紫外線の対策はいつからいつまで?その方法と食事のおすすめは?

スポンサードリンク

 

 

皆さんは、紫外線対策ってしてますか?

 

いわゆるUVケアってやつですが、近年はドラッグストアにもコーナーが
出来るほど、関心が高まっています。

 

最近では紫外線による肌のシミや劣化など、たくさんの影響が謳われる
ようになってきましたが、実際、やはりそうなんですよね。

 

ケアをするのとしないのとで大違い。

 

そしてオゾン層が破壊されて云々と言われるように、近年では紫外線が
より強くなっているということも聞いたことありますよね。

 

紫外線の対策についてまとめてみましたので、参考にしてみて下さいね。

 

 

 

スポンサードリンク

紫外線の対策はいつからいつまで?

 

まずは期間のお話から。

 

何となく日差しの強さに紫外線も比例するようなイメージかもしれません
が、ご存知の方も多いように、夏も、そして春も紫外線が強いのです。
つまり紫外線対策は春からすべきなのですが、もちろん一年中対策する
のも良いでしょう。それであれば完璧とも言えます。

 

それでは紫外線の対策が必要な期間と言うのはいつからいつまでなので
しょう。

 

一般的には4月頃には強くなり始め、5月には他の月から比較にならない程
紫外線は多くなります。

 

紫外線にはその波長によって三つの種類があることはご存知でしょうか。

 

 

UVA

UVAは、紫外線の中でも最も肌の奥まで届きます。
UVAはこれによって日焼けしたりするようなものではありませんので
一見、肌への影響が少ないように感じがちですが、コラーゲンやエラスチン
という美肌成分にダメージを与える原因になるのはUVAです。
雲や窓ガラスなども通り抜けやすい性質をもち、曇りの日であっても家の
中にまで対策する必要のある紫外線です。

 

 

UVB

一般的に日光浴などで肌が焼けたりするのはこのUVBの影響によるものです。
ただUVAと比較すると波長が短いためオゾン層などに阻まれて地上まで到達
する量としてはごく少量です。
UVAと違い肌の表皮までしか届きませんがUVAの100倍以上の強さを持つ
ためシミやしわだけでなく皮膚がんや白内障などの病気と深く関わっている
ことがわかっています。
日常生活の中では日傘をさしたり日陰にいることである程度防御することが
可能な紫外線となります。

 

 

UVC

紫外線の中でも最も危険と言われていますがそもそも地球上には届いていない
と言われていました。ところが近年オゾン層の破壊により標高の高い山の
山頂などでは届いていることが確認されています。
ゆくゆく地表に届くようになると人類を脅かす存在に成り得る危険な紫外線
です。

 

 

そしてUVAのピークは4~8月ですが、5月が最も量が多いと言われています。
UVBは5月から徐々に強くなり、6~8月にピークを迎えます。

 

基本的にいつからいつまでというよりも、1年を通してケアするに越した
ことはないというのは間違いありません。

 

 

 

紫外線対策にはどんな方法が?

 

これは非常にシンプルです。

 

基本、紫外線に当たらないこと。

 

怒られそうですが、これが最大の対策であり、最善の方法です。

 

そんなことはわかってると思いますが、意識すべきはやはり如何に紫外線に
当たらないようにするか、です。
年間を通して最も紫外線の量が多くなるのは、午前10時~14時頃。

 

その時間の外出をなるべく避けて、出来うる限り日陰を歩けば、浴びる
紫外線の量としては半分弱くらいにまでは抑えることが可能です。

 

ただ紫外線は空気中で散乱したり、地面やら建物やらで反射します。

 

そうなると今度は、肌を守るために紫外線に肌を晒さないようにすること
が大切となります。
薄手のものを一枚羽織ればずいぶんと紫外線はカット出来ますし、UVカット
効果のある素材を使った服であれば効果倍増です。
UVカットの効果のない普通の服の時は、ポリエステル・ウールであれば
UVB対策となります。なるべく黒や紺などの濃いめの色が紫外線は通し
にくくなります。

 

あとはつばの大きな帽子をかぶることで紫外線に晒されることへの対策と
なりますし、サングラスやメガネなどで直接紫外線に触れないような対策
をするのは効果的です。

 

当然ですが、日傘などは紫外線対策としてかなりの効果を感じることが
出来ます。これも近年増加している濃いめの色あいのものがおすすめです。

 

 

 

紫外線対策にはどんな食事が良いの?

 

食事で紫外線対策になるものもあります。
身体の内側より紫外線対策をすることになりますが、やはりこちらは
継続が大切です。

 

中でも効果が高いのはビタミン群。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。これらはどれも健やかな肌を保つ
ために必要な栄養素となります。

 

ビタミンA

すぐれた抗酸化作用を持ち、肌のハリの元ともなるコラーゲンの生成の
促進に役立ちます。
シミに対しては特効です。

 

 

ビタミンC

シミやそばかすの直接的な原因となるメラニン色素の生成を抑え、こちらも
コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。
体内に蓄積できないので毎日こまめに摂ることが大切です。

 

 

ビタミンE

抗酸化作用の強い、優れた栄養素です。肌の老化を促進する活性酸素から
肌を守ってくれます。保湿効果や抗炎症作用、紫外線防御効果など多彩な
作用、効果が認められています。

 

 

それではこれらを多く含む食べ物はどんなものなのでしょう。

 

実は紫外線の強い時期に育つ果物は、不思議とこの栄養素が多く含まれる
ものが多いのです。
つまり、旬の果物を食事に取り入れることで、紫外線対策として効果を
発揮しやすくなります。

 

中でも最も効果のあるものはトマト

 

トマトはビタミンCだけでなく、A、Eも豊富です。加えてトマトにはリコピン
がふんだんに入っています。リコピンとは、赤い果物に含まれるカロテノイド
色素と呼ばれるもので、多くの植物はこの色素で強い日光から身を守って
いることが知られています。つまり、カロテノイド色素を含んだ、色の
鮮やかな果物や野菜を摂ることで、日光に対する免疫を挙げることが出来る
のです。

 

そして、ブロッコリーなども効果的です。
緑の野菜はそもそも日焼け防止には効果的で、すでに日焼けしてしまった肌を
修復してくれる作用もあります。ほうれん草レタスなど、緑の野菜を多く
摂るよう心がけましょう。

 

その他として、さつまいもにんじんなど。あとはなどもオメガ3脂肪酸を
含むため、日光から肌を守る効果の高い食べ物となります。

 

紫外線対策となる食べ物を積極的に取り入れた食事を心掛けることで、随分
肌へのケアが出来るということを覚えておいてくださいね。

 

 

 

紫外線の対策のまとめ

 

紫外線の強い時期になれば、老若男女を問わず対策をすることをおすすめ
します。
きちんとケアすることでシミや肌の老化を防ぐことは必ず出来ますので、
特に女性などは後々のことも考えたら化粧品などでも紫外線対策になるもの
を使用するのが良いでしょう。

 

これからの季節は特に、しっかりと紫外線に対する対策をしてくださいね!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ