妊婦が花粉症のとき薬は飲んでも良い?くしゃみなどの対策で漢方はアリ?

スポンサードリンク

花粉症持ちの人は花粉症の季節になると大変ですよね。

 

ただ最近は良い薬がたくさん出ているので、毎年薬のお世話にさんざん
なっているという人も多いかと思います。

 

今年もそろそろ・・・と思っていたら、よくよく考えたら私、今妊娠して
る!って方。そう、妊婦さんで花粉症の方もいらっしゃると思います。

 

妊娠中はなるべく薬を飲まない方が良い、と言われているんだけど、実際
はどうなんでしょうか。

 

妊婦さんの花粉症対策についてまとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

妊婦が花粉症の場合に薬は飲んでも良い?

 

そもそも母体のためにも、生まれてくる赤ちゃんのかめにも、飲まなくて
良いものなら薬は避けたいと思いますよね。

 

ただもともとの花粉症の症状が酷い人はどうなんでしょうか。
かつて薬を飲まずに花粉症の時期を迎えていた時には、花粉症の症状が酷く
て日常生活に支障をきたすくらいだったけど薬を飲むことで花粉症の症状を
抑えることが出来ていた人、となるとなかなか深刻です。

 

当然ですが、妊婦さんであろうがなかろうが花粉症の時期になればやはり
症状は出てくるし、辛いものですよね。

 

加えて、もし花粉症を抑えることなく毎日鼻水やくしゃみで体力を奪われ
た場合、お腹の赤ちゃんには影響はないのだろうか???とも考えてしまい
ますよね。

 

花粉症の症状が酷くても、最悪私だけなら耐えられる。ただ、赤ちゃんに
悪影響さえなければ。ってところでしょうか。

 

つまり、妊婦さんでありながら花粉症の症状が酷いままで良いのか、
薬を飲んででも抑えた方が良いのか。

 

悩むところですよね。

 

これは、基本的にはやはり、妊娠3ヵ月~4か月くらいまでは薬を飲むのは
避けた方が無難であると言えます。

 

つまり安定期に入るまでの間は、内用、外用を問わずすべての薬の使用を
中止した方が良いでしょう。

 

 

 

妊婦の花粉症対策でくしゃみが酷いときはどうするの?

 

と、いうことで特に妊娠初期~中期までは、薬の使用はしないようにするの
が良いということです。

 

ただここは誤解して欲しくはないのですが、「飲まずに我慢」というのは
これもまた違います。

 

花粉症対策の方法はちゃんとあるのです。

 

まず点眼薬・点鼻薬などは、外用薬である」ため、問題ないとされています。
つまり、内服するものでないため、問題ないということです。

 

それでも妊婦さんは、特に花粉症でくしゃみを連発してしまうときなど、腹圧が
かかるため赤ちゃんに影響が出るのでは?と思う方は多いようです。

 

よほどのことがない限りくしゃみが妊婦さんの身体や生まれてくる赤ちゃん
に影響を及ぼすことは考えられませんが、心配することそのものがストレス
であり、身体に良くありませんよね。

 

であるならやっぱり花粉症の症状が出ないようにするに越したことはありません。

 

とするなら、基本的に花粉を吸わないということが最大の方法です。
花粉症にならないようにすれば良いのです。

 

・花粉を部屋の中に入れない
・マスクをする
・室内に入る前に必ず花粉を払う
・布団や洗濯物などを干した際にはしまう前に花粉を落とす

 

花粉症の予防については、 コチラでもまとめてあります。
一般的によく言われていることですが、まずはここから始めることで、花粉症
を発症させずにさせることが一番の対処法かもしれませんね。

 

 

 

妊婦の花粉症対策として漢方はアリ?

 

妊婦さんというのは基本的にホルモンの分泌が増えて、体内に水分を蓄えようと
します。そして、花粉症と言うのは体内に水分があればあるほど症状が出やすい
とされているので、そう考えると妊婦さんは花粉症の症状が重くなりやすいと
考えても良いでしょう。

 

特に妊婦さんは鼻の粘膜が敏感になりやすいため、鼻水やくしゃみなどの鼻から
来る花粉症の症状が悪化しやすい傾向があります。

 

薬はだめかもしれないけど、漢方薬なら良くない?と考えがちですよね。

 

結論から言うと、こちらも十分注意が必要になります。
妊婦さんが摂ってはいけない成分として、

 

麻黄
大黄

などは妊婦さんは避けましょう。

 

たとえば花粉症によく効く漢方として「小青竜湯」というものがありますが、
こちらは先程挙げた「麻黄」が主な成分となります。

 

これは汗を出すことで発散させる効果のある漢方薬で、結構な体力を奪ってしま
うため、妊婦さんや身体の弱った方には向きません。

 

反対に、「飲んでも良い」漢方はあるのでしょうか。

 

当帰芍薬散

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、全身に栄養を与えて血行を良くする
漢方です。加えて利尿作用があるため、体内の余分な水分を排出してくれます。
一般的には、冷え性や生理不順などに良いとされています。

 

苓甘姜味辛夏仁湯

苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)とは、7種の生薬から
なるものですが、身体を温めたり新陳代謝を高める作用があります。
痰を取り除いたりする効果もあります。

 

 

まとめ

やはり妊婦さんとなると、身体のことは人一倍考えなくてはなりませんよね。

そしてやはり薬は飲まない方が良いのであれば、花粉症対策として他の方法
を考える必要があります。

その他にもコチラコチラなど、薬に頼らない方法論もありますので、是非
参考にしてみてくださいね。

色々と大変かと思いますが、生まれてくる可愛い赤ちゃんのために、頑張り
ましょうね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ