こどもの日に柏餅を食べる意味は?こいのぼりや菖蒲の由来とは。

スポンサードリンク

 

 

毎年5月5日はこどもの日です。
端午の節句とも言いますが、日本に古くから伝わる行事の一つですね。

 

ただこのこどもの日ですが、行事の中に出てくる色々の、それぞれの意味
についてはご存知ですか?

 

どこの家庭でも、こどもが大きくなってくると必ず聞かれることの一つに
なってきますので、こどもの日の意味の説明が出来るようにしておくのが
良いのではないでしょうか。

 

こちらにまとめましたので、参考にして下さいね。

 

 

 

スポンサードリンク

こどもの日に柏餅を食べる意味は?

 

そもそも5月5日は端午の節句でした。
この端午の節句の日に、こどもの日が制定された、というのが正しいです。

 

端午の節句とはもともと中国から伝わった行事で、伝わって来た時から
ちまきを食べる習慣も一緒に伝来しました。よって今でも西日本の人は
端午の節句と言えばちまき、という認識が強いのは事実です。
これは昔、柏餅が西日本では手に入らなかったことに由来します。
柏の葉が、そもそも西日本には自生していなかったからです。

 

ということで主に東日本を中心に広がった、こどもの日に柏餅を食べる
文化。これは日本で始まったものですが、どんな意味があるのでしょう。

 

柏餅を食べる意味は、その柏の葉に秘密があります。

 

柏の葉というのは、「新葉が育つまで、古い葉が落ちない」という
特徴があるのです。
つまり、新しい葉の成長とともに古い葉が役目を終える、ということになる
のですが、それがかつての武士階級に好まれたんだとか。
家門の繁栄、継続にその意味をなぞらえて、端午の節句という男の子の節句
にうってつけ、という意味で柏餅を食べるようになった、というのがその
意味となります。

 

こどもが無事に育ち、それまで父母は亡くならずに家督を継いでゆく、という
日本の武家社会にとって大切な流れを願ったものです。

 

ちなみにこどもの日に柏餅を食べるようになったのは江戸時代初め頃からの
ようですね。

 

 

 

こどもの日にこいのぼりを立てる意味は?

 

では、こどもの日にこいのぼりを立てるのはどんな意味があったのでしょう。

 

もともと5月5日は、端午の節句ですが、この日は江戸時代、江戸城で将軍
のお祝いをする日と決められていました。

 

将軍に男の子がいれば、当然その日にお祝いをするのですが、その際にのぼり
を立ててお祝いをしていました。

 

もちろん、こいのぼりではありません。ただ武士たちの間では、男の子が
生まれるとのぼりを上げることが広まり、いつしか習慣になっていました。

 

そしてそれは武士に留まりません。

 

庶民の中でも男の子が生まれるとのぼりを立てる、という風習が広まった
のですが、武家ののぼりは家紋のみのシンプルなものであったのに対し、
庶民ののぼりは少し違いました。
庶民の中では中国の言い伝えから、鯉の滝登りを立身出世になぞらえて、
のぼりに鯉を描くようになったのです。

 

つまり鯉が滝を登って龍になり、天に登ったという言い伝えの通り、男の子に
立派に育って欲しい、との願いが込められたものだったのです。

 

鯉が描かれ始めると形ものぼりから吹き流しに変わって行き、今のこいのぼり
になったのです。

 

こいのぼりとは我が子に対する色んな願いが込められた、大切なものだった
ということは伝わりましたか?

 

 

 

そしてこいのぼりには、そのすべてに意味があります。

 

竿の先についている「天球」は、神様に我が子の存在を気付いてもらう
ための目印。
「矢車」は、こどもを守るために魔物を射抜く弓矢です。

 

そして一番上に5色の吹き流しを付けることでより目立たせるようにし、
神様に子供が生まれたことを報告するとともに、神様が天から降りて来て
守ってもらえるように願ったのです。

 

 

 

こどもの日に菖蒲湯に入る意味は?

 

こどもの日には菖蒲湯に入りますよね。頭に菖蒲を巻いたりしませんでしたか?

 

この菖蒲湯ですが、もともとの起源は端午の節句そのものが中国から伝わった
ときにさかのぼります。

 

中国では昔から端午節に菖蒲を厄除けにしていたんだそうです。

 

我が子の健康を願い、菖蒲の入ったお風呂に入って厄除けや邪心を浄化したり
無病息災を祈念していたんだとか。

 

そして江戸時代になり、武士の時代となると

 

菖蒲 ⇒ 勝負、尚武

 

ととらえ、また菖蒲の葉の形が刀に似ていることから、男の子の日である節句に
お風呂に入れて縁起を担いだとも言われています。

 

 

ところでこの菖蒲湯ですが、どんな効能があるのでしょう。

 

直接こどもの日とは関係がありませんが、そもそも菖蒲は葉や茎を漢方薬と
するくらい、そもそも身体にも良い効能があるようです。

 

肩こりの改善や血行促進、リウマチや神経痛、冷え性などに効果があるんだとか。

 

こういう効能を昔の人は知っていたんでしょうね。だから菖蒲を大切にして、
病邪を払ったり、厄除けに繋がると考えたんでしょう。

 

そもそも菖蒲の葉や茎の匂いと成分には、リラックス効果もあるようです。

 

菖蒲の効能が身体に良いことを見つけた先人の知恵には、頭が下がりますね。

 

 

 

こどもの日の意味のまとめ

 

こどもの日にちなんだものの意味について、まとめてみました。

 

当然ですがそれぞれに意味があり、こどもの日の元々の願い、我が子が健康
で健やかに育つ、ということを込められたものばかりでしたね。

 

今年はこれらの意味をしっかり考えて、こどもの日を祝ってみては
いかがでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ