汗が臭いけどこれってワキガ?原因と改善方法をご紹介します!

スポンサードリンク

 

汗をたくさんかくと、臭いが不安になることってありますよね。
汗をかいている時もそうですが、汗が引いても服が汗臭い時もあります。
汗の臭いも種類が色々とありますが、これらは何が原因なのでしょうか。
どのようにすれば改善出来るのかも含めてご紹介します。

スポンサードリンク

汗が臭いけどこれってワキガ?

 

汗をたくさんかくことってありますよね。
夏の暑い日や激しい運動をした後など汗をかくのはわかります。
が、そうでない時でも汗をかくことはありますよね。かくいう私もよく脇汗をかいたりします。

 

外国の人は、体臭のある人が多いですよね。しかも、特に本人は気にしてませんよね(笑)。
海外では体臭のある人も多く、割合として日本人の7~8倍の人が体臭のある人、もしくは体臭予備軍と言われています。
つまり、日本人は極めて体臭のある人の数が少ないのです。

 

そういう理由もあってか、海外よりも日本の方が身体の臭いに関して敏感です。
海外のようにほとんどの人に体臭があれば反対に気にならないのかもしれませんが、日本のように少数派だと目立ってしまいがちです。

ワキガとは

普通の汗の臭いなどと違い、少しツンと鼻をつくような臭いのする人がいます。
わきの下から出る汗の中にそういう臭いを出す成分があって、そういう体質の人のことを指します。
あくまでも体質的なもので、決して病気ではありません。
ワキガ、という臭いがあるということであり、汗臭いということとは違います。

ワキガの原因

汗には2種類あって、「アポクリン腺」から分泌されるものと「エクリン腺」から分泌されるものに別れます。
エクリン腺から出る汗の成分はほとんどが水、ごく微量の塩分を含む程度です。
反対にアポクリン腺から出る汗にはさまざまなタンパク質や糖質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸をはじめ、さまざまな脂質も含まれます。この汗が臭いの元、ワキガの原因となります。
ただこのアポクリン腺から出る汗であっても、身体の外にでてくるまでは無臭です。皮膚の上に出てきたあと、エクリン腺から出てきた汗と混じったりその他の脂分と混ざったのち、雑菌によって分解されることでアンモニアや低級脂肪酸などの、ワキガの臭いを出す物質に変わってしまうのです。
そしてこのアポクリン汗腺は、人によって汗腺の量が違います。この汗腺の量が多い人が基本的にはワキガの臭いがする人、となります。
このアポクリン汗腺が多い、つまりワキガの人というのは、ほとんどの場合が遺伝によるものとわかっています。

例えば白人の人は8割、黒人の人はほぼ全員がワキガなんだとか。
日本人は約1割。だからこそ日本人は世界的に見ても臭いに敏感な国です。海外のように体臭と香水を組み合わせてその人の魅力の1部にする、という発想は日本人には考えにくいことですよね。
日本人にワキガが少ないことの理由の一つが、やはり食生活です。肉類中心の食生活を送る欧米人と、野菜や魚などの日本食を食べて来た日本人とではやはり出る汗の質が違います。
ところが近年日本人も食生活が欧米化してきていることにより、もともとワキガ体質であっても特にワキガを発症することなくいられた人たちが、どんどんワキガの臭いを発するようになってしまっています。

汗をたくさんかくから、脇の汗の臭いがキツイから、と言ってワキガとは限りません。
たとえば脇の臭いがヨーグルトのような酸味を帯びた臭いのことがありませんか?
この場合の原因は、汗に含まれる乳酸であることが多いです。

基本的に先程も言いましたが、ワキガの汗はアポクリン腺から出ます。
ただその酸味を帯びた臭いの汗はエクリン腺から出ます。

つまり、ワキガではないということ。

酸っぱい臭いがするからこれはワキガでは?と思う方がいますが、そうではありません。

汗の臭いの原因って何?

ワキガであろうがなかろうが、汗が臭いことにはやはり困ってしまいますよね。
汗そのものが無臭であったとしても、汗に臭いが付く原因はたくさんあります。

 

食生活

これは汗の臭いの原因としては大きいでしょう。やはり日本人の体質には日本食が合っていて、日本食を食べていれば随分汗の臭いからは解放されるのは間違いなさそうです。
やはり食生活の欧米化によって近年は日本食中心の生活をすることが難しくなっていますよね。そしてこれにより汗の臭いが助長される結果になっています。
中でも脂分の多い肉類や揚げ物、スナック菓子や化学調味料のドッサリ入った加工食品、ニンニクやニラなど、本来臭いの強い食べ物などは、汗の臭いの典型的な原因となります。

 

運動不足

汗の臭いが強い人は運動不足の人が多いと言われています。
こういう人は日頃汗をかいておらず、たまに汗をかくことになるために汗の成分がアルカリ性が強くなります。
このアルカリ性の強い汗は、細菌・雑菌がとても喜ぶ汗となり、結果、それらと結びつくことによって臭いの強い汗となるのです。

また、運動不足=筋肉を使用していない ということになります。
そういう人が突然運動をすると筋肉の中に乳酸という疲労物質がたまり、乳酸はアンモニアと結びつきやすいためにアンモニアの臭いを伴った汗となり、臭いの元となってしまいます。

 

汗をかき慣れていない

例えば入浴して湯船に浸かり、毎日きちんと汗をかいていれば汗腺が鍛えられます。
汗腺を鍛えることでサラサラの綺麗な汗がかけるようになります。

もちろん体質も遺伝もあるでしょう。ただ、これらのような生活習慣の原因を改善することで、随分と汗の臭いは解消出来ます。
一度これら汗の臭いの原因になりかねないことがないか、見直してみてはいかがでしょうか。

 

汗の臭いを改善するには?

汗腺を強くする

やはり汗の臭いを改善するには、汗を出すことを特別なことにしないという工夫です。
つまり日常的に汗を出すようにするということ。そして、拭き取るようにするということ。これがセットです。
汗をかくことに慣れることにより、身体の中の汗腺が強くなります。それによって出る汗の質が変わり、サラサラの汗をかきやすくなります。
そういう時にかく汗であれば、基本的に臭いを伴うものとはなりにくいです。

良い汗はミネラル分が少ないため、肌を弱酸性に保ちます。するとその肌には菌が繁殖しにくいため、臭いにくい汗となるのです。
そういう良い汗をかくようにすることが大切です。

汗をかく機会を増やすためにサウナに入ったり運動をすることで、汗腺は強くなり、半身浴などをすることでも良い汗をかける体質になります。

 

衣類に気をつける

汗をかいてとしても、その汗そのものに臭いがあるわけでなく、雑菌などと結びつくことによって臭いが出るのだということはお伝えしました。
そうだとすると、今出ている汗よりも、それを吸い取った衣類に臭いの元がいるのではないかという事です。
もちろんそういう場合もありますので、基本的には汗をかいたら臭いがする前に衣類を代えることで改善出来るのは間違いありません。

衣類の臭いが取れていないな、と感じることがあれば、過炭酸ナトリウム「酸素系漂白剤」などを使用すると強力な臭いも分解出来ます(強いので生地へのダメージはあるかもしれません)。
また、抗菌の衣類、下着などを使用することも臭いの改善に効果的です。

 

制汗剤を使用する

最近の制汗剤は凄い効き目です。汗の臭いを改善するためのものなので当然ですが、驚くほど効果のあるものも少なくありません。

スプレータイプから直塗りのものまでさまざまですが、そのどれもが効果的かつ、長時間効果を持続できるものが多く市販されています。
ただ、私などは肌があまり強くなかったため、湿疹が出来たりするものもありました。
これはそれぞれですが、やはり自分に合ったものを探すことが良いでしょうね。

 

汗の臭いについてのまとめ

汗の臭いの原因とその改善の方法についてまとめましたが、基本的にはここでご紹介したことはすべてやると良いと思います。
つまり、対処療法的なものも必要だし、根本的な生活習慣を変えることも必要だという事です。

汗の臭いって、自分でも結構気になるものですよね。

きちんとした対処をして、臭いを気にせず汗をかけるようになると良いですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ