母の日にあじさいの鉢植えを贈るのはなぜ?フェアリーアイやダンスパーティなどは?

スポンサードリンク

 

 

昔から母の日と言えばカーネーションですよね。

私も毎年カーネーションを贈っていましたが、

最近は少し事情が違うようです。

実際、毎年同じというのもやはり

変化を欲してしまうんですかね。

最近母の日に贈るお花として人気のあじさいについて

まとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

母の日にあじさいの鉢植えが人気

母の日に贈るお花として、やはり王道はカーネーションです。

コチラでもお話しましたが、昔から母の日と言えば

カーネーションでしたので、そこに違和感はありませんでした。

ただカーネーションでもそうですが、

近年は花の飼育技術なども進歩して

本当に綺麗な色や形の物が増えましたよね。

 

そこで最近はあじさいが人気なんだとか。

しかも、鉢植えです。

切り花と違い、長持ちするのが大きな理由でしょう。

鉢植えであれば、しばらく鑑賞出来るという楽しみが増えます。

 

あじさいと言えば、イメージは初夏ですよね。

梅雨の時期などにも最も映える花です。

季節柄、何となくしっとりとカラフルに咲くあじさいは、

日本古来の、日本原産の花です。

 

今ではたくさんの品種もあって、

日本のイメージが強いため癒されるのが理由でしょうか。

あじさいを母の日に贈る方が増えているのは、

そんな理由かもしれませんね。

 

母の日にあじさいを贈るのはなぜ?

カーネーションを贈るというのが

通説となっていた母の日ですが、

最近では色んな花を贈る方が増えているようです。

その中にあじさいも含まれるのですが、

ではなぜ母の日にあじさいを贈るのでしょう。

 

かつてはやはり花束やフラワーアレンジが

多かったのですが、

長い間鑑賞する楽しみがあるということと、

何よりも手入れするという楽しみも

あるからなんだとか。

そしてあじさいはなかなか丈夫な花で、

水やりをしっかりとすれば

しばらく元気に咲いてくれます。

しかも上手に育てれば何年も

毎年毎年花を咲かせてくれます。

日本の気候にも合っているあじさいは、

害虫などにも強く丈夫で育てやすいので、

育てるという楽しみももたらしてくれます。

 

あじさいの花言葉

ひたむきな愛情
平和
辛抱強さ
忍耐強い愛情
一家団欒・家族の結びつき
和気あいあい

など。
あじさいという花のイメージや、

小さな花がたくさん集まってまとまり、

大きな花に見えるということからも

こんな花言葉で表されているようです。

 

こんなメッセージも込められれば、

母の日にあじさいを贈るということも

素敵なプレゼントになりますね。

 

母の日にフェアリーアイやダンスパーティはいかが?

近年、母の日に贈る花として

人気のあじさいですが、中でも人気の品種があります。

フェアリーアイ

フェアリーアイ=妖精の瞳 

という名前からわかるように、

本当に美しいです。

なかなかの希少種で、珍しいものです。

特定の農家さんでした栽培できないんだとか。

母の日に贈るあじさいとしては、

かなり早めに予約しておく必要があります。

 

2006年に開催された

ジャパンフラワーセレクションで

フラワー・オブ・ザ・イヤーを受賞した

あじさいです。

 

なかなか手に入らない希少なあじさいを

ずっと前から予約して準備する、

というプロセスも含めて贈り物としては

気持ちのこもったものとなります。

フェアリーアイの花言葉は、

元気な女性
辛抱強い
家族団欒

まさしく、母の日にぴったりのあじさいと言えますよね!

 

ダンスパーティ

ダンスパーティーと聞くと

競走馬を思い浮かべるのは私だけでしょうか。

もちろん全く関係ありません(笑)。

 

ダンスパーティは、花弁が少し細長くて、

あじさいの中でもスタイリッシュな品種です。

日照りや土質などによって花の形や色が変化する、

あじさいの中でも繊細なあじさいです。

 

ただその育て方で自分の好みに出来ることもあってか、

育てる楽しみを持つ八重咲のカラー豊富なあじさいです。

 

ダンスパーティの花言葉として

強い愛情
家族の結びつき
元気な女性

などなど。

こちらも、母の日に贈る花としては

ぴったりのプレゼントですね!

 

 

母の日のあじさいについてのまとめ

母の日に贈る花として最近人気のあじさい。

カーネーションも勿論良いですが、

長く花を楽しめることも魅力的です。

 

今年は少しいつもと変えて、

あじさいを贈るのはいかがでしょうか。

 

きっと喜んでくれると思いますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ