インフルエンザの解熱後は何日で完治?だるい時は感染力があるの?

スポンサードリンク

冬になると毎年猛威をふるうインフルエンザ。

 

特に集団での感染が多く、小さなお子さんが学校
やら幼稚園で拾ってくる場合も少なくありません。

 

毎年さまざまの種類のインフルエンザが流行し、
世界的に感染が報告されていますよね。

 

誰でも感染したくはありませんが、もし感染して
しまった場合は、何日くらいその感染力があり、
症状が続くものなのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

インフルエンザの解熱後、何日経てば完治?

一口にインフルエンザと言っても、型の違いや感染して
症状が出るまでの時間はさまざまです。

 

インフルエンザは発症後3~7日間ウイルスを排出する
と言われています。この期間の患者は感染力があるといえます。

 

一般的に言われているのは、発症後5日、解熱後でも
2日は感染力がある、とのことです。

 

体力のないお年寄りや子供などが感染した場合などは
長くなることも考えられます。

 

という事は、基本的に1週間程は感染してもおかしくは
ないと言えそうです。

 

潜伏期間が1日~5日、発症した患者が咳やくしゃみ
などで飛沫とともに排出されたウイルスを、鼻腔や気管
などの気道に吸入することによって感染します。

 

基本的には飛沫による感染が最も多いとされていますが、
飛沫と言ってもそんなに飛ぶものでもなく、せいぜい
1~2メートルくらいのものです。

 

まして患者がマスクをしていれば劇的に抑えられます。

 

他には手など介して感染することがあったり、部屋の
中をウイルスが浮遊することもありますので、手洗い
や換気は十分に行う必要がありますが、基本的には
風邪の感染経路などと大差はありません。

 

一般的に言われている風邪の予防策などが十分に適用
出来るのです。

 

 

インフルエンザの解熱後、いつまでもだるいときは

近年、インフルエンザの解熱後に、いつまでも症状が続く
という方が少なくありません。

 

基本的には高熱が出たのですから、体に余韻が残っても
おかしいことではありませんが、インフルエンザの2峰性発熱
ということもあります。

 

これは、いったん解熱したものが4~5日目ころ再度発熱する
というものです。

 

こちらに関してはやはり医師の判断を仰ぐべきかと思います。

 

あと、インフルエンザは、ときどき消化器症状が出る場合が
あります。

 

腹痛や吐き気、嘔吐、下痢や食欲不振などですが、これは
インフルエンザが普通の風邪と違って炎症が強く、回復に
時間がかかってしまうものです。

 

こちらもじきに収まりますが、症状によっては病院に行かれる
ことをおすすめします。

 

 

 

インフルエンザ、解熱後の感染力は

先程も言いましたが、基本的には解熱後も数日は感染力が
あると言えます。

 

早く治すためには、薬の力を借りつつ、自己管理して
対策することしかなさそうです。

 

やはり大切なのはうがいや手洗い。これらは殺菌効果
とのどを潤すことにより咳を鎮めたり、二次感染を防止します。

 

あとは栄養や休息を十分にとることで体力や抵抗力を強くし
水分補給や加湿で感染しにくくします。

 

そしてマスクをすることで保湿効果も上がり、二次感染の予防
に繋がります。

 

解熱後、2日も経てば排菌はなくなるとのこと。

 

しばらく感染力がつづくことを考慮して、しっかりと完治する
よう努めましょう。

 

 

 

まとめ

インフルエンザという病気が解熱後でも感染力があるという
ことは広く知られています。

 

ただ、わかってはいても症状がなくなるとなかなか病に伏して
いるわけにもいきません。

 

そんなことから感染が広がったりすることも少なくないのです。

 

インフルエンザの感染力、症状の大きさなど考えるといかに
広めないようにするかはとても大切ですね。

 

感染の知識を深めて、拡げない努力をしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ