結婚式の招待状の返信マナーと返信はがきのメッセージはどうする?

スポンサードリンク

 

結婚式の招待状には、いろいろな約束事があります。

もちろんこれは招待する側にも、招待される側にも。

招待する側は、当然自分たちが当事者ですからマナーについても研究しますよね。

ただ招待される側はどうでしょうか。

既に結婚している人であれば経験済みですから、それらのマナーについても熟知していることでしょう。

結婚式に初めて招待される方はもちろんのこと、今まで割とカジュアルなパーティばかりをされて来た方などは
なかなか結婚式の招待状に真剣に向き合うこともなかったのではないでしょうか。

そんな結婚式の招待状についてのあれこれをまとめてみました。

スポンサードリンク

結婚式の招待状、その返信のマナーについて

まずは結婚式の招待状の返信について、準備段階からです。

基本的なマナーとして、黒のボールペンでしっかりと書く事。

例えばカラーのペンを使うこと、中でもグレーはNGです。
あと、筆ペンなどもわかりにくい文字になりますので仮に少々自信があっても避けましょう。

そして、招待状には通常、

「お祝いごとには終止符を打たない」

との理由から、句読点を使用しません。

ただ返信はがきのお祝いのメッセージでは特に使用しても問題はありません。ただ、あえて句読点を使用しないようにすると、「お!わかってるな!」と一目置かれるかもしれません。

あとは当然のことながら、忌み言葉を使わないということ。

演技の悪い言葉や、夫婦の別離、再婚などを連想する言葉を避けるようにしましょう。

ここには神経を使う必要があります。

 

結婚式の招待状、返信はがきの書き方

結婚式の招待状の返信はがきの書き方です。まずは表面。

相手の宛先の下に「行き」とか「宛」などと書かれているかと思いますが、それらを斜め二重線で消し、左側に「様」と書くようにします。

裏面の書き方は、まず出席または欠席に丸をつけます。

丸を付けなかった側は二重線で消します。出席の文字の上にある「御」の文字も同じように二重線で消して下さい。

出席の場合は、出席のうえに「慶んで」、下に「させていただきます」と加えるとなお良いですね。

あとは、結婚をお祝いするメッセージを一言添えるようにしましょう。

そして自分の名前、住所を書く欄があるかと思います。
そこには「御芳名」とあったり「御住所」と書いてあるかと思います。

その「御」「お」をこちらも二重線で消したらOKです。

当然ですが、すべての字は綺麗に、楷書で書きましょう。

 

結婚式の招待状、お祝いのメッセージは?

結婚式の招待状の返信の時に書く、お祝いのメッセージについては、やはりシンプルなものが喜ばれます。

紙面が大きく、たくさん書けるからと言って長々と書くのは失礼に当たります。

完結に、気持ちを込めて書くようにしましょう。

たとえば、例文としてこんなのはいかがでしょうか。

 

*************************

ご結婚おめでとうございます
ご招待ありがとうございます
当日幸せいっぱいのふたりにお会いできるのを楽しみに
しております

*************************

結婚おめでとう!
喜んで出席させていただきます。
○○ちゃんのウェディングドレス姿が本当に楽しみです!

*************************

ご結婚おめでとうございます
お招きありがとうございます
素敵な旦那さんを楽しみにしてます

*************************

相手との距離や関係性を考え、また新郎、新婦のどちらが知り合いなのか、にもよって変わりますが、あくまでも
お祝いの気持ちを目一杯込めて書きましょう。

 

まとめ

結婚式の招待状は、いろいろなマナーがあります。

とは言っても、基本的には結婚を祝う気持ちがあればそれをどのように伝えるか、ということに尽きますので
最低限のマナーを押さえたら、あとは祝福の気持ちで書き上げれば、必ずその気持ちは伝わるでしょう。

とにかく丁寧に書く事を忘れずに!!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ