五月人形や兜はいつまで飾る?処分方法として買い取りなどもあるの?

スポンサードリンク

 

 

男の子が産まれたら、子どもの成長を願って、五月人形や兜を
揃えましたよね。

 

ただ、子どもの成長は早いもの。

 

気付いたら大きくなっていて、兜や五月人形には目もくれない。
そして、ありがたいことに立派に育ちました。

 

と、なったとき、その五月人形の処分ってどうすればよいのでしょう。

 

主役が大きくなったあとの、五月人形や兜の行方についてまとめて
みました。

 

 

 

スポンサードリンク

五月人形や兜はいつまで飾る?

 

例えば雛人形、女の子の場合は、昔は嫁入り道具の一つとして嫁ぎ先に
持って行くというものだったそうです。

 

つまり、大人になっても、嫁いだとしても毎年飾ったということでしょう。

 

では五月人形や兜はいつまで飾るのが定説なんでしょう。

 

これは実はその地域などによってさまざまです。

 

七五三の最後が七歳となりますが、このタイミングというのは少なく
ありません。かつては乳幼児の死亡率も高かったため、七歳という年を
1つの区切りとしていたこともあって、七五三の年まで飾って、七五三
前に神社に奉納する地域もありました。

 

あとは昔で言う元服、つまり15歳です。15歳を迎えれば大人、という
考え方があったからこそですが、これらはいずれも歴史的なものです。

 

実際はどうでしょうね。たとえばうちは、小学校高学年には飾らなく
なっていたような気がします(笑)。母親が面倒くさがっていたのを
私は忘れません。

 

最近はマンション向けなど、コンパクトな五月人形や兜も増えています
ので、飾ることにそれほど大変さはなくなっているのかもしれませんが、
肝心の子どもさんが五月人形や兜に興味を示さなくなってしまうと
あまり兜を出して飾ろう、ということにもならないのかもしれませんね。

 

ということで、いつまで飾るのか、ということに関しては特にきまりは
ありません。

 

だいたい中学生くらいのところが多いようですね。

 

 

 

五月人形や兜の処分方法は?

 

おかげさまで子供も成長し、五月人形や兜にも興味が薄れてきた。
もう何年も飾ったし、そろそろ処分方法を考えたい、となってきたら
どうすれば良いのでしょう。

 

書いておきながら何ですが、「処分方法」という言葉に抵抗を感じます。

 

もともと五月人形や兜というのは、こどもの成長を見守り厄除けとして
守ってくれる、大切なものです。

 

さんざんお世話になって、そのおかげで大きく成長出来たのにお役目が
終われば処分、などというのもそれこそ罰当たりではないでしょうか。

 

五月人形や兜を処分する方法というのは、いくつかあるのは事実です。

 

まず、基本的には、粗大ごみに出すことが出来ます。
とは言うものの、これはやめて下さい(笑)。

 

一番のおすすめは、やはり人形供養です。

 

これは一般的にどんな人形でも供養してくれるというものですが、
五月人形や兜だけでなくぬいぐるみなどでも一緒に供養してくれます。

 

子どもの成長を見守り、子どもと一緒に年を重ねてきた節句の人形
ですから、そこはやはりちゃんとした供養をしたいところですよね。

 

近所の氏神様でも良いですし、馴染みのお寺などでも構いません。
きちんといつなら供養してくれるのかはそれぞれで調べて、その時に
合わせて持って行って供養してもらう、ということが最善かと思います。

 

くれぐれも、五月人形や兜に感謝の気持ちを込めて供養することを
忘れないようにしましょうね。

 

 

 

五月人形や兜は買い取りしてくれるの?

 

五月人形や兜を買い取りしてくれるところは、確かにあります。

 

オークションなどでも出ているようですね。リサイクルショップでも
買い取ってくれるところもあるようです。

 

これは考え方が分かれるところです。
五月人形や兜をどうとらえるかということにもよりますが、基本的には
男の子が産まれた時に厄除けのお守りの人形として揃えた方もいるでしょう。
私などはそんな感じでしたが、近年は五月人形や兜に対する考え方が
色々なようです。

 

最近は、歴史ブームなんですよね。
それに乗って、戦国時代の鎧や兜などの需要が増えているんだとか。
確かに、五月人形に限らず有名な武将の兜などがたくさん売られていて
中には有名作家などの作るものなど高価買取してくれるようなものもある
ようなのです。

 

つまりこれは、五月人形や兜の価値をどう考えるか、です。

 

資産価値と見るのか、もともとの言われを大切にしたいのか。

 

買い取りを希望されるなら、調べるときちんと鑑定してくれるところは
ありますので、よく調べてみるとよいかもしれませんね。

 

 

 

五月人形や兜の行く末についてのまとめ

 

長い間我が子を見守ってくれた五月人形や兜ですから、やはり感謝の
気持ちを持って最後まで接したいものですよね。

 

それぞれの家庭でいつまで飾るのか、飾らなくなったらどうするのかと
いう考え方はまちまちで、どれも正解なのでしょう。

 

最も良いと思える方法で、気持ちを表せたらよいですね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ