お中元の時期やマナーは?贈る時期が過ぎたらどうすれば良い?

スポンサードリンク

 

お世話になっている方に贈る、お中元。

 

そのお中元ですが、そもそも贈る時期はいつ頃なんでしょうか。
また、うっかりその時期を過ぎてしまった場合などはどうすれば良いのでしょう。

 

お中元の贈る時期やマナーなどをご紹介します。

スポンサードリンク

お中元の時期やマナーは?

 

お中元とは、そもそも日頃お世話になっている方に贈る、感謝の気持ちを表すものです。

 

ところでどうして「お中元」って言うか知っていますか?
これはそもそも中国の「道教」の教えによるもので、道教の三元と呼ばれる行事の一つです。
道教には三元(上元、中元、下元)というのがあり、その時期に合わせた行事を行うのですが、

 

上元…  旧暦の 1/15
中元…  旧暦の 7/15
下元…  旧暦の 10/15

 

を指します。

 

もともと日本でなじみの深い仏教でも、この中元の時期には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)という行事がありました。

 

盂蘭盆会とは先祖供養などを行う行事でしたが、時期が道教でいう中元と重なるという事もあって一つの行事として定着して行ったようです。

そもそもは先祖を敬っていた行事でしたが、お世話になった方への感謝の気持ちを表すものに徐々に変化して行ったということです。

 

という、ルーツをたどればなかなかきちんとした行事であったことがわかりますよね。
なので基本的にはきちんと風呂敷に包んで持参し、会ってお渡しするのが本当のお中元のマナーです。

 

ただもちろん遠方であったり時間の都合が合わない、などということもありますので、配送で送ることも珍しくなく、また失礼にも当たりません。

 

もし持参出来るのであれば直接お持ちするのが良いでしょう。
その場合は必ず電話で事前に連絡を入れて相手の都合を確認し、出来れば午前中か昼過ぎの時間帯に。当然ですが、食事どきは避けるのがマナーとなります。

 

紙袋などでなく、風呂敷に包んで持って行って、お渡しする際には必ず相手側にのし紙が読めるよう向きを合わせてて渡すようにしましょう。

 

お中元を贈る時期って決まってるの?

 

そもそもお中元とは、いつ頃の時期に贈るものなのでしょう。

 

基本的には7月上旬~15日頃までとされています。とは言っても、近年は随分早い時期からお中元を贈る人が増えているようです。
これは百貨店などでのセールや売り込み時期が6月中旬頃から始まることに由来するものかと思いますが、遅いよりは早い方が・・・と思うからも増えているんでしょうね。とにかく、最近は随分早いです。

 

もともと関西では少し時期としては遅めです。遅いと言うより長い、という方が正しいでしょうか。
7月上旬~8月15日までがお中元の時期になっています。

 

ただこれはやはり地方の慣習になってしまいますので、無難なのは全国的なお中元の時期、というところに合わせた方が良いでしょうね。

 

と、いう事で関東地方などに合わせた7月上旬~15日ころまでに贈るのが良いでしょう。

 

また、よく「喪中のときなどはどうすれば良いの?」という方がみえますが、基本的には喪中であることは特にお中元を贈ることと関係ありません。
時期として初七日もまだ終わっていない、とか法要の日、などを避ければ特に問題ないでしょう。

 

あくまでもお中元とは「日頃の感謝」を表すために贈るものです。

 

お中元として贈るべき時期であればいつでも構いませんので、きちんと忘れずに贈るようにしましょうね。

 

お中元を贈る時期が過ぎたらどうする?

と言っても、意外にお中元の時期というのも短く、あっという間に過ぎて行ってしまいます。

 

先程も言いましたが関東地方であれば7月最初の2週間程です。しかもこの時期、例えば百貨店などで注文してもあまりギリギリになると15日までに先方に着かない、という事態が発生したりします。

 

「関西ではまだOK」などと言う言い訳が通用するばかりとも思えませんし、相手はそもそも日頃お世話になっている方だとすれば、当然ですがマナー違反などの失礼は避けたいですよね。

 

あと、思いもかけず誰かからお中元をもらい、お返しをしたいと思ったのだけど時期的に間に合わない、ということもあります。

 

では、お中元を贈る時期が過ぎたらどのように日頃の感謝を伝えれば良いのでしょう。

 

こういう場合は、のし紙の表書きを変更します。

 

お中元とするところを、暑中御見舞とするのです。

 

これは先ほどのように相手が喪中などの場合でも使えます。つまり、時期が過ぎたらどんな場合であっても暑中御見舞で問題ありません。

 

急に頂いたお中元に対するお返しの場合でも同様です。

 

そもそも基本的に、お中元というのはお返しは必要ありません。特に贈らなくてもOKです。

 

これが基本的マナーではありますが、そうは言っても関係上、お返しをしなくてはならない、という場合もあるでしょう。

 

そんな時もそうですが、お中元の時期が過ぎたらどれもすべてのし紙を「暑中御見舞」としましょう。

 

そしてその暑中御見舞ですが、これは立秋(8/7前後)までと決まっていますので、さすがにここまでには贈るようにしましょう(笑)。

 

それでも、それでもまたその時期が過ぎたら。過ぎてしまったら。

 

まずは反省しましょう(笑)。

 

そして、9月上旬までであれば「残暑御見舞」として贈ることが出来ます。

 

これを過ぎたら・・・もはやつけるクスリはありませんので、お忘れなく(笑)。

 

お中元の時期のまとめ

日頃感謝する相手に贈るお中元。その時期は短く、何かと忙しい時期だったりします。

 

それでも忘れるわけには行かない、という思いから、近年はどんどん早くなっているのでしょうね。

 

でもそれなら早く贈っても失礼にはならないわけですので、忘れるくらいなら贈りたいですよね。

 

なるべく早めに準備しておきましょうね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ