なばなの里のイルミネーションはいつから?混雑を避けるおすすめは?

スポンサードリンク

冬になると特に見たくなる全国各地のイルミネーション。

中でも全国で1、2を争うと言われる三重県のなばなの里は、毎年
多くの観光客でごった返す、有数のイルミネーション・スポットです。

冬の風物詩として定着しつつあるなばなの里のウィンターイルミ
ネーション。「冬華の競演(とうかのきょうえん)」。

あまりの美しさに圧倒される冬の新しい風物詩を、ぜひご覧になって
みてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

なばなの里のイルミネーションはいつから?

例年10月下旬より翌年の3月末頃まで、「冬華の競演」と題した
ウィンターイルミネーションが開催されます。

中でもその「冬華の競演」を一躍有名にしたイルミネーション、
「光のトンネル」は、2006年に初登場。

白熱電球120万球、LED70万球って言われてもなかなか想像
できないと思いますが、これに関してはやはり百聞は一見に如かず。

光の回廊そのものを歩いてみることをおすすめします。

毎年その年のテーマに添って、それにちなんだ新しいイルミネーション
を楽しむことが出来ます。

ということは、去年見た、という人でもまた今年は新しい輝きを
楽しめるということですね。

とにかくなばなの里はイルミネーション世界1位になった実績が
あります。

周りの施設なども含め、満喫出来るテーマパークであることは
間違いありません。

なばなの里のイルミネーションの混雑具合は?

イルミネーション世界1位の実績を持つ美しいなばなの里。

さすがに冬のイルミネーションの綺麗な季節ともなると
多くのお客さんが遠方からも訪れるようです。

中でも週末の金、土、日、そしてその中でも土曜日が一番
人が多く大変な混雑です。この辺りは長島温泉などをはじめ
周りにも観光スポットが多いため、東海地方の人たちだけで
なく関西や関東からもツアーで来る人が多いようです。

それらの方々も日曜日ではなく土曜日に集中するようですの
で、土曜日は避けた方が良さそうですね。

逆に穴場は日曜日です。
意外と日曜日は早めに人が減ってゆく傾向があるため、例えば
20時以降などの遅めの時間帯であれば狙い目と言えるでしょう。

また、雨の日も良いかもしれません。

雨天であっても同じようにイルミネーションを見ることが出来る
なばなの里は、かえってアスファルトに反射する光を楽しむこと
もできるため、混雑を避けるという意味では良いでしょうね。

なばなの里のイルミネーションを見るおすすめの方法は?

イルミネーションと言えばやはり冬のイメージですね。

しかも、クリスマスなどは最適です。

ということで当然ですが、12月などはなばなの里もかなりの人出
があります。もちろん、年末年始や大型連休などの行楽シーズンも
しかり。

ということで、おすすめの時期は、

11月の前半~中盤、あとは2月、3月くらいは意外に混雑は
少なめです。

うまく活用すれば、スムーズに鑑賞出来るタイミングも
ありそうですね。

まとめ

なばなの里と言えば、東海地方では有名なイルミネーション・
スポットですが、最近ではその名前は全国区となって、かなり
遠方からも来場する人が増えているようです。

これはやはり、そこらのイルミネーションとは一線を画す程の
電球の量とクオリティから来るものです。

まだご覧になってことのない方は、是非一度見てみることを
おすすめします。

本当に綺麗ですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ