冷え性改善のための食事は?ダイエットも美肌もまずはここから!

スポンサードリンク

特に女性に多い、冷え性。
最近では男性でもあるそうですが、これに悩まされている方は
本当にたくさんいらっしゃいます。

血流が悪くなって冷えに繋がる、ということも多いそうですが
冷え性の方は健康な方と違ってどんな習慣があるのでしょうか。

遺伝的なものもあれば、生活の変えられない部分にその原因が
あることもありますが、冷え性の方の悩みは奥深いものが少なく
ありません。

まして女性であれば血流が悪くなればダイエットにも支障があり
肥満になることによって代謝を悪くし別の病気の温床になったり
もします。

どのようにすればこの冷え性を改善出来るのでしょうか。

スポンサードリンク

冷え性改善のための食事とは

冷え性という言葉のとおり、冷えから来る体の不調を指して
冷え性と言いますが、基本的に内側からの要因と外側からの
要因に分かれます。

ただ、多くは内臓の不調から始まる場合が多く、これについて
はどれだけ体を外から温めても、体の中が冷たくてはなかなか
改善することは出来ません。

体を温める食べ物を摂取して体質を変えて行く必要があります。

また、アルカリ性の食品を積極的に摂ることで血をサラサラに
して巡りを良くし、温まりやすい体にすることがおすすめです。

体を温める食べ物として代表的なものは、生姜やねぎ、ニンニク
など。いわゆる風邪を引いたときなどに摂ると良いとされている
ものです。

この他にこんにゃくやゴボウ、人参や山芋、蓮根などの根菜類や
みそ、醤油、梅干し、たくあんなどの加工品の他に自然塩なども
体をあたためるばかりか、血をサラサラにしてくれる食べ物です。

大切なことは、体を温めるのは温かい食事ということではなく、
血液をサラサラにして循環を助けるものであるということです。

冷え性の改善はダイエットに不可欠!

冷え性の人は、基本的にやせにくくなります。

冷え性から血流が悪くなり、代謝が悪くなってやせないという
ことになるのですが、これは反対に考えれば代謝を良くすれば
血流が良くなって痩せやすくなるという事になりますね。

つまりはダイエットのためには、冷え性の改善が不可欠という
ことになります。

おなかや背中、胸などの大きな筋肉を刺激し、鍛えることにより
代謝があがりやすくなります。代謝があがればやせやすい体に
なりますので、筋肉を付けることは大事です。

ダイエットに運動、と言われるのは直接的なカロリー消費という
側面もありますが、運動し、筋力が付くことによって代謝が上が
って血流が良くなるためにダイエット効果に結びつくということ
があります。

女性は男性と違い、皮下脂肪を貯めやすいように出来ています。

ウオーキングやジョギングなどが一番痩せやすい運動と言われて
います。何はともあれ続けることが大事ですが、太ももの大きな
筋肉を動かすことによって代謝UPが期待できますので、まずは
一番手軽な運動からはじめてみてはいかがでしょうか。

冷え性を改善して美肌を手に入れる

筋肉がないために血流が悪くなり、冷え性にとって良くないと
いうことは先に述べました。

それに加えて、ストレスというのも一つの要因です。

不規則な生活や疲れがストレスとなり自律神経が乱れると血流
の調整がうまく行かなくなります。

冷え性が肌に悪影響を及ぼすことは知られていますが、特に冬
になると空気は乾燥し、気温も下がることにより血管が収縮する
ので末端まで栄養が行き届かなくなり表面の肌まで届かなくなる
んだとか。

皮膚に対し代謝の悪い状態を続けると肌は乾燥して硬くなり、
シワやたるみだけでなく刺激に弱くなって敏感肌の原因にもなり
ます。

体の冷えを取ることで顔の冷え、肌の冷えも改善出来ます。
それには手首、足首、首を温めて体感温度を高くすると寒さは
和らぎ、効果的です。

また、スキンケアの時などに顔を指で優しくタッピングするのも
効果があるようです。あくまでも優しく鍵盤を弾くような感じで
顔をタッピングすると明らかに顔色が良くなるのを実感できる
はず。これはむくみの解消にも効果が期待できます。

まとめ

冷え性の対策として、体を温めるというのは基本です。

それは同然厚着をすれば良いとか、温かい部屋にいるということ
であるとか、それ自体は否定しません。あくまでもその効果は
間違いなくあると言えるからです。

ただ、本来の基本的なその人の体質や習慣を変えることでそもそも
の冷え性を根本から治すということは可能です。

冷え性を改善し、ダイエットや美肌に効果をもたらす方法はやはり
温まりやすい体を作ることに他なりません。

一時的な保温効果をうまく織り交ぜながら、根本的な体質の改善
を目指し、努力していきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ