汗の対策として顔にはどうすれば良い?おすすめの食べ物とは?

スポンサードリンク

 

 

暖かくなってきて、結構気になる人は気になることの中に「汗」というのがあります。

これ、わからない人にはわからないかもしれませんが、汗かきの人には結構深刻です。
たいして周りは汗かいていないのに自分だけ汗ダラダラ・・・って、あまりみっとも良いものではありません。

暖かくなる季節を迎えるにあたり、汗かきの人を悩ます汗の対策についてまとめてみました。

スポンサードリンク

汗の対策として顔に有効なのは?

暖かくなるのは良いのですが、汗かきからするとなかなか憂鬱なものです。
それくらい、汗には悩まされるものですよね。
私もかなりの汗かきなのですが、何故嫌かというと、はっきり言ってデブに見えるからです(笑)。
確かに痩せてはいませんが、そこまで太ってもいません。でも、汗かきはやはり太ってみえる(気がする)のです。
そして私の場合、顔の汗が結構なものです。何かしらの汗対策をしていないと夏にもなれば顔は汗だくです。
汗をかいてあまり良いことはありません。
何しろ暑苦しい。べたつく。髪が乱れる。
これだけ汗をかけば臭いも気になりますし、何となく会う人にも気を遣わせてしまいます。
そしてこれは男性に限らず、女性でも顔の汗対策に悩まされている人は多いようです。
女性の場合は特にメイクなどにも影響するから大変でしょうね。

私の周りにも顔の汗の対策で悩まされている女性がいますが、顔の汗はどうすれば引くのでしょうか。
「今!汗が!」という時に効く、即効性の高い方法をご紹介します。

 

わきの下や首などを冷やす

これは相当効果があります。そもそも首の後ろを流れる頸動脈という太い血管の血液の温度が高いときに顔から汗が噴き出るのです。
つまり、ここの血液を冷やしてあげることで顔の汗をかかないようにすることが出来ます。

 

わきの下を押さえつける

こちらも即効性は高いです。胸の両脇を真ん中に向かって抑える方法で、早い話がわきの下側、胸の横を締め付けるようにします。
例えば京都の舞妓さんなどは胸の下できつめに帯を巻いて胸を締め付けることで顔の汗を抑える対策をしているんだとか。
右手を左脇に、左手を右脇に入れて強く内側に押すことで顔の汗は引いて行きます。

 

リラックスする

基本的に汗かきの人は大きく分けて多汗症の場合と精神的なものの2つに別れます。
例えば精神的なものの場合などは、リラックスするようにすることで汗は引いて行きます。
つまり自律神経による影響も大きいのが汗ですので、さきほどのわきの下を押さえる方法などは交感神経を刺激するものになります。
ゆったりと、大きく深呼吸を繰り返すことで、汗が引いて行きます。

 

ツボを押す

汗の対策として効果的なツボはいくつかありますが、最も簡単でわかりやすいのが「労宮」というツボです。
場所はいわゆるてのひらのど真ん中。ここをぎゅーっと押してあげることで、汗は引いて行きます。

 

顔の汗対策としておすすめは?

顔の汗を抑える対策としては、やはりまずはどんな原因で汗をかくのかという事を把握することがおすすめです。

先程も少し触れましたが、汗かきにも原因はさまざまで、多汗症というものもあれば精神的なものもあります。
また肥満もありますし、食生活などが原因ということも考えられます。
それらの原因によって汗の対策としては違ってきます。

例えば精神的なことが原因の汗かきの場合の対策としては、やはり気にしないことです。
ただもちろん、それが出来たら苦労はない!と言われそうですが、あくまでも「汗が出ても気にしない」ということです。
ハッキリ言って、周りはあなたほど気にしていないということに気付くことが一番の対策です。
自律神経が原因であることもわかっていますので、交感神経を抑える生活をすることです。
それには、意図的にすべての生活をゆっくりとこなす、ということをおすすめします。
テキパキ、忙しくするのではなく、時間にゆとりを持ってせかせかしなくても良い生活にすることで、随分交感神経を抑えることが出来ます。

あと、顔の汗をかく人の中には、「顔しか汗をかかない」という方もいらっしゃいます。
実はこういうことは結構あるようですが、これの原因は運動不足です。
日頃運動をしないために身体が汗をかくことを忘れてしまうのです。つまり体中の汗腺が機能しないために、日常よく動く顔からだけ汗が出るのです。
この場合の汗対策としては、まずやはり運動をすること。眠った汗腺を起こし、しっかり機能してもらうことで顔の汗は減って行きます。
また、入浴などでしっかりと汗をかく癖をつけることも効果的です。

 

汗をかかないようにするために、汗をかく訓練が必要、というのは不思議な話ですが、身体の機能がすべて正常に動いてくれるようにしてあげるだけで、顔の汗の対策になることは事実です。

 

汗対策としてどんな食べ物が効果的?

汗対策になる食べ物として、まずはやはり野菜です。きゅうりやトマト、ナスなど。これらは体内の余分な熱を逃がしてくれる「カリウム」を豊富に含むため、体内に熱がこもりにくくなり、結果汗をかきにくくなります。
また豆類などに多く含まれる「イソフラボン」は多汗症に高い効果を発揮するんだとか。
つまり豆腐や納豆、味噌などを積極的に摂りましょう。
その他には、自律神経を整える役割のある食べ物です。
大葉、もやし、アボガド、など。これらは「植物性エストロゲン」を含み、自律神経の調節に力を発揮します。

 

そして反対に、発汗を促してしまう食べ物も覚えておきましょう。
基本的に太りそうなものはダメです。脂肪分の多い肉類、乳製品、揚げ物など。
あとは刺激物も避けましょう。辛いもの、酸っぱいもの、甘すぎるもの。つまりは、味の濃いものは避けた方が良いでしょう。
コーヒーなどに含まれるカフェインも、汗腺を刺激して汗対策には良くない食べ物です。

 

顔の汗対策のまとめ

汗かきの人にとって、汗は大きな悩みです。
ただ、悩むことでまた汗をかきやすくなり、汗をかいてしまうということもあります。
こんな負の連鎖を断ち切るには、薬を飲むのも一つです。
汗かきの薬は皮膚科などで処方してくれますので、一度診てもらっても良いのかもしれません。

いつまでも気にするよりは、早く治してしまう方が良いかもしれませんね!
大丈夫。あなたほど周りは気にしてませんから。
少しの汗くらいは気にせず、放っておくくらいで良いと思いますよ!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ