母の日のプレゼントで意外性のある、花以外に貰って嬉しいものは?

スポンサードリンク

 

今年も母の日がやって来ます。
そう、今年も、やって来ます。毎年来るのです。
もちろん感謝の気持ちはありますが、長年やっているとそろそろ贈る側も贈られる側もマンネリです。
今年は、いつもに増して心に残るプレゼントを贈ってみませんか?

スポンサードリンク

母の日のプレゼントで意外性のあるものは?

 

母の日のプレゼントには毎年どんなものを贈っていますか?
母の日にプレゼントをあげるようになったのはいつからでしょうか。
そう考えると、もう何年、毎年プレゼントをしているのでしょう。
そろそろネタも尽きて来て、どうしよう・・・って思っている方も多いことでしょう。

 

母の日のプレゼントを考えると、基本的にはコチラのようなものかもしれません。

でも去年も似たようなものだったし、その前の年も・・・なんてことありますよね。
あまり毎年似たようなもので済ませるのも心がこもっていないように思われても困るし・・・。

もちろん、定番はカーネーション。でも、それこそ母の日のプレゼントとして贈ったことがない、なんてことありませんよね。
コチラでもご紹介しましたが、カーネーション以外のお花というのももちろんありでしょう。

 

意外性のあるプレゼントって、どんなものでしょう。

 

特に他の人から見たら意外性のあるものではなかったとしても、贈る自分の母にとって意外性があれば十分ですよね。

本人のキャラからはあまり考えつかないけど貰ったら嬉しい、とか、過去に母の日のプレゼントとして送ったことがない、とか。

ことさらに珍しいものを考えなくとも、去年までの発想にはなかったものであればそれは意外性のあるものです。

あまり考えたことのない視点に立って見てみたり、買ったことのない店で選んでみたりすることで、十分今までにはない意外性のあるプレゼントを探すことは出来るでしょう。

 

母の日のプレゼントで花以外には何がある?

やはり母の日の定番としては、花を一番に思い浮かべる方が多いと思います。
カーネーションを筆頭に、最近ではアレンジフラワーやプリザーブドフラワー、鉢植えなど。
女性であればお花を貰うのは嬉しいことでしょうから、相手によっては毎年母の日にお花をプレゼントしてもらうことを楽しみにしている、というお母さんだっています。
そうなると、頑張って花以外のものを探すこと自体にあまり意味はなくなってしまいますよね。

例えば私の場合、花を贈るなどということは「母の日」というイベント以外では考えられません。
言い換えれば母親に花をプレゼント出来るのは1年に1度と思えば、母の日くらいは花を贈ろう、と思ってしまいますので、反対に花以外を探そうともしないのです。

それでも毎年お花をプレゼントしているという方のために、花以外のプレゼントとして喜んでもらえそうなものをご紹介します。

 

お菓子

実はかなりこちらは喜ばれます。
洋菓子でも和菓子でも良いですが、例えば取り寄せないと買えないものや、有名パティシェのもの、行列を作る話題のお店のお菓子、など。
友人のパティシェに話を聞くと、近年洋菓子店の中でのイベントとして母の日は凄く盛り上がっているらしく、かなり忙しいんだとか。
と考えれば、そういう需要はあるのだということですよね。

花より団子、とはよく言ったもの。
日頃自分ではなかなか手にできないお菓子を贈るのは、喜ばれます。

 

健康グッズ

最近はこちらのジャンルも随分充実していますよね。
健康でいて欲しい、というメッセージにもなるのでおすすめですが、出来ればある程度事前にリサーチし、特に本人が気にしているのはどの部分で、どうなりたいと思っているのかなど聞き出せれば、より喜んでもらいやすくなると思います。
もちろん、日ごろから母親の方もある程度は気に掛けているはずなので、それらの情報をどこから得ているのかがわかれば、そこ以外の所からのものが喜ばれるでしょう。
例えばテレビショッピングなどをよく見ているのであれば、ネットでしか売っていないようなものを贈ると喜ばれるでしょうし、今使っている健康器具よりも簡単で楽に効果が期待できるようなものもたくさんあります。
色々と調べてみることで、少し面白いプレゼントが出来るのもこの分野です。

 

体験型プレゼント

もちろん旅行なども含まれます。予算に余裕のある方なら海外旅行でも良いのでしょうが、意外性がある、などという観点からすると「日帰り弾丸グルメツアー」的なものにも最近では随分工夫を凝らしたものが用意されています。
少しだけ旅行気分を味わえて美味しいものが食べられ、泊りがけの旅行ほど大げさではないという面白さがあります。それに加えて土地の名物などを絡めた一日体験などが出来るものが多く出ていますので、それらも見てみると良いでしょう。

あとは意外におすすめなのは映画やコンサートチケットなど。昔好きだった俳優が出ている作品であったり、習ったことのある楽器のコンサートだったりすると喜んでもらえます。
料理教室や陶芸教室などの体験もおすすめです。ちなみにうちの母はかつて贈ったパン教室への一日体験からはまってしまい、今ではジャムおじさん並みにパンを焼きまくっています(笑)。

 

 

あと、意外に喜ばれるのが「レシピ本」です。
特に有名料理人のレシピとか、海外のパティシェ監修のお菓子の作り方、などは簡単にレシピ本と言っても結構な値段です。
自分ではなかなか手が出ないものだけに、プレゼントとしては良いかもですね。

 

母の日のプレゼントで本当に貰って嬉しいものは?

結局、母の日のプレゼントとして何が良いのかと言うと、「モノ」ということなら今まで贈ってきたことでしょう。
それなりに何度も母の日を過ごしてきて、自分も年齢を重ねて来て、今、実は本当に貰って嬉しいものは何か?と尋ねることが出来たとしたら、やはり「モノ」ではないのではないでしょうか。
あくまでも本来のイベントとしての本質に立ち返るべきでしょう。
そう、伝えるべきはやはり「感謝の気持ち」です。
何よりも貰って嬉しいプレゼントは、形に出来ないものではないでしょうか。

反対に言えば、もうそろそろ「モノ」で気持ちは伝えきれないから、意外性のある、花以外の、貰って嬉しいもの、というものを探していたはず。

シンプルに、気持ちを伝えるためにどうすれば良いのかを一生懸命考える事こそが、本当に良いプレゼントになるのかもしれませんね。

 

母の日のプレゼントのまとめ

1年に1度しかない、母の日。

もちろん感謝を伝えるのなら、1年に何度だって良いはずです。

とは言っても、なかなか普段は難しいですよね。私なんぞはとても恥ずかしくて無理です(笑)。

この日に乗じて、日ごろ伝えきれない感謝の気持ちをどのように込めて伝えることが出来るかを考えてみるのも良いですね。

お互いに、頑張りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ