BBQ本場アメリカのレシピは?おすすめのソースやグリルもご紹介!

スポンサードリンク

 

 

 

BBQ(バーベキュー)の本場はアメリカというイメージですよね。

 

実際アメリカでのBBQは日本のものとは少々異なります。
アメリカで人気のレシピや、いわゆる「バーベキューソース」についてご紹介しますので、たまには少し変わったBBQを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

BBQ本場アメリカのレシピは?

 

BBQと言えばアメリカ。伝統的にアメリカではどこの家庭でもBBQを楽しむイメージですよね。

 

映画やドラマなどで映るアメリカの家の庭には、必ずと言っていいほどBBQ用のグリルがあります。
パーティーを庭で開催して、そのメインがBBQ、などというシーンもよく目にしませんか?

 

それくらい、アメリカの中でのBBQとは、一家団欒の象徴だったりするんですよね。
父親が仕切って家族にふるまうというスタイルのBBQがアメリカ文化の象徴とも言えるかもしれませんね。

 

例えば日本のBBQは、皆で焼きながらつついて食べる、というのがスタイルですよね。

 

ところがアメリカのBBQでは一味違います。

 

先ほども言ったように、アメリカのBBQは一家の父親が主役。
BBQを取り仕切ってすべての素材を焼き、全部焼き上げてから盛り付けていただく、というものです。

 

こんなことを屋外でやってたら冷めてしまいそうですが、アメリカではこちらがスタンダードのようですね。

 

しかもどちらか言うと日本のBBQは高音で一気に焼いて、焼きあがったらさっさと食べるというイメージですが、アメリカのBBQでは低温でじっくり時間をかけて焼き上げるイメージです。

 

そしてアメリカのBBQの中心になる食材といえば、やはり「肉」。そこで、肉を堪能できるアメリカの代表的BBQレシピをご紹介します。

 

その名もベーコン・エクスプロージョンです。

 

凄いですこのタイトル(笑)。ベーコン爆発ですよw

 

 

凄まじいでしょ?(笑)

 

これがアメリカですw

 

 

BBQソースをアメリカ風で!

 

さすがにベーコン・エクスプロージョンまでは・・・と思う方も多いでしょう。

 

アメリカのBBQを楽しみたい!と思ったときに、、そのバーベキューソースをどうするかというのは重要ですよね。

 

ってか、他をどれだけアメリカンにしても焼肉のタレを使っていてはアメリカンBBQとは言えません。

 

それくらい重要なのがBBQソースです。

 

まずは定番のさっぱりオニオンソース

<レシピ>

タマネギ(すりおろしたもの) 大さじ 5杯
酢              大さじ 2杯
酒              大さじ 1杯
みりん            大さじ 1杯
醤油             大さじ 3杯

 

 

これだけ。

 

全部入れてひと煮立ちすれば完成です。少し味が濃いと思うときは醤油の量で調節すると良いでしょう。

 

これは相当万能です。肉も野菜もこれだけでイケます。

 

個人的には最もオススメの、アメリカらしいBBQソースです。

 

 

アメリカにどっぷり浸かりたい方のアメリカンソース

<レシピ>

タマネギ        1個
にんにく        2片
ケチャップ      60cc
水         120cc
バター      大さじ 1杯
ウスターソース  大さじ 3杯
とんかつソース  大さじ 2杯
黒砂糖         30g

 

タマネギとりんにくをすりおろして弱火でバターで炒めます。
その後すべての材料を入れてよく混ぜ、蓋をして15分から20分ほど弱火で煮て下さい。
たまにかき混ぜると焦げ付かずに美味しく仕上がります。

 

先ほどのオニオンソースよりもこってり。
私個人的には、昔こんなソースでステーキを食べたような・・・。

 

どことなく懐かしい、肉の旨みを引き出してくれるようないかにもアメリカンなBBQソースで、ハンバーガーなどに使ってもよく合うBBQソースです。

 

 

子どもたちにもおすすめのはちみつレモンBBQソース

<レシピ>

タマネギ(すりおろしたもの) 大さじ 3杯
レモン汁           大さじ 2杯
はちみつ           大さじ 2杯
ウスターソース        大さじ 3杯
おろしにんにく        小さじ 1/2
塩              少々

 

全部混ぜてください(笑)。以上。

 

これはさっぱりで良いですね。レモンの皮などすりおろして入れるとよく合います。

 

BBQに最適なエビのおすすめレシピはこちら

 

アメリカのBBQグリルで人気なのは?

 

アメリカのBBQの特徴と言えば、日本と違い、「焼く」だけではないことです。

 

スモークもします。ローストなんかもします。

 

よくあるアメリカのBBQグリルって、そのあたりを考えられたデザインなんですよね。だから日本のBBQグリルなんかと形が違うんです。

 

やはりおすすめはアメリカでも絶対的定番と言えるWEBER

 

スモーキージョーというグリルです。蓋付き円形タイプのBBQグリル。

 

「ゴールド」と「シルバー」の2種類がありますが、
ゴールドは受け皿なしのリッドロック付きです。
シルバーはリッドロックなしですが受け皿があります。

 

ま、使いやすいのはシルバーかと思います。

 

焚き火も燻製も出来ます。そして、「蓋付き」というのがミソ。
日本製のBBQグリルとは違って肉をジューシーに焼く、というのは得意分野です。

 

 

 

Weber(ウェーバー) バーベキューコンロ・焚火台 Smokey Joe Silver (並行輸入品)

新品価格
¥7,200から
(2017/3/8 11:30時点)

見ているだけでワクワクしてきますよね!

いかにも”らしい”でしょ?

丈夫だし、なにより佇まいが◎。

 

アメリカ風BBQのまとめ

 

ちょっとした工夫で出来るワンランク上のBBQ。

 

それがアメリカ風BBQじゃないでしょうか。何となく「バーベキュー」と言うよりも「BBQ」という感じです(笑)。

 

少しだけこだわって、オシャレなBBQにしてみませんか?

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ