頭皮の臭いが気になる!その原因と改善するシャンプーとは!

スポンサードリンク

 

温かくなってくると特にでしょうか。頭の臭いを気にする方がグッと増えます。
私もかつてはそうでした。頭皮から来る臭いで、他人から言われるというよりも自分が気になってしょうがないのです。
ふとした時に臭う頭皮の臭いが本当に気になる時があったのです。

そんな時の原因を突き止めて改善するにはどうしたのか、まとめてみました。

 

スポンサードリンク

頭皮の臭いが気になる!

ある日突然、思いました。
頭皮の臭いが気になる!

洗面所で感じた臭いだったんですが、ぶっちゃけ、自分の臭いとは思いませんでした。

何故かと言えば、きっちり毎日シャンプーしていたし、しかも季節的にそこまで汗をかくような季節でもなかったからです。

ただ、一度気になるな、と思ってしまうと、毎日自分の頭皮の臭いって本当に気になるんです。

何となくムラがあるような気がしましたが、やはり毎日頭皮からの臭いがするような気がして、本当に毎日気になる日々が続きました。

私の場合は年齢的に加齢臭もあるのかな、と思いましたが、何となく自分で感じる臭いはそういう感じでもありませんでした。

だとするとこの臭いの正体は何なのか、それも気になるし、頭皮から臭う、というのもそれなりの原因があるのではないかと思いました。

自分の臭いが周りにどう受け止められているのかが気になるともう、ハッキリ言って色んな事に消極的になります。

人と近づけなくなるし、エレベーターや車の中などでは自分の頭皮の臭いが充満しちゃってるんじゃないか、とすら思う日々でした。

それぐらい気になる臭い、やはりそれにはそれなりの原因がありました。

頭皮の臭いの原因は!?

まず、そもそも論ですが、頭皮というのは、皮脂の宝庫なんだそうです。

例えば男性でもパックする方がいるくらい皮脂の分泌が多いとされる、おでこから鼻の頭にかけてのいわゆる「Tゾーン」などと比較して、何と2倍の量の皮脂があるのが頭皮なんだとか。

言い換えれば、人間の身体の中で最も多くの皮脂が分泌されている場所なのです。

となれば原因は明白。私の頭皮の臭いの原因はまず間違いなく、皮脂と考えて良いと思いました。

それもそのはず、当時の私はそもそも食生活が乱れていましたが、何より脂っこい食事が大好きでした。

そう考えれば、例えば食用で使用する油でも、しばらく置いてあって酸化するとヤバい臭いになります。

早い話がこれと同じ。頭に参加した油を載せて歩いているようなものです。

 

頭皮の臭いの大きな原因として生活習慣

まずは偏った食生活。肉類や過剰な油分そ多く含んだ揚げ物などの食べ物は頭皮の臭いの大きな原因の1つです。

脂質を多く摂ってしまうと皮脂分泌量が増えます。増えた皮脂が上手く身体から出て行かないと酸化して臭いの原因となってしまうのです。

頭皮の臭いの原因となってしまうのは主に動物性タンパク質や脂肪分となります。美味いもんばっかりです(笑)。

ともするとこれらばかりを摂るような食生活に陥ってしまいがちなところですが、そこはグッと堪えて魚や野菜を中心にするのが良いでしょう。
加えて海藻やきのこ、味噌や納豆なども臭いに効果てきめんです。

動物性タンパク質を過剰摂取することは腸内環境を悪化させるんだとか。それによって悪臭の原因を作り出してしまい、それが体中にめぐって臭いの元となってしまいます。

その他としてコーヒーの飲み過ぎによるカフェインの摂り過ぎやアルコールの摂り過ぎ、またストレスによりホルモンバランスが崩れて本来体内でうまく処理してきた老廃物などが処理されず、臭いの元となって体内に溜まって行ってしまうこともあります。

いずれにしても、大きな頭皮の臭いの原因としてはこれらの生活習慣があげられ、これが頭皮の臭いの多くの原因となってしまっていることも多いようです。

 

頭皮の臭いを改善するにはシャンプー?

頭皮の臭いの原因は多くの場合、皮脂であるということはわかりましたね。

ただ、わかっていても生活習慣ってなかなか変えられないものです(笑)。

肉も脂も美味しいんですよね。コーヒーもなくちゃいけないし、アルコールは血液みたいなもんだし。
多少のストレスなんてあって当然。しかもそのストレスの多くは、自分のせいじゃないし(笑)。

となれば対処療法しかありません。当然ながら頭皮の臭いに関することなので、考えるべきはやはりシャンプーです。

最近では、頭皮の臭いやトラブルに対して効果を発揮するようなシャンプーはたくさん売っています。
どちらか言うと、そこを考えていないようなシャンプーは売っていないと思っても良いくらいです。

ただ大切なのはどんなシャンプーを使うか、というのもありますが、やはりシャンプーの仕方です。

げんに私が自分の頭皮に臭いを感じたとき使っていたのは何を隠そう頭皮の臭いを抑える成分を謳ったシャンプーでした。

つまり、どんなに良いシャンプーを使おうが、シャンプーそのもののやり方が間違っていれば頭皮の臭いがなくならないということです。

ということで、シャンプーの際に気をつけるべきことについてまとめてみました。

頭皮の臭い改善に適したシャンプー選び

まずはシャンプーの選び方ですが、これは体質的にも合う、合わない色々とありますので一概に言えません。
色々と試して自分に合うものを見つけて行くと良いでしょう。
とりあえずスタートはアミノ酸系界面活性剤を使用する弱酸性のオーガニックシャンプーなどがおすすめです。
とはいえ、やはり自分に合ったものを見つけて行くのが良いと思います。ここに関してはかかりつけの美容院などで自分の頭皮の質などを聞いてみると合ったものが見つかるかもしれません。

 

シャンプー前のすすぎを十分に

例えば髪の長い方、女性などもそうですが、出来れば洗う前に念入りなブラッシングなどされると良いでしょう。
それによって汚れが浮き立つため、シャンプーしたときに汚れが落ちやすくなります。

あとはまずシャンプーを付ける前に、しっかりとすすぐこと。
必ずお湯を使用してください。油分を落とすには、水よりもお湯なことは言うまでもありません。
実は、このシャンプー前のすすぎでほとんどの汚れを落とすことは可能です。
整髪料など付けている場合などであっても、このシャンプー前のすすぎを念入りにすることによってその後のシャンプーの泡立ちは明らかに良くなります。
それにより、シャンプーの泡が頭皮まで届きやすくなり、しっかりと汚れを落とすことが出来るのです。

 

シャンプーは優しくマッサージをしながら

まずシャンプーを手のひらに乗せたら、そこで泡立てて下さい。
しっかりと泡立ったシャンプーを頭皮に乗せて、あとは念入りにマッサージをするように洗います。
強くこすり過ぎると頭皮を傷付け、それが傷口となって新たな臭いの元となりかねませんので、あくまでも優しく、丁寧に。

このときに注意するべきは2つ。
1つ目は、お湯の温度です。あまり高めに設定してしまうと、頭皮の皮脂を落とし過ぎてしまいます。
そうすることで身体は危険を感じ、逆に皮脂成分を過剰に分泌させてしまうのです。
35℃~38℃くらいのぬるま湯を心掛けましょう。

もう1つは、シャンプーの質。出来れば、あまり安価な市販のシャンプーは避けましょう。
特に石油系の界面活性剤を使用しているものなどになると洗浄力が強すぎて、こちらも皮脂の分泌バランスを壊してしまいます。
よってこちらも逆に皮脂分泌が多くなりすぎて、そこに雑菌が繁殖することにより頭皮に臭いが出るようになってしまいます。

トリートメントなどする場合も、基本的には髪に付けて頭皮には付けないようにしましょう。

しっかりすすいで、しっかり乾かす

汚れやシャンプーの洗い残しがないように、しっかりとすすぎます。
耳の後ろや襟足など汚れや洗い残しがありがちなので、そこに十分注意してしっかりとすすぎましょう。
しっとり感を残したい、とすすぎを優しめにする方がいますが、絶対NGです。

そしてシャンプー後は、しっかりと乾かしましょう。
髪はともかく、特に頭皮をしっかりと乾かすことが必要です。髪の表面をドライヤーで当てすぎると髪が傷みますので髪は出来たら冷風で。
髪の内側から頭皮にかけてはしっかりとブローし、生乾きなどにならないように注意してください。

 

頭皮の臭いの改善に関するまとめ

いかがでしたか?私は、あまり生活習慣を変えることなく、シャンプーをしっかりすることとシャンプーそのものを変えることで頭皮の臭いを改善することが出来ました。
男性、女性を問わず、頭皮の臭いが気になる方は結構たくさんいます。

私のようにシャンプーを徹底するだけでも十分効果が得られますので、是非試してみて下さいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ