七夕の意味を子どもでもわかるくらい簡単に言うと?短冊や飾りは?

スポンサードリンク

 

7月7日は七夕です。

大人になるとあまり意識するようなイベントではなくなる気がしますが、子どもの頃、それも幼稚園くらいの頃には一大イベントだった気がします。
幼稚園で一大イベントとなれば、幼稚園児を持つ親御さんにしてみれば一大イベントなのかもしれませんね。

 

無邪気な幼稚園児に七夕の意味を聞かれても答えられるように、七夕について予習しておきましょう(笑)。

スポンサードリンク

七夕の意味を子どもでもわかるくらい簡単に言うと?

 

七夕(たなばた)というのは、1年に5つある、日本の節句の一つです。

1月7日 人日(じんじつ)  …七草の節句
3月3日 上巳(じょうみ)  …桃の節句
5月5日 端午(たんご)   …菖蒲の節句
7月7日 七夕(しちせき)  …竹(笹)の節句
9月9日 重陽(ちょうよう) …菊の節句

 

これらは季節の節目などを祝う行事として行われていますよね。

 

たださすがに七夕の意味として、子どもでもわかるくらい簡単に言ったとは言えません(笑)。

 

七夕の意味として最もわかりやすく簡単なものが、織姫と彦星のお話です。

 

神様の娘として生まれた織姫は、機織りがとても上手でとにかくよく働く、しっかり者でした。
その織姫はある日、神様に導かれて牛飼いの青年・彦星と出会います。
引き合わされた二人はお互いの勤勉さに惹かれてすぐに恋に落ちました。

 

やがて二人は結婚します。

 

ところが結婚してからというもの、夫婦生活を優先し真面目に働いていた昔が嘘のようになってしまったのです。

これには神様が怒ってしまい、二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。

二人は途方に暮れ、幾日も泣き続けました。

それを見た神様が、元のように一生懸命働けば1年に1度だけ会うことが許されたのです。

二人はそれからというもの、改心して一生懸命元のように働くようになりました。

 

そしてその会うことが許された日こそが7月7日、七夕の夜ですね。

 

そもそもこれは中国から来た伝説です。これと日本の節句が合わさって今に伝わるのが、現在の日本の七夕です。

 

七夕に短冊を書く意味は?

 

七夕となると短冊に願いを書いたりしますよね。

 

もともとこれは、中国の昔の女性が織姫にあやかって機織りが上達しますようにという願いごとをしたことから始まると言われています。

 

これは乞巧奠(きこうでん)と呼ばれる、7月7日に行われていた中国古来の行事になるのですが、そこでは機織りや裁縫の上達を願い、女性たちが庭で針に5色の糸を通し、酒肴を祭壇に供えて祝ったというものです。

 

このことが日本に伝わってからは、日本でも和歌や習字などの芸事の上達を祈願し、願い事を短冊に書くようになりました。

 

それが今では意味合いも広くなって、どんな願い事も書くようになった、というのが流れです。

 

それを短冊に書いて竹に飾る、というのはどんな意味があるのでしょうか。

 

笹というのは日本では縁起物です。昔から悪いものを寄せ付けない神聖なものと捉えられています。

 

そもそも竹というのは中が空洞なのはご存知ですよね。

 

その空洞には神が宿るという風に考えられていたこともあるくらい、竹は神聖に思われていました。

 

なので願い事を飾るにふさわしい、という意味だったんですね。

 

そして竹というのがグングン伸びます。その竹に願い事を書いた短冊を吊るすことにより、早く神様に見つけてもらえるように、との気持ちも込めていたそうです。

 

ちなみに、昔は短冊ではなく、梶の葉に願い事を書いていたんだそうです。

 

サトイモの葉にたまった夜露を「天の川のしずく」として、それを墨で溶かして願い事を書いていたんだとか。

 

なかなか素敵なお話だと思いませんか?

 

七夕飾りの意味って?

 

七夕に竹笹に飾る七夕飾りは、何も短冊だけではありません。

 

他にもいろんなものを飾りますよね。そして、それらは、やはりすべてに意味があります。

 

折り鶴は、家族の健康と長寿を願うものです。
神衣(かみこ)と呼ばれる着物の形をした飾りは、かつて神様にささげた衣を現し、裁縫や機織りの上達を願うものです。
巾着は、金運や商売繁盛を願うもの。
吹流しは、五色の織り糸を模したもので、織姫のように機織りが上手になりますように、という意味。
屑籠は、ものを粗末にせず、整理整頓出来ますように、というもの。
投網は、豊漁を願ったとされています。

 

それにしても昔から伝わる行事に出てくるものには必ず、きちんとした意味がありますよね。

 

七夕だけでなく、一年の行事に関わる飾りはその由来を調べてみると、それなりの意味が必ずあって面白いかもしれませんね。

 

七夕の意味のまとめ

 

七夕という行事は、大人になるとあまり意味を感じたり、考えたりすることはなくなって来ますよね。

 

それは祝日なわけでもなく、それらしいイベントがあるわけでもないからかもしれません。

 

ただ、七夕にはここでお話したような壮大なストーリーがあります。

 

1年に1度くらい、その七夕の意味に思いを馳せてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ