寒中見舞いの時期は年賀状と違う?品物を送ったりする時のマナーとは?

スポンサードリンク

毎年年末ともなると年賀状の準備に忙しい方も多いのでは
ないでしょうか。

なかなか接する機会のない人たちと1年に1回、近況の報告
を兼ねた便りを出すことは、日本の風物詩とも言えます。

ただこの年賀状を出しそびれてしまったり、喪中で年賀状
が出せないなどの理由で過去に寒中見舞いなどを出された
ことのある方は少なくないでしょう。

本日はその寒中見舞いについてのマナーなどお話してみようと
思います。

スポンサードリンク

寒中見舞いを出す時期は年賀状とは違うの?

そもそも寒中見舞いとは、先ほども申し上げたように冬の寒い
季節に相手の体調などを気遣ったり、1年に1度お互いの近況
を報告し合ったりするために送る挨拶状となります。

もともとの意味合いはそういうものですが、喪中で年賀状が
送れないときや、年賀状を出すことが遅れてしまった場合など
寒中見舞いを送ることで挨拶を交わすことが出来ます。

寒中見舞いは年賀状と違って、「寒中」と言われるように小寒
と大寒までの期間を言います。この期間に贈るものとして、
寒中見舞いと言われているのです。

つまり、寒中見舞いは松の内が明けてから大寒の最後の日となる
節分までに送ります。

要するに寒中見舞いを出す時期というのは

1月7日から2月4日まで

ということですね。

寒中見舞いの時期は?年賀状との違いや品物は送る?時期はいつまで?

基本的に、寒中見舞いというのは、「何かの代わり」というもの
でもありません。

つまり年賀状の代わりになるものではありませんので、例えば
寒中見舞いの文面の中に

「旧年中はお世話になりまして・・・」
とか
「本年もどうぞよろしく・・・」

と言うような、年賀状に入れる文章のようなものは書いてはいけ
ません。

同じように、例えばお歳暮の代わりになるようなものでもありま
せんので、品物を送ることもありません。

寒中見舞いの時期とそのマナーとは?

例えば夏の暑中見舞いと同じように、常日頃から相手の体調など
を気遣う便りを出している方であればお分かりかと思いますし、
何よりも本来の扱い方として寒中見舞いを送るのが良いでしょう。

ただ、例えば諸々の事情で年賀状が送れなかったことを伝えるため
に寒中見舞いを送るケースもあるかと思います。

そんなときは、それぞれの事情に沿った形での文面が良いと思われ
ます。

例えば寒中見舞いを送る相手が喪中の場合は、おめでたいとされる
言葉、賀詞などは避けるべきです。

また、年賀状を出すことが遅れてしまった場合で寒中見舞いを送る
ケースなどは、年賀状を出し忘れてしまい・・・などと書くことは
相手に対し失礼にあたりますので、注意が必要です。

また、寒中見舞いを出す際のはがきについては、普通の官製はがき
または一般の私製のはがきを使用することも忘れないでください。

まとめ

最近の寒中見舞いの扱われ方としては、先程も述べたように年賀状
やお歳暮の代わりとして考えられがちです。

もちろんマナーを守って賢く使えばそんな側面があることも事実
ですが、寒中見舞いの本来の目的はあくまでも「寒中」の季節の
「見舞い」となります。

夏の暑中見舞いなどと同じように、相手を気遣うための素晴らしい
便りとなります。

何かの代用としての寒中見舞いではなく、毎年送ることが出来る
くらいのゆとりを持っていたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ