肩こりを筋トレで解消するにはやはり腕立てやストレッチ!?

スポンサードリンク

 

もはや国民病とも言える肩こり。
一年中肩こりに悩まされる人が増えているそうです。

 

 

 

 

私も肩こりでした。「でした」と言うのは、私に合ったそれなりの肩こり
解消法を見つけたので、今では肩こりになっても何とか改善していくこと
が出来ています。

 

私に効果のあった方法をご紹介しますね。

 

 

 

スポンサードリンク

肩こりは筋トレで解消出来る

 

そうなんです。私が肩こりを解消出来たのは、何を隠そう筋トレです。

 

肩こりの原因と言われるものは、多くは運動不足や血行不良によるものなん
だとか。
これに加えて最近では緊張や花粉症などの症状によって肩こりになることが
多いようです。

 

いずれにしても、筋肉の不足による部分も大きいため、筋トレすることに
よって筋肉に刺激を与えることが出来れば多くの肩こりは改善・解消でき
ます。

 

私もそうですが、それまでたいした筋トレなどやったことがなく、実際は
肩こりも嫌だけど筋トレもあまり気が進まなかったのは事実です(笑)。

 

ただこれ、効果は抜群です。

 

筋トレを少し持続するだけで肩こりの多くは解消できます。
私は今でも肩こりになると筋トレをして解消させていますので、思ったより
効果は高くおすすめです。

 

ただ、肩こりが重度になっていてしびれを伴っていたりする場合などは注意
が必要です。またそういう人になるほどやはり普段からあまり運動をして
いあるとは考えにくいので、急激な運動によって肩こりを悪化させるばかり
か首や肩を痛めてしまうということもあります。

 

基本的には早く治したいからと言って無理をしないこと

 

少しづつでも毎日続ければ、1週間もすれば随分変わって来ますので、焦らず
じっくりと続けられるくらいの負荷でやるように心掛けましょうね。

 

 

 

肩こりに最も効く筋トレは腕立て?

 

例えばダンベルを持っている人。

 

ダンベルを持っているくらいなので、多少は鍛えたりしているのかも知れ
ませんね。そういう方は、ダンベルを上げ下げすることで筋トレになります。

 

あまり重くある必要はありません。筋肥大を目的としているわけではありま
せんので、多少重いかも、くらいの負荷から始めれば十分効果が得られます。

 

 

 

ダンベルがなければペットボトルくらいから始めても構いませんし、肩から
上に上げ下げするだけでなく、ダンベルやペットボトルを持った手を後ろに
持って行くことで背中の筋肉や首の後ろ側の筋肉を刺激できるので、それも
肩こりには効果があります。

 

そして何と言っても肩こりに最も効果の得られる筋トレは腕立てです。

 

①手を肩幅よりも拳1個~2個分くらい広げて地面につきます。
②足はつま先立ち。このとき、よこから見て腕が身体に対して垂直になるよう
足をつく場所を調整します。
③腰が反ったり、お尻がポッコリ持ち上がったりしてしまわないように体を
真っすぐに保ちます。
④胸を張ったまま顔と身体を下していき、あごと胸が地面すれすれの状態に
なるまで下りたら、次は身体を上げて行きます。

 

これが肩こりに効く腕立てのやり方です。

 

ただ、はっきり言ってあまり筋トレしていない人には凄くハードルが高いのが
腕立てと言えるでしょう。私も初めはお尻が浮いてへの字になってました。

 

しっかりやろうとするとかなり大変です。
そんな時は、膝を地面についてやっても構いません

 

これによって負荷が随分軽くなるので、姿勢や身体を真っすぐにしたまま行う
というルールはきちんと守ってやれれば、それなりに体に負荷を与えることが
出来ます。

 

回数としては、自分の限界までやる、というのを1セットとして、それを
3セットやって下さい。

 

1日おきくらいで良いので、継続することが重要です。次第に慣れて筋力が
付いて行けば、膝をつかなくても出来るようになります。そうなったらまた
回数をリセットして、正しい負荷をかけて行くようにしてくださいね。

 

 

 

肩こりに効く筋トレと同じくらい重要なストレッチ

 

先程も言いましたが、肩こりになる理由は運動不足や血行不良などが主な
原因です。

 

つまり筋トレすることで運動不足の解消が出来て、筋肉に刺激を与えること
で肩こりの予防に繋がります。

 

では、筋肉が緊張していたりすることで血行が悪くなってしまう場合には
どうすれば良いのでしょう。

 

筋肉の緊張をほぐすにはやはりストレッチが効果的です。

 

筋トレよりも始めやすく、肩こりが重度の人でもストレッチすることで随分
肩こりが解消されたりもします。

 

コツは肩甲骨を動かすこと。背中側を意識しながらすることで、肩甲骨付近
の筋肉を柔らかくすることが出来ます。

 

 

 

 

ガチガチに固まってしまう前に、筋トレやストレッチをすることで早めに
症状が緩和できるので、時間を見つけてやっておくと良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

肩こりって本当に辛いんですよね。

 

頭痛になったり、吐き気を催す人もいるそうです。

 

ただなるべく早めのケアを心掛けると、私のように随分楽になっている人も
いますので、少し凝って来たかな、と思ったらすぐに実践するようにすると
良いでしょう。

 

お大事に!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ