寄せ書きの例文として退職の時はこちら!定年の時や親しくない時にも使える!

スポンサードリンク

寄せ書きってしますよね?

 

例えば定年退職を迎える方に対し、今までの感謝を込めて、またこれから
始まる第二の人生に対する激励を込めて、皆からメッセージを送りたいもの
です。

 

ただ、そんなときは、どんな風にまとめれば良いのでしょうか。

 

寄せ書きを書くときの例文についてまとめてみましたので参考にして下さいね。

 

 

 

スポンサードリンク

寄せ書きの例文として退職時に使えるのは?

 

寄せ書きですから、あくまでもみんなが一つの色紙なりに書くことになるかと
思います。

 

というわけで色んな文体やいろんな表現がある中での寄せ書きです。

 

だとすればやはり大切なのは気持ちをシンプルに、簡潔に伝えること。

 

寄せ書きという性質上、あまりたくさんの文章も書けませんし、何より
色んな人にも見られてしまいがちですので、例えばビジネスでの寄せ書き
ともなればそれはそれで色んなことに気を遣う必要が出て来ます。

 

一般的な挨拶や感謝を述べることが大前提ですが、せっかくなのでそれなりに
自分の気持ちも伝わる文章に出来ると良いですよね。

 

 

◆〇〇さん、長い間お疲れ様でした。
早いもので〇〇年もの間、色々と指導頂きました。本当にありがとうございます。
今後のご活躍を心よりお祈り申し上げております。

 

◆○○さん、これまでありがとうございました。
○○さんに指導いただいたことは決して忘れません。今後は頂いたご指導を糧に
精進していく所存です。
本当にありがとうございました。

 

◆○○さんがいなくなると思うと寂しくて堪りませんが、教えて頂いたことは
いつも忘れず、業務に励みたいと思います。
色々とありがとうございました。

 

◆○○さん、長年にわたるご指導、本当にありがとうございました。
何もわからない私がここまで来れたのも、○○さんの指導があってのものです。
まずはゆっくり休んでくださいね。ありがとうございました。

 

◆○○さん、長い間お疲れ様でした。
お会い出来なくなるのはさみしいですが、是非また遊びに来てくださいね!
また一緒に飲めるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

 

送別会のプレゼントで上司や男性向けなのは?NGなものもあるの?

 

 

寄せ書きの例文は定年の時も使える?

 

定年の時のポイントとしては、やはり長い間お疲れ様でした、という気持ちと
今後の人生に対して希望を持って新たな門出を迎えて欲しい、という気持ちです。

 

◆○○さん、定年退職おめでとうございます。
○○さんがいなくなると思うととても寂しいです。是非また近くまでお越しの
際は、顔を見せに来てくださいね。

 

◆○○さん、長い間お疲れ様でした。
○○さんのことですから、また休む間もなく次の生活に飛び込んで行くのでしょう
が、お体を大切に、のんびりと行くことも忘れずにいて下さいね。
今までありがとうございました。

 

◆○○さん、長年にわたるご尽力、本当にありがとうございました。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。
新たな人生への門出を祈念致します。

 

◆○○さん、定年退職おめでとうございます。
仕事の楽しさを教えていただき、本当にありがとうございました。
これからは大好きな○○や○○を存分に楽しんで下さいね。

 

◆○○さん、長年のお勤め、本当にお疲れ様でした。
これだけ皆に寂しいと言われるのも、○○さんのお人柄あってのことだと思います。
今後もお体に気を付けて、第二の人生を楽しんでください。

 

送別会の挨拶で感動して泣けるような涙のスピーチをするには?

 

 

寄せ書きの例文として親しくない人にはどう書くの?

 

親しくないからと言って書くことがないという事はありません。
もっと言えば、親しくなくてもこんな時くらいは書きましょう。
色んなことを水に流して、書いてあげましょう(笑)。

 

終わり良ければすべて良し、と言うではありませんか。

 

どんな相手でも、ほんの少しくらい心が通ったエピソードはありませんか?

 

こういう所でそれらを思い出して書くことが出来たり、色んな垣根を乗り
超えて温かい言葉が送れると、人間としての幅が出来ると信じましょう。

 

相手のことを思いやって、精一杯の激励を贈るようにしてください。

 

 

 

まとめ

 

寄せ書きの例文をいくつかご紹介しました。

 

退職される方、定年を迎える方はともかく、たとえ親しくない方であっても
きちんとしたメッセージが贈れた方が気持ちの良いものですよね。

 

温かいメッセージを心掛けましょうね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ