時期の入園者を考えればそれほど多い駐車台数ではありませんが
それでも名古屋市内の中心部であることを考えればそれなりの駐車場です。

 

 

 

 

あとは近隣にコインパーキングなどもありますので駐車スペースそのものが
無いわけではありません。加えてお花見という性質上、切っても切り離せない
のが「お酒」となりますので、基本的には車で来園する方ばかりということ
でもないため、時間に余裕を持って出掛ければ駐車場の確保は出来るでしょう。

 

ただ地下鉄鶴舞公園駅からもすぐなので、交通機関で出掛けてお酒を楽しむ、
なんていうお花見も贅沢で良いのではないでしょうか。

 

そしてお花見する場所としてオススメなのが公会堂付近。
ただここ、ハッキリ言って大変混みます。
前日から場所取りしてる人もいるくらいなので、タイミングが合わないと
難しいかもしれません。

 

そんな人には、東側の竜ヶ池周辺はどうでしょう。
「浮見堂」や池に映る夜桜ではしっとりした趣のある落ち着いた雰囲気を味わえます。

 

 

 

 

まとめ

 

鶴舞公園の桜、本当に綺麗です。

 

昼間と夜とで趣が違うのも鶴舞公園の特徴ですので、出来るなら満開の時期に
どちらも堪能して頂けると良いと思います。

 

しっかりと準備して、最高の桜を是非満喫してくださいね!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ