冷房と除湿の違いは?電気代を比較して高いのはどっち?

スポンサードリンク

 

梅雨時になって湿気も多くなると、蒸し暑い日が増えて来ます。
この時期以降、夏場になってもそうですが、日本の夏を過ごすのにエアコンの設定を冷房にするか除湿にするかを迷う事ってありませんか?

 

冷房と除湿、うまく使い分けて快適に過ごすには、ちょっとしたコツがあります。

 

冷房と除湿の違いについてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

冷房と除湿の違いとは?

 

冷房なのか、除湿なのか。

 

特に蒸し暑い日の多い日本の夏を過ごすのに、どちらが良いのかは悩むところです。

 

これは梅雨時も同じかもしれませんが、意外とこの冷房と除湿の違いをわかっていない場合が多く、ここを上手に使いこなすことで快適に過ごせるようになります。

 

冷房 とは

そもそも冷房とはなんでしょう。

 

とにかく部屋の温度を下げるために頑張る、という機能が冷房ですが、これにはまず室内の空気を吸い込みます。
その後その空気を選り分け、暑い部分は外へ逃がすことにより涼しくし、涼しくなった空気をまた室内に戻すというのがその仕組みです。

 

除湿 とは

では除湿とはなんでしょう。

 

部屋の温度は関係なく、その部屋の空気中の湿度を下げることに特化した機能となります。
その場所の湿度が高い、というのは空気中に含まれる水分量が多い、ということになりますよね。
なので除湿とはその空気を吸い込んで冷やし、それにより空気中の水分を取り出します。
そもそも、空気がたくわえられる水分量というのは、その空気の温度によって決まっているのです。
実は空気の温度が高ければ高いほど、たくさんの水分をたくわえることが出来るんですね。
ということは反対に言えば、空気の温度を下げることで水分をたくわえられなくなるようになります。
そうやって空気中にいられなくなった水分を取り出すことを除湿と言います。
取り出された水分を排出することにより空気の水分を奪ってさらさらにし、また室内に戻す、ということを繰り返すのです。

 

 

冷房と除湿の違いはお分かりいただけたでしょうか。

どちらにも共通して言えることは、どちらも室内の空気を冷やす、という点です。

 

なので特に蒸し暑くて部屋の温度を何とかしたい、と思っている場合に冷房するべきか除湿にするべきか、というのは悩みどころなんですよね。

 

冷房と除湿で電気代はどう変わる?

 

では、冷房なのか、除湿なのか。

 

どちらが経済的で、電気代がかからないのでしょう。

 

これは、条件を同じにするために、どちらも同じエアコンを使用した場合で、あくまでも冷やすということを目的とした場合についてです。

 

先程もお話したように、空気を冷やすことで空気中に水分はいられなくなります。
つまり、冷房するということは同時に除湿を行っていることにもなるのですが、あくまでも冷房とは空気を冷やすということに特化しています。
ただ冷え過ぎることはあまり快適とは言えませんよね。実際には冷房による極度の涼しさがあまり快適に感じない、という方は多くいらっしゃいます。

 

除湿と言うのは温度を下げることにより空気中から水分をはじき出して除去します。その空気を元の温度に戻して返し、空気を循環させることを除湿と言います。
つまり除湿するということは、「冷房」することによりまずは空気中の水分を取り出し、冷やしてしまった空気を「加温」して元の室内に戻す、ということをやっています。

 

早い話が2工程あるわけですね。

 

冷却のためにコンプレッサーを動かし、加温のためにヒーターを動かす。これが除湿には必要となります。

 

なので、エネルギー消費が増えるのはわかりますよね。

 

と、いう事で電気代がかかるのは冷房よりも除湿の方となります。

 

電気代を考えた運用をしながら室内を冷やすことを目的とするというのであれば、仮に少し強めであっても冷房を使用する方が電気代をかけずに涼しくすることが可能なんです。

 

除湿の電気代って実は結構高い?

 

除湿と一言で言っても、実は除湿には二通りの方法があります。

 

弱冷房除湿

これは、室内の気温を下げながら除湿する、というもの。
先程も言ったように、温度を下げることは除湿につながりますので、除湿と冷房を一緒にする、ということです。
冷房ほどの冷やす効果はありませんが、除湿を伴うため、快適さは増すかもしれません。

 

再熱除湿

 

室内気温は下げずに除湿する、というものです。
先程説明した除湿はこちらになります。つまり、まず吸い込んだ空気を冷やして空気中の水分を取り除いたあと、室内を冷やさないよう再び加温してから室内に戻す、という工程をもつものです。
これは先ほども説明したとおり、「温める」という機能がかかりますのでその分電気代は増えます。

 

ご存知かと思いますが、厳密に言えば梅雨時などはそこまで気温が高いわけではないため、温度による不快というよりはやはり湿度の問題です。
これを考えずにただ温度だけを下げようとすると当然寒くなってしまいますね。
反対に夏真っ盛りになれば、少々湿度が下がったところで暑いもんは暑い、となってしまいます。

 

基本的にエアコンでかかる電気代というのは

 

再熱除湿 > 冷房 > 弱冷房除湿

 

となります。

 

気温や湿度に応じてうまく使い分けることで節電になるのは間違いありませんが、一般的にはエアコンで除湿することは避けた方が良いかもしれません。
除湿に重きを置くのであれば、それが得意なのはエアコンではなくやはり除湿器です。
エアコンで除湿を考えるくらいであれば冷房に設定して温度を下げる方が電気代はかかりにくいと言えます。

 

ただ梅雨時や気温のあまり高くない時などは、それでは単純に寒いですもんね(笑)。

 

単純に温度を下げたいのではなくあくまでも湿度が高くベタベタするのを何とかしたい、というのであれば、除湿器の使用をおすすめします。

梅雨の湿気対策で部屋を快適に!エアコンの使い方やおすすめグッズとは!?

今どきは電気代のプランの見直しなどでも改善が計れますが、やはり最も効果的なのは目的に応じて使用する機器を考える、ということになるかもしれませんね。

 

冷房と除湿についてのまとめ

 

冷房と除湿は、別のものです。

 

何となくどちらも涼しく快適にする、という点で混同されがちですが、別モノと考えた方が良いでしょう。

 

季節と気温に合った機器を使用して、賢く快適に出来たら良いですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ