首こりがめまいの原因?解消するための病院は何科に行くの?

スポンサードリンク

 

肩こりではなく、最近首こりに悩む方が増えています。
肩こりから始まる首こりもありますが、どちらも頭痛になったりめまいをひき起こしたりするので厄介ですよね。
首こりからくるめまいを解消するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

スポンサードリンク

首こりがめまいの原因?

何だか最近めまいがする。
これって結構不安ではありませんか?

くらくらする、とかフラフラする、程度であればまだ良いかもしれませんが、吐き気をもよおしたり、ともすると立ち上がれなくなった利する場合もあります。
そしてそのめまいの原因として考えられるのが、首こりです。

めまいの中でも、首が原因と考えられるめまいのことを「頚性めまい」と言います。
頚部に原因があるから頚性めまいなのですが、いつくかの要因が重なって起こることも指摘されていますので、理由はさまざまです。
とはいえ、あくまでも首が原因であるめまいを頚性めまいと呼んでいます。

めまいを考える上で、首の状態は無視できません。
というのも、めまいを訴える人の80%~90%の人が、首こりも訴えているのです。
実はこれはすごい数値です。というのも、よくめまいの理由として考えやすいと言われている原因のなかに「耳鳴り」や「難聴」などがありますが、これらであってもめまいを訴える人の中での割合は40%ほどです。

こう考えれば、いかに首こりがめまいの原因と考えうるのかということがわかるでしょう。
そして、反対に首こりは誰でにでもあるものではありません。めまいのない方の中での割合は、せいぜい20%ほどです。
めまいの症状の方は本人が自覚していなかったとしても、首周りを検診するとまずほぼ100%の方に首こりがあります。

 

そして、その中でも多くの方は左頚部のこりを持っている方が多く、左頚部というのはリンパ管が流れているため、めまいを起こすのではないかと考えられます。

 

つまり、首こりがめまいの原因として考えられるということです。

 

首こりからくるめまいを解消するには

ほんとにめまいって気持ち悪いんですよね。経験した方ならわかると思いますが、近年は脳疾患なども考えられるし、そうなれば当然生命にも関わります。
原因が首こりとわかれば多少安心するとはいえ、めまいが起きている間はやはり気分の良いものではありません。

まして自分のように健康とは程遠い生活をしている者にとっては、めまいは不安以外の何物でもありません。

というわけで、やはりめまいを解消するには大きな原因とされる首こりを解消することが先決と言えるでしょう。

それにはどうすれば良いのでしょうか。

 

まずは首を温めること

そもそも首こりになるのは、筋肉が緊張して血流が悪くなるからです。
つまり固まってしまった筋肉をほぐしてあげられれば、血流が戻って首こりを解消出来ます。

それにはまずやはり入浴でしょうか。思いのほか首こりに悩む人の中でも入浴をシャワーで済ますという方も少なくありません。
絶対的に首こりに対してはそれでは不十分ですので、きちんと湯船に浸かってゆっくりとこりを解消する時間をつくる必要があるでしょうね。

 

睡眠不足を解消する

とにかくしっかりと睡眠をとることが大切です。
身体も脳も休めることで緊張をほぐす効果は期待できますので、可能であれば6時間以上の睡眠が良いようです。
あと、大切なのは寝具です。
首こりで悩む人の中に、枕が高めの方が多いんだとか。それは頸椎の圧迫につながって、いわゆる筋肉の緊張状態を作り出してしまいます。
ここは実は結構重要なのですが、思っているよりも枕と言うのは低くて問題ないと言われています。

コチラも参考にしてみてください。

 

目の疲れに注意する

仕事に限らずパソコンを使用したり、スマホが手放せない方は多いと思います。
が、目の酷使は眼精疲労に繋がり、やがて視神経を圧迫して頭部の血流を悪くします。
そこから首こりの原因になっているのはよくあることです。

目が疲れたら休む、目と目の周りの筋肉を温めて血流の回復に努めることで随分症状の緩和に繋がります。

 

首をとにかく動かす

首を回すのは効果的です。なるべく大きめに、右から、左から回しましょう。
また、両手を上げて伸びをし、(20秒ほど)その後腕を下して楽にします。
これを3~5回繰り返すことで、首の緊張をほぐすことが出来ます。

 

首こりが原因のめまいで病院に行くときは何科?

首こりがめまいを引き起こすということで、治すべきは首こりですよね。
ただこの場合、何科を検診すればよいのでしょうか。

まずはやはり整形外科が良いでしょう。
ただこれも向き、不向きがありますので、自分に合った病院を根気よく探すことが大切となります。
鍼が効く人もいれば、カイロプラクティックが良い人だっています。
こればかりは行ってみないとわからないので時間がかかるかもしれませんが、少しずつでも良くなるのであれば楽ですよね。
先程お話したように自分で気を付けることで解消できることもありますので、出来ることから始めて行くことと、疲れやこりを溜めないことが大切です。
首こりの原因になるような日常の生活がわかれば、そこにかける時間を短くしたりなるべく多くの休憩を挟むなどして、首の筋肉に負担をかけないよう努めましょう。

 

首こりげ原因のめまいについてのまとめ

結構多くの人が首こりには悩まされていると思います。
そしてそれは、自分では気づいていないということも多いようです。

 

世の中の流れでパソコンやスマホは避けて通れないということもありますが、そこはやはり自分の身体を第一に考えた方が良いですよね。
自分の身体をいたわる時間を作って、首こりの原因になることを少しでも避けることが出来るようにすることが大切ではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ