お中元のお返しはいつまでに必要?お礼状の文例マナーをご紹介。

スポンサードリンク

 

お中元をいただくとお礼はどうしよう、って考えますよね。

また贈ってくれた方との関係もあるし、今後の繋がりも考えると贈っておいた方が・・・ということもあるでしょう。
お中元のお返しとそのマナーについてまとめてみましたのでご参考にして下さいね。

スポンサードリンク

お中元のお返しって必要?

 

お中元というのは、基本的にお返しは必要ない、というのが定説です。

 

これはそもそもお中元の性質によるものなのですが、もともとお中元と言えば、お世話になった方に贈るもの、というのがルールです。
つまり頂いた方はお世話している方、ということになりますよね。なので贈られた側は普段お世話している側で、それに対する御礼として送られているわけなので、必要ないと。
本来はそういう意味合いで「お中元にお返しは必要ない」という形になっています。

 

ただ、実際のところはどうでしょうか。

 

周りを見渡して、どちらか一方だけがお世話している、という関係性は本当にありますか?
これは時代が移り変わって価値観も変わって来ているということにもなりますが、お世話している側だけがお世話し、お世話されている側はされるばかり、ということも近年では少ないのではないでしょうか。
少なくとも、そう思っている人が増えていることは事実です。

 

つまり、どちらもがお世話になっている側、ということはあり得ますし、そう考えているんだろうとお互いに思っている方が関係はスムーズです。

 

ですので、特にビジネスシーンではそうですが、どちらか一方だけがお世話しているという関係ではないという認識は持っていた方が良いかもしれませんね。

 

そう考えすと、お中元を頂いたことに対する感謝の気持ちは当然必要です。まさしくそれがお返しをするかどうかは別として。

 

なので、お返しについてはそれぞれの関係性によるものが大きいかと思います。

 

もらうばかりでは心もとないとか、申し訳ないとかあるのであればもちろんのこと、お中元を贈り合う関係になって今後も良い関係を築いて行きたい、ということもあるでしょう。

 

そういう場合はもちろんお返しを贈っても問題ありませんし、むしろ相手も大変喜んでくれて、さらに良い関係になれることは間違いありません。

 

反対に、お返しをするまでもない関係というのももちろんあるでしょう。

 

そんな場合はもちろんお返しをする必要はありません。

 

ただ常識的に、きちんとお中元を頂いたことに対する御礼は必要です。当たり前ですね。

 

そんな時は、どうすれば良いのでしょうか。

 

電話など言葉で伝えることももちろん必要です。会う機会があるのなら、そこでお礼は述べるべきです。

 

ただそれとは別に、きちんと書面で伝えるのも、大人の常識としては必要なことです。

 

お礼状を書いて、頂いた依頼主の住所迄必ず届けるようにしましょう。

 

お中元をお返ししてもお礼状は書くの?

 

ではお中元を頂いて、お中元を贈り返したような場合でもお礼状は書くべきなのでしょうか。

 

基本的には、それでもお中元を贈るだけでなくお礼状も贈った方がより丁寧で相手に気持ちは伝わります。

 

こちらがお中元を贈るのはこちらがお世話になっていると感じているから。
頂いたお中元に対しては、しっかりとこれはこれでお礼状を贈るべき。

 

というのが喜ばれますし、こういう時をどう捉え、過ごすのかを相手は見ています。

 

お中元をお返しするかどうかとは関係なく、頂いたものに対するお礼をきちんと述べることが出来るということは、相手に安心を与えてこれからも付き合って行きたいと思わせる、大切な要素となり得ます。

 

そして注意するべきなのは、その時期です。

 

コチラでも書きましたが、お中元には、贈るべき時期が決まっています。

 

つまり頂いたことに対してお返しを贈るタイミングになった時、もう時期としてお中元ではない、ということになりかねません。

 

もし時期が過ぎてしまっているのなら、その時期にあったのし紙を付けるようにしましょう。

 

お礼状に関しては、特にそのきまりはありません。

 

お中元を頂いた数日のうちには出せた方が良いでしょう。

 

お中元のお返しの文例やマナーは?

 

ではお中元のお返しとして贈るお礼状ですが、実際には何と書いたら良いのでしょうか。

 

これにはもちろんマナーもありますが、基本的には「気持ちを込めること」です。

 

他ならぬあなたに「日頃お世話になっている」と感じてくれて、お中元を贈ってくれる。

 

もちろんこれは当たり前ではありません。きちんと頂いた気持ちをお返し出来るようなお礼状を贈りたいところですよね。

 

どんな関係であれ、大まかな流れはこんな感じです。

 

・頭語と季節の挨拶
・お礼
・先方の健康など気遣うことば
・結び
・名前

 

個人でのやり取りであれば、これらを簡単に、場合によっては少し砕けてもよいでしょう。
ビジネスになるのであれば、これを肉付けし、少しボリュームを出せると良いかもしれませんね。

 

《個人の場合》

暑中御見舞申し上げます。

毎日暑い日が続いておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

この度は丁寧なお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。
子どもたちも大好きなお菓子を頂き、家族そろって大喜びしております。

皆々様にもくれぐれも宜しくお伝えください。

まだまだこれから厳しい暑さが続くかと思いますが、どうぞ体調にはお気を付け下さいね。
またお会いできるのを楽しみにしております。

まずはお礼まで

〇〇〇〇 内

 

 

最後は名前です。本人の奥様より、という意味で「内」と付けています。

 

暑中見舞い用のハガキなどで季節感を出せると良いでしょう。

 

 

《ビジネスの場合》

謹啓、盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたびは心のこもったお品を頂き、本当にありがとうございました。
株式会社△△商事様には日頃より多大なるお力添えを頂き、弊社としても大変心強く思っております。
今後とも何卒ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

暑さはまだまだこれからが本番となります。皆々様におかれましてはどうぞご自愛下さいませ。

まずは略儀ながら書中をもちまして、御礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬具

◆◆株式会社
代表取締役 ○○〇〇

 

 

先程も言ったように、あくまでも なるべく早めにお返しの手紙を送るのがマナーです。ハガキでも構いません。
どんな言葉を使って書くか、というよりもすぐに気持ちを伝えることの方が大切ですので、なるべく早めに出してくださいね。

 

お中元のお返しのまとめ

 

お中元のお返しは、特に必要ではありません。

 

ただ、必要のないことをやることで伝わる気持ちというのがありますよね。

 

もし、お中元をお返しするのであれば、金額は同等までにしておきましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ