首を寝違える原因って?頭痛が酷いときの治療はこれに限る!

スポンサードリンク

 

首を寝違える事ってありますよね。
ホントに痛くてうんざりしますが、私の場合一度寝違えると
なぜかしばらく寝違えやすくなるような気がします。

そう、1日じゃ終わらないのです。

どうあれ、あの痛みはどうにかしたいものですよね。

首の寝違えで悩む方に、原因と治療についてお話します。

 

スポンサードリンク

首を寝違える原因は?

寝違えというのは、そもそもどんな状態を言うのでしょう。

首の周りの筋肉の一部が炎症を起こした状態のことです。

寝ている間に無理な姿勢を取ったり、無理な首の動かし方を
することで首の筋肉に負担をかけてしまい、筋違えを起こす
ことによって筋肉痛のようになること、を言います。

不自然な姿勢で長時間寝てしまっていたり、原因はさまざま
です。

たかが寝違え、されど寝違え。

プロ野球選手などが、寝違えで欠場、などと聞いたことが
ありませんか?

軽い症状の寝違えから重い場合まで色々とあるのです。
軽いものなら数時間、違和感を感じるくらいで済みますが、
重ければ、プロスポーツ選手が試合に出られなくなるほど、
ということですね。

 

いずれにせよ、朝起きたら突然首に激痛が走り、痛くて
動かせない、ということは誰でも経験がありますよね。

主な原因としてどんなことがあるのでしょう。

枕が合っていない

私はこれでした。随分高い枕を使っていたんですよね。
ただ不思議なのは、それまでは大丈夫だったのです。
ある時から突然枕が合わなくなりました(笑)。

そこから頻繁に寝違えるようになり、枕を代えることで
治った、ということは枕が原因だったのでしょう。

 

ストレス

身体が緊張状態にあるため、余分な力が入り過ぎてしまい
頑張り過ぎている、ということです。
本来であればリラックスして身体にとって休息の時間と
なるべき睡眠が、本来の機能を果たしていない、という
ことです。

 

姿勢の悪さ

日中PCに向かいっぱなし、またはスマホとにらめっこする
時間が長い人は、寝違えを起こしやすいと言われています。

また、慢性の肩こりやリウマチなどがある場合もそれが
原因となって寝違えを起こすことが多いんだとか。

 

飲酒

お酒を飲むことによって筋力の低下が起こります。
しかも飲み過ぎるとタンパク質の合成が低下しますので、
筋力の低下につながります。

加えて深酒で眠っている人って、たいがい無理な姿勢で
寝ていませんか?

アルコールの力が、眠っている間の姿勢を治そうという
人間の身体の本能を邪魔するために、姿勢に良い睡眠を
しにくくなることがあります。

特に人間は「寝返り」をすることによって体内の血流を
良くしたりしますので、それが無くなることによって
筋肉が硬直しやすくなるため、寝違え状態に繋がります。

 

首の寝違えで頭痛が酷い!

 

私もそうでしたが、寝違えの酷いときは頭痛もします。
それも結構しっかり。割とガンガン痛いです。

肩こりも首こりも、そして寝違えも、
全てもれなく頭痛がセットです(笑)。

そして、その原因も似たようなものです。

つまりは、血行

こりが血流を邪魔するために頭部に血流が悪くなり、
それが原因で頭痛を引き起こすのです。

ここで注意しなくてはいけないことが2つあります。

 

一つ目は、寝違えによる頭痛であると気が付かない場合
があるということ。

これは、偏頭痛持ちの方などに多いのですが、日ごろと
同じように頭痛だから、日ごろと同じような対処法を
していると、治らない場合があるということです。

今回のこの頭痛は首の寝違えによるものだという認識を
しないと、原因を寝違えとして理解することが出来ません。

すると対処も違ってきてしまう場合があるため、
頭痛の原因や頭痛になったタイミングなど、
状況に対して考えることが重要です。

特に寝違えが原因の場合は、首を治さないと頭痛は治りません。

そしてもう一つは、思わぬ大病である可能性もあるということ。

寝違えの首の痛みから来る頭痛と、くも膜下出血による首筋の
痛みは症状がよく似ています。

あまりにも頭痛が酷い場合、また目の奥が痛むような場合などは
必ず病院で検査を受けるようにしましょう。

 

首の寝違えはどう治療する?

やはり首の寝違えは、まず安静にするというのが治療の始まりです。

激痛で首がほぼほぼ動かせない、などという場合など特に、無理に
動かそうなどとするのは逆効果です。

 

まずは安静にし、そしてまずは患部を湿布などで冷やすことです。
炎症を抑える必要がありますのでまずは冷やすことで血流を抑えて、
患部の炎症を抑えます。そして熱や炎症が抑えられてきたら次は
温感湿布などで筋肉を温め、徐々に血流を改善し、治療します。

いずれにしてもなるべく動かさないようにした方が良いでしょう。

 

と言っても、実際はそう簡単じゃありませんよね。
寝違えたからと言って、安静にしていられる方は多くないと思います。

ただ、首の寝違えでありがちな間違いとして、

首への直接マッサージがNG

というのがあります。

 

そこでどのように治療するのが有効なのかということですが、
実は寝違えは脇の内側を通る神経、「腋窩神経(えきかしんけい)
が圧迫される、というのがそもそもの原因なんだとか。
この腋窩神経、首を指せる筋肉に直接繋がっているため、血行不良が
生じることにより首に痛みが出てしまうのです。

 

そこを意識した治療法をご紹介します。

①寝違えて痛む側の腕を伸ばしたまま、少しづつ後ろに引き上げて行き、
自然に止まる所で20秒ほど静止したら、ゆっくり下ろします。

まずはこれを2回繰り返します。

②次も痛む側の手の平で、背中の真ん中を抑えます。そのまま肘を
可能な限り後ろに引いて、止まる所でまた20秒ほど静止します。

これも2回繰り返して下さい。

③痛む側の手をまず身体の横、水平に上げます。その後、肘から上を
120度ほど曲げた状態にし、その角度のままで腕を後ろに引きます。

こちらも20秒。2回繰り返して下さい。

 

これ、相当効きます(笑)。

 

コツは、無理しないこと。可能な限りの可動域で、じんわりと優しく
行って下さい。

 

首の寝違えのまとめ

首の寝違えについてお話しましたが、私の場合は枕が原因でした。

それぞれの生活習慣などによっても異なるかと思いますが、
首なのか肩なのか背中なのかわからなくなるくらい痛めてしまう
方もいらっしゃいます。

なるべく事前に予防出来るようにするのが良いかもしれません。
それにはリラックスした生活を送ることも大事です。

余分な力を入れずに生活出来るよう、工夫出来ると良いですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ