お中元はいつまで送る?やめるタイミングには手紙なども書くべき?

スポンサードリンク

 

 

お中元の季節になると、色々と気になりますよね。

お中元の季節とお歳暮の季節は、百貨店も混みあって、贈り物を物色する人が増えて来ます。

このお中元やお歳暮にももちろんマナーがありますが、今日はそのお中元をいつまで送るのか、やめる場合はどうすれば良いのかをお話します。

スポンサードリンク

お中元はいつまで送るの?

お中元と言えば、お世話になった方に送る、感謝の贈り物です。

1年に1度(お歳暮も送る場合は2度)、気持ちを込めて送る、ご挨拶の付け届けです。

そもそもお中元を送っているということは、何らかのかかわりがあってお世話になったという関係があるのでしょう。

もちろん相手によってはお礼を送ってくれたりお礼状を送ってくれたりで、なかなか日頃は関わりを持てない状況になってしまっていたとしてもこの時だけは日頃の感謝を伝えることが出来ている、という関係ももちろんありますよね。

とは言っても日々の環境や暮らしは変わって行き、月日が経つにつれいろんなことが出て来ます。

 

例えば環境の変化。

結婚をした方もいれば、反対に離婚をした方もいます。

結婚という関係があったから、離婚したから、関わる縁が変わってくる、というのは致し方ないことですよね。

 

転勤や仕事が変わったとき。または相手との関係そのものに変化があったとき。

 

もちろん、長い間続けてきたけど最近はなかなか会う機会もない、という場合。

 

自分がお世話になった方が増えていき、自分の現在の経済力ではすべての人に感謝の気持ちを届けることも出来ないため、どこかで線を引いて今現状お世話になっている方を優先にお中元を送りたい、と思うようになった、など。

 

もちろんこれらも正直な気持ちですよね。

 

ということで、お中元を一度送ることになっているといつまで続けるべきなのか、というのは難しい問題ですよね。
いきなりやめるわけにも行かないし、かと言って他に送りたい人だっているので、いつまでも同じ人間関係で暮らしていることばかりでもないし・・・。

 

では、お中元はいつまで送るのが正解なのでしょうか。

 

これは、いつまで送るのも正しいと言えます。

 

ただ、逆に言えばいつやめても良いということですよね。

 

普通に考えれば、人間生きていれば縁や感謝する相手というのは増えていきますもんね。
ということは、律儀にやっていたら年を取るほどお中元が増え続けます(笑)。

 

さすがにこれは大変。

 

むしろもらう方も、あまりいつまでも送ると恐縮されるかもしれません。

 

1つのポイントとしては、いつまで送るのかというとやはり環境や関係が変わるまで。

もしくは、ある程度何年も続けているのなら、もうそろそろ。。。と考えるのも自然なことです。

気持ちを伝え切れているのなら、いつまででも良いでしょう。

 

お中元をやめるタイミングは?

 

今まで続けてきたけど、そろそろお中元をやめたい、と思っているあなた。

 

ここで大切なことは、こういうことが起こり得るのだという事です。

 

つまり、お中元とかお歳暮、とかの形で送り始めてしまうと、どうしても続ける流れになりやすい、ということ。

反対に言えば、お中元やお歳暮、という送り方はなるべくしない、という方がよいかもしれません。

 

例えば今回お世話になった人、という方に何か送りたい。

時期的にも、お中元シーズン。ここはお中元としてビールを送ろう。

 

もちろん、気持ちはわかります。

ただ、基本的にはお中元を送ればお歳暮も、どうかすると来年もお中元を、というのは相手も含めて考えてしまうものです。

つまり、お中元やお歳暮には、どことなく「継続性」を感じるものだということ。やめることが大変なんです。

とくに年配の方にはこの傾向が強いんですよね。

 

ということは、反対に言えば「今回だけ」の意味合いの贈り物が出来れば、来年はまた来年考える、ということが出来そうですね。

 

例えば何かお世話になった方にお礼の品でも送りたい、と思うなら純粋に「お礼」ののし紙を付ける。
ご縁が出来て、これからも仲良くしたいと思いつつ、まだ距離感がつかめない、というなら「粗品」として贈ってみる。
特に他意を込めることなく、お近づきのしるし、という程度にしたいなら「無地のし」を付けてみる。

 

これらは贈り物に付けるのし紙についての説明ですが、贈り物であるのならそれが何の意味を成すものなのか、ということを伝えることは大切です。
と言う事は、送り方を考えれば、お中元を送る関係にならなくても気持ちを伝えることは出来ます。

 

まずは「お中元を送る相手」としなければ、後々そのお中元についてやめるタイミングを考える必要はなくなりますよね。

 

 

それでは、今現在お中元を送り続けている人のやめるタイミングはいつでしょう。

 

結論から言えば、いつやめるのもタイミングとしては間違っていません。

 

出来れば、環境の変化に合わせると自然です。

 

転勤、転職などに合わせてやめるのは相手側も理解しやすいですし、むしろ望んでいるかもしれません。
今までずっとお中元を送りつづけたことに対して相手もやめるタイミングを模索していた・・・ってこともあるかもしれませんよね。

 

特にこちらからお中元を送ることによって相手もお中元を送ることが決まり事のようになってしまっていたりすると、お中元そのものが相手にとっても負担、ということはありえます。

 

何年も送り合ってきたのなら、もう良いでしょう。

 

ただ、お中元以外の、他でのつながりはむしろ大切にしましょうね。

 

そもそもは気持ちで繋がっていた間柄のはず。

この節目で縁遠くなってしまうことが避けたい、ということであれば、より一層の関係構築は大切です。

 

お中元をやめる時は手紙が必要?

 

これについては、環境の変化などによる節目の時期であるということが相手の側にも伝わっているのであれば、特に手紙などは必要ないでしょう。

 

例えば相手が仕事の関係の場合、上司などに今までお中元を送っていたんだけど、関係が変わったのでやめる、ということは実はどこにでもあることです。

 

あまり気にする必要もないですし、そこまで相手も気にしていませんので特に問題ありません。

 

例えば親戚などの身内の場合はどうでしょうか。

 

こちらも、それこそ気にする必要はないでしょう。

 

近年、親戚にお中元やお歳暮を送る習慣は減って来ているとのことですが、こちらの経済状況によって贈れなくなる、とか子供の学費にお金がかかる、などの事情であればむしろ理解してもらえないはずがありません。
反対に言うと、そういうことがわからない親戚とは付き合わない方が無難です(笑)。

 

親戚であるのであれば、そこだけで繋がる必要もない間柄のはず。そこは理解してもらいましょう。
なかにはわからず屋もいますので、そういう方にはきちんと説明をしてあげても良いでしょう。お中元をやめることが言いにくければ、それこそ手紙でも構いません。

 

そしてこちらも近年あまりないかと思いますが、結婚式の仲人を務めてくれた方に対して。

 

昔はそれこそずーっと長い間お中元とお歳暮は送る方が多かったのは事実です。

 

私も結婚のときのマニュアル本にそんなことが書いてあった気がします(笑)。

 

ただそれこそ何年も送り続けていれば、もう良いでしょう。

 

今現在も近い関係で毎日お世話になっている、というのであれば続けても良いでしょうし、それでもやめたいのなら話せばわかってくれます。手紙などを書いて大事にするよりは、少し軽めに今の状況の説明などが出来ればわかって頂けるはず。

 

ということで、基本的には今回からバッサリやめる、という選択肢も別に良いでしょう。手紙も送らない、というのもいけない訳ではありません。

 

ただ、普通何のことわりもなくいきなりやめれば心配しますよね。いろんな意味で。

 

もちろん今までお中元を送る相手なのであれば、それなりの関係があったからこそです。
杓子定規にどうするか、というよりも相手との関係によってどうすれば一番こちらの状況と気持ちが伝わるだろうか、ということを基準に考えましょう。

 

いきなりやめるのではなく、徐々にやめるというのも一つです。

 

・お中元をやめて、お歳暮は送る。

これはやはり年末のお歳暮に重きを置く人が多く、予算もそちらの方が大きいとしている方が多いことからなのですが、まずはお歳暮だけにして、その後お歳暮もやめるというやり方もあります。

 

・お中元という形をやめ、今回はもう少し後に暑中見舞いで送る。それを最後に、お歳暮からは無し。

お中元とお歳暮、という形式通りのようなルーティーンから外れることにより、相手の側に意思表示できるのでおすすめです。暑中見舞いは今までのようなお中元よりも価格的に少し下げたものを送り、ここから減らして行く意思を示していきます。

 

いずれにせよ、あくまでもお中元を送ってきた間柄です。

そこには感謝があり、気持ちのやりとりがあったはず。

お中元をやめるということが伝えたいという状況の流れの中で、うまくそこが伝えられないのであれば手紙を書くことも一つです。

 

が、それなりの間柄であるならなおの事、直接話してみるのも良いかもしれません。

 

状況が変わって、関係が変わって、経済状況などが変わっても、気持ちは変わりませんよ、と伝えることが出来るのは、やはり直接が良いのではないかと思います。

 

しっかりと伝わると良いですね。

 

お中元をやめるときのまとめ

あくまでも「お中元をやめる」のであって、関係が終わるわけでも感謝がなくなるわけでもないはずです。

 

今までと同じように、大切な人でいてもらえるための努力をすることで、お中元をやめることなどたいしたことにはなりません。

 

気持ちの伝わる関係を作る努力は、変わらずして行ってくださいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ