バーベキューの料理で簡単なおすすめのレシピはどんなものがあるの?

スポンサードリンク

 

バーベキューと言えば、肉を焼いて、魚を焼いて、野菜を焼く。

こういうパターンが多いことでしょう。

私も色々やりましたが、結局のところ一周回って変に手の込んだ料理よりも簡単でシンプルなバーベキューが一番と思っています。

 

とはいえ、たまには皆を驚かせたい。感謝してもらいたい(笑)。

 

そんな方に向けて、バーベキューの料理で出てきたら間違いなく羨望の眼差しで見られるおすすめのレシピをご紹介します。

 

スポンサードリンク

バーベキューの料理で簡単なのにみんなに驚かれるものは?

バーベキューと言って一般的に思い浮かべるのは、炭をおこして網を載せて、その上に食材を置いて焼いて食べる、というもの。

もちろん、そういうことですし、それを美味しく出来たら最高です。

ただ、それだと普通です(笑)。

出来ればワンランク上のバーベキューをしたいというあなたに、簡単だけどあまりやらない、それでいて美味しい料理をご紹介します。

 

アヒージョ

これは本当におすすめです。これだけ簡単で美味しいものって少ないですよね。
近年はバル流行りですので、そちらで食べる方も多いでしょう。いわゆるスペインの小皿料理ですね。

 

 

しかも、通常のバーベキューに一品足すように、網の端に置いておけば良いでしょう。
本場のものは「カスエラ」と呼ばれる土鍋のような器に入れることが多いですが、もちろんそれでも良いでしょう。ホームセンターなどに行けば意外に安く手に入ります。
気分を盛り上げたいなら用意するのもよし、アウトドア風にするなら陶器の器やグラタン皿、100均などでも売っているアルミ皿やアルミホイルでも出来ます。

 

①器にカットしたにんにく(みじん切りでも良い)、赤唐辛子を1本入れる。
②とにかくたっぷりとオリーブオイルを入れて、弱火でじっくりと煮立たせます。
③オイルがグツグツいって来たら具材を入れて、火が通ったらOKです。

 

この場合の「具材」が決め手です。

マッシュルームやジャガイモなど一般的でそれも美味しいですが、おすすめはやっぱりエビ。その他、入れて絶品の具剤はタコ、トマト、ホタテ、牡蠣、ベーコンなど。アサリもイケます。サバの缶詰だってイケます。私が最も美味しかったのは「しらす」でした。

 

最後にクレイジーソルトや、あればバジルなどで味を整えて完成です。

 

食べ終わったら、継ぎ足し継ぎ足しでオリーブオイルと別の具材を入れれば、いつまでも食べられます。

 

そして〆はバケット。

 

いろんな具材の出汁が出たオリーブオイルは絶品。バケットをオリーブオイルに浸して食べれば、バケットもビールも止まりませんよ。

 

 

バターコーン

こちらも超簡単です。

 

コーンの缶詰の蓋を開け、中の汁を出します。

 

クレイジーソルトとブラックペッパーをを少々ふりかけ、よく混ぜます。

 

バターを一切れコーンに乗せて、網の上に缶ごと置くだけ。

 

しばらくすれば、バターコーンの出来上がりです。

 

 

バーベキュー料理でこれが簡単でおすすめ!

バーベキュー料理も色々とありますが、お手軽で簡単なおすすめをご紹介します。

 

それは「チーズフォンデュ」

 

食べたことがある方は多いでしょう。ただチーズフォンデュって、室内でやるとチーズの匂いが充満してそれだけでお腹いっぱいになりませんか?

 

屋外でやると美味しく食べられる料理の代表格だと思うのですが、せっかくなのでチーズの中でもより濃厚なカマンベールチーズを使用します。

 

出来たらカマンベールチーズをまるごと使用したいところ。

 

作り方は、チーズの上部をくり抜いてアルミホイルに乗せ、バーベキューの網の上に置くだけです。

 

少し溶けてきたらブラックペッパーやクレイジーソルトなどかけると良いでしょう。

 

あとはお好みの野菜や魚介、バケットなどをチーズに付けて食べて下さい。女子ウケは抜群です(笑)。

 

これは同じ理屈で、「オイルフォンデュ」にも応用できます。

 

少し深めの器にオリーブオイルをたっぷりと入れて高温にしたら、串に刺した具材を入れて揚げるいわゆる「素揚げ」です。
これはシンプルで簡単ですが、衣など何も付けない、揚げたてを塩などでさっぱりと頂くと、これまた絶品です。

 

チーズフォンデュは経験あるけどオイルフォンデュは知らない、って方は多いので、是非試してみて下さいね。

 

誰にでも出来るバーベキュー料理のレシピとは!

自然の中で、青空の下で、太陽の元で。

仲間がいて、酒があったりすればもうそれで満足って方は多いものです。

そもそもそれがバーベキューの醍醐味ですもんね。料理はまあ、焼いて食べられればよし、と。

それでも誰にでも出来て、美味しいバーベキュー料理のレシピがあったらどうでしょう。試してみたいと思いませんか?

簡単であることが大切ですが、どんなものがあるのでしょう。

 

 

しいたけ

へ?って思った方も多いでしょう。

 

そうです。そのしいたけなのですが、基本的にしいたけは「カサ」と「石付き」と呼ばれる部分から出来ているのはご存知でしたか?
カサの部分と軸の部分を指しますが、バーベキューとなるとあの「石付き」の部分を落として焼く人が多いです。

 

実は美味しい食べ方があります。

それは、石付きを切らずにそのまま、しいたけをカサの上からさかさまにしてバーベキューの網に置いてみて下さい。
しばらく置いておくと、カサの内側からだんだん水分が出て来ます。
そうなったら塩を少しふりかけて、その水分をこぼさないように丸ごと頂きます。

石付きの先の方(下の方)になると少し硬いかもしれませんので、そこ以外であれば本当に美味しいです。

これは食べ方だけの問題ですね。同じようにピーマンなども丸ごと焼いて食べたらジューシーですよ。

種の部分なんて最高です(笑)。

是非お試し下さい。

 

鉄板ステーキ

せっかくですからステーキも食べましょうよ、って時に。

特に高い肉である必要はありません。ステーキであれば良いでしょう。

そのステーキ肉と、果汁100%のパイナップルジュースを用意します。

ジップロックに肉を入れ、パイナップルジュースをドクドクと入れます。

しばらく漬込んだら完成。あとは先に塩コショウをしてから、焼いて食べて下さい。

コツは、漬け込み過ぎないこと。一時間もやれば十分です。

やわらかくてジューシーなステーキの完成です。

 

 

フレンチチキン

こちらもステーキと同じく、全然安いチキンで構いません。

これまたジップロックに入れて、今度はフレンチドレッシングをドボドボと入れます。

そしてこちらは少し漬け込んだ方が良いでしょう。出来たら前日から漬け込めれば最高です。

あとは取り出して焼いて食べます。仕上げにバジルやハーブなどで味付けしても美味しいですよ。

 

 

 

バケットや焼きおにぎりも美味しいですよ

これらは甘く見がちですが、炭火で焼くということが普段とは違うのです。

バケットなんて、感動するくらい美味しいですよ。

あと、実はハンペンやちくわってバーベキューで食べたことありますか?

こちらも普段食べているものとは別物に仕上がるので、是非。

 

 

バーベキューの料理のまとめ

バーベキューでの料理は、やはりその雰囲気が最高ですよね。

普段の料理も外でみんなで食べれば違ったものになります。

とにかく手をかけずに簡単で美味しいバーベキュー料理をご紹介しました。

是非試してみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ