母の日に義母にあげたくない!あげないことを当たり前に出来る?

スポンサードリンク

 

一年に一度、お母さんに感謝の気持ちを表す母の日。

こう言うと聞こえは良いのですが、

割とこういうイベントって多いですよね。

年間に誕生日だの敬老だの、

バレンタインだの新年だの・・・ってやってると

ぶっちゃけ、イベントって多過ぎません?

 

そんなことから、義母に母の日をあげたくない!

と思っている方も多いんだそうです。

そんな方はどうすれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

今年の母の日は義母にプレゼントをあげたくない!

義母とお嫁さんって、どこまで行っても

関係が微妙です(笑)。

 

言い換えると、どこまで行っても

うまく行かないことの方が多い気がします。

 

だからであってもそうでなくても、

昨今色々とイベントが多過ぎますよね。

 

日本古来のものから海外のものまで、

全部祝っていたら年中イベントです。

そうなると費用もかさむし、大変。

まして毎年やってれば、

いい加減ネタも尽きて来ます。

 

加えて、義母に何かあげると

たいてい可愛くないことを言う、とか、

せっかくあげても使ってもらえない、などなど。

義母に母の日のプレゼントをあげたくない

という気持ちもわかります。

 

もちろん、そうなりたくて

なったわけではないこともわかります。

本当は良い関係を築いて、

感謝の気持ちを伝えあえる関係になることを

誰もが望んでいたはずですよね。

 

ところがどこかでボタンを掛け違えて

うまく行かない、などというのはあなただけでは

ありませんから。安心してくださいね。

 

こっちはあげても向こうは何もしてくれない、とか、

自分の欲しいものが決まっていて催促されるものの、

けっこう高価なものばっかり、とか。

 

気持ちのやり取りがうまく行かない場合と言うのは、

実はかなり多いようです。

 

少なくとも、母の日に義母にあげたくない、

と思っている方は、かなりたくさんいるのは

間違いないということです。

 

 

母の日に義母にプレゼントをあげない、というのはアリ?

ではでは、結局

母の日に義母に何もあげない

というのはアリなんでしょうか。

 

実際には本当にあげない、

ということも少なくありません。

また、前はあげていたけど

あげないことにした、ということも

少なくないようです。

 

あげない、という意思表示で

あえて距離を置くことを望んだりする場合や、

初めに一度あげてしまうと

毎年上げなくてはいけなくなるということを

懸念する方もいます。

関係はあまり悪くないのだけれど

予算的な問題や毎年プレゼントを

考えなければならないということが

おっくうになってしまったので、

あげないようにしたい、という方もいます。

 

これからは母の日にプレゼントをあげない、

ということをきちんと伝えるのも一つです。

「年に一度のお誕生日を盛大にしたいので、

あえて母の日は辞めにしませんか?」

などと伝えることが出来れば、

あげないことにしても

良い関係が築けることでしょう。

 

 

結局は、気持ちを伝えることが出来れば、

いくら義母でも母の日だけで

相手の気持ちを計ったりしません。

日頃の関係や距離感が、義母の方でも

納得いくものであるのなら、

それはそう問題にはならないでしょう。

 

いずれにしても、義母の側の反応に

あまり敏感にならないことです。

何でももらえれば嬉しい、という方もいれば、

これくらいのものを貰わなければ良いとはいえない、

というのは、実は義母でなくても

あてはまるものですよね。

母の日として義母に何もあげない、

というのはアリだと思いますが、

感謝の気持ちくらいは伝えられる日に出来るのは

確かなので、うまく使うことが出来たら

関係は良くなりますよね。

 

 

そもそも母の日に義母にプレゼントをあげるのは当たり前!?

結婚して初めて母の日を迎える方の場合

基本的にここがスタートです。

つまり、今回母の日にプレゼントをあげれば

それが当たり前になり、あげなければ

それが当たり前になります。

はじめにどんな関係を義母と築くのかで、

来年以降も決まってきます。

これから長い間ずっと義母に母の日のたびに

贈り物をしなければならない、と思うのが

嫌であれば当たり前にあげない、

というのも一つです。

 

つまり、今回あげるのかどうかが、

来年からの「当たり前」になります。

 

これまではあげていたけれど、あげなくちゃいけないの?という疑問に駆られ始めた場合

去年まであげていたのだとすれば、

それは上記のように

「初めにあげてしまった」

ということで

「あげるのが当たり前」

にしてしまったことに他なりません。

であるなら、本来は

今年もあげるのがやはり当たり前です。

ただ、これはもちろん

変えることだって可能です。つまり、

「あげないのが当たり前」

にするということですが、

少々気を遣う必要があります。

 

例えばこの一年の間に何かあって

関係が露骨に壊れた、というのであれば

別ですが、何もないのに突然

あげないようにするのは少し一方的かも

しれません。

これからも関係が続くことを考えれば、

何かそれなりの理由は伝えてあげるのが良い

でしょう。

もちろん、建前であっても構いません。

ただ、もうこれからはあげないようにしたい、

という意思表示をした上であげないのは

わかりますが、そうでないのであれば

基本的にプレゼントをあげることが

義母の側にとっての当たり前

なので、何も伝えることなくいきなり

スルーするのは今後の関係上心配ですよね。

きちんとそれなりの理由は伝えることが

大人としてのコミュニケーションの取り方と

言えるかもしれませんね。

 

いずれにせよ、どこまで行っても

母の日とは気持ちを伝えるものです。

日頃感謝の気持ちを伝えられていないなら

この機会に、そうでないなら

そこまで気にする必要はないでしょう。

 

とはいえ、あくまでも相手あってのこと。

イベントを大切にされる義母なら

少しでもあげることを考えた方がよいかも知れません。

反対に、特に気にならない義母ならスムーズでしょう。

 

ただ、結婚しているなら、

お嫁さんにも旦那さんに義母はいます。

どちらかだけ、というのは避けて、

出来れば両方の義母に対して

足並み揃えるのが良いでしょう。

 

母の日のまとめ

 

1年に1度の母の日。

この日をどう捉えて、

どう過ごすかはそれぞれです。

 

でも、そもそもは感謝を伝える、

気持ちを表す日です。

 

せっかくなら、

相手を思いやる一日にしたいものです。

 

色々、それぞれあるのもわかります(笑)。

うちもそうですから。

 

出来るなら、温かく笑顔で終われる一日に

出来たらいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ