入学式の内祝いはいつ?お返しの相場やお礼の文例は?

スポンサードリンク

 

我が子の入学となると、色んな方からお祝いを頂いたりしませんか?

 

色々と調べてみると、入学祝のお返しなどは必要がないとも言われて
います。

 

これは「子どもにするもの」という考え方によるものですが、そうは
言っても大人のお付き合い上、そういうわけにも行かない、という方
も多いはず。

 

子どもに入学のお祝いを頂いたことに対するお返しとして、内祝いと
して、いつ、どのようにするべきかをまとめてみましたので、是非
参考にしてみて下さいね。

 

 

※ 入学のお祝いを「する側」の場合はコチラ

 

スポンサードリンク

入学の内祝いはいつするの?

 

入学祝いを頂いたことに対しては、お返しはいらない、と言われること
もあります。

 

こういう風習的なことは、地方によるものも大きいようですが、一般的
には「子供に対するお祝い」という意味合いからやらなくても良い、と
いう考え方があるようです。
ただ日本のお祝いに対する考え方としては、ただお返しをするという意味
だけでなく、「お祝いごとも喜びのおすそ分け」として、この喜びを
親しい人と分かち合いたい、という思いもあって、これを内祝いと呼び
ます。
つまりはお祝いをしてもらう、もらわないに関わらず、お祝いごとのある
側から内祝いを用意するというものです。
近年ではこの境界はあいまいで、どこまでお返しでどこまで内祝いかは
わかりにくいものになっていますが、元々のルーツは別のものでした。

 

ところが例えば入学ということに関して、いつお祝いをするのが正しいの
かと言うと、

 

入学祝  ⇒  入学式前までに贈るもの
入学内祝い  ⇒  入学式の後に贈るもの

 

となっていますので、実質的には入学祝に対するお返しとして入学内祝い
を贈ることになります。

 

 

 

そしてその時期、いつ入学の内祝いを贈るのかというと先程言ったように
入学式が終わってから、というのが一般的です。
入学式が終わってから、あまり日を空けないようにするのが無難。少なく
とも1か月以内には贈りたいものです。

 

そしてあくまでも「子供に贈られるもの」に対するお返しですから、出来
る限り子どもから直接御礼を言わせるのが良いでしょう。

 

それは手紙でも構いません。あくまでも、子供からお礼をさせることが
大切です。

 

 

 

入学式の内祝いでのお返しの相場は?

 

結論から言えば、基本的には入学式の内祝いでお返しと言うならば相場
としては頂いた金額の半分から3分の1程度の品ということになります。

 

入学式のお祝いとして現金を頂いた場合はわかりやすく金額で良いですが
品物でもらった場合、実際の金額がわかりにくいものもありますよね。
調べられるものであれば可能な限り調べて、やはりそれに見合った金額で
のお返しが妥当です。

 

 

 

少なくとも頂いたお祝いよりもお返しの方が相場が高くなることは絶対に
ありません。
入学式の内祝いでは、お祝いの気持ちとしていただいた金額を上回るよう
なことはかえって失礼となりますので、注意が必要です。

 

頂いた金額の半分くらいまでを上限を相場として、内祝いを考えると良い
でしょう。

 

 

 

入学式の内祝いに添える御礼の文例は?

 

例えば親しい親戚や祖父母など、付き合いも深く割としょっちゅう顔を
合わせる場合などでは、実際には改めて入学式の内祝いなどとして
かしこまるよりも、子供から直接お礼をさせることの方が喜んでもらえ
るでしょう。子供が直接お礼をするという行動が、成長の証と受け止めて
もらえるはずですので、まずはそれを大前提とします。

 

とはいえ、やはり我が子の成長と入学を喜んでくれた方には、それなりに
気持ちで応えたいものです。

 

そこで、内祝いに添える手紙などの文例をご紹介します。

 

書き方として抑えるポイントとして

 

①季節のあいさつ
②お礼
③入学式の様子や成長している姿などの報告
④結び

 

の流れで良いでしょう。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

寒さの中にも春の気配を感じるこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
この度は○○(子供の名前)の入学祝をいただき、ありがとうございました。
無事入学式を終え、新しいお友達も出来た様子で、毎日目を輝かせて学校へ
通っています。
心ばかりの品を送らせて頂きましたので、ご笑納いただけましたら幸いです。
まずは略儀ながら書中をもってお礼を申し上げます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春のつぼみも膨らんで参りました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
この度は○○の入学にあたり、あたたかいお心遣いをいただき、本当に
ありがとうございました。
早いもので○○も無事入学を迎えることが出来ましたが、頂いた地球儀を
毎日嬉しそうに眺めています。

ささやかですが、入学内祝いを送らせていただきましたので、お収め下さい。
またお会い出来るのを楽しみにしております。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

などなど。

 

入学式の写真や、本人からのお礼の直筆のメッセージなども添えるとより
気持ちが伝わるかと思います。

 

 

 

まとめ

 

入学祝に対するお返しは必要ない、とも言われますが、それはそれで
味気ない。
せっかくのお祝い事なので、出来れば親しい方と共有したいものです。

 

祖父母や親戚など、近い関係の方ほど品物ではなく手紙や写真などの
方が喜ばれます。

 

せっかくですので、素敵なお祝いにしてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ