犬の暑さ対策はどうしてますか?外飼いに限らず必要なグッズとは。

スポンサードリンク

犬を飼っている方にとって、愛犬の体調は子どもと同じくらい大切ですよね。

 

夏の暑さが近年尋常じゃないくらいの温度になっている日本において、犬を飼うときにはそれなりの暑さ対策が必要になります。

 

外で飼うならなおのこと、愛犬に対するケアが必要になりますよね。

 

暑さ対策に関わるグッズなども含め、愛犬の暑さ対策をご紹介します。

スポンサードリンク

犬の暑さ対策はどうする?

 

犬ってそもそも自然界の生き物ですよね。

 

ということは当然自然環境の変化などにも強く、簡単に負けるわけがない、と思ってました。

 

それを嫁に言ったらブチ切れられました(笑)。つまり、時代の流れとともに人間でもだんだん弱くなって来ていますよね。

 

たとえば縄文時代の人間と、現代の人間とでは作りが違うw。昔の方が、生き物としての力は上と考えて間違いないでしょう。

 

どんどん軟弱になって行っているということです。

 

これが犬も同じだと。

 

今いる犬たちは、ほとんどが親もそのまた親も飼い犬だったはずだと。

 

よって今の犬たちは、そもそも飼い犬として産まれている以上、人間とさほど変わらないんだと。

 

これは妙に納得しました。実際、私の飼っていたラブラドール・レトリバーは、そこらの人間よりもよっぽど暑さには弱かった気がします。

 

そもそも犬という動物は、寒さには案外強いようですね。

 

確かにりっぱな毛皮を着ていますので、そうかもしれません。

 

ただ暑さとなると別。まして近年の日本の暑さは尋常じゃありません。

 

地方によっては蒸し暑さも加わり、不快という点では犬も人間も同じでしょう。

 

となれば、犬にとっても暑さ対策は大変重要です。

 

まして犬は自分でエアコンのスイッチも入れませんし、かき氷を食べる習慣もありませんよね。

 

そして、犬でも熱中症になります。死んでしまうことだってあります。

 

そう、当然ですが、人間が何とかしてあげなければいけませんね。

 

犬の暑さ対策は外ほど注意が必要

 

犬種によっても随分暑さに強い犬と弱い犬に別れます。

 

基本的には暑い地方の犬なら、当然暑さには強いです。

 

柴犬
ビーグル
ジャック・ラッセルテリア
グレイハウンド
バセンジー

 

これらは比較的暑さに強い犬種です。

 

とはいえ、犬というのは呼吸のみで体温をコントロールしています。

 

つまり、普通で考えればやっぱり暑さには弱いということ。

 

それでも外で飼っている方だって多いでしょう。そういう場合の暑さ対策としては、どうすれば良いのでしょうか。

 

日陰を作る

犬が行動出来る範囲の中に、いつの時間でも日陰になるような場所を作ってあげることです。

 

もちろん、時間によって場所が変わっても構いません。どんな時でも必ず日影が存在するということが大切です。

 

木や建物の影になるようならそれでも良いでしょう。難しければ、せめてよしずなどを立て掛けてあげるだけでも全然違います。

 

 

打ち水をする

これは基本的に日が昇る前の話。カンカン照りになってからの打ち水では、文字通り、「焼け石に水」となります。

 

 

小屋の場所を考える

例えばアスファルトやコンクリートの上に小屋があるようなら、夏の暑い時期だけでも土の上などに置いてあげると良いでしょう。

 

無理なら、せめてすのこを敷いてあげるだけでも違います。とにかく、アスファルトやコンクリートに直接触れるようにならないような配慮をしてあげてください。

 

 

水分補給をする

いつでも飲めるように、水をたくさん用意しておきましょう。
出来れば冷えたものが望ましいですが、外に氷を置いてもすぐに溶けてしまいます。冷たくてもぬるくても、水があることが大変重要なので切らさないようにして下さいね。

 

 

犬の暑さ対策に最適グッズは?

 

犬の暑さ対策って、基本的には人間と同じようなものです。

 

つまり、自分が鎖で繋がれていたらどうして欲しいかを考えれば解決です(笑)。

 

涼しくしてくれることが一番ですよね。

 

と考えれば、やはり基本は室内飼いです。

 

北海道や東北地方など、夏でも比較的涼しい地方でなければ、出来れば室内で飼いたいですよね。

 

内陸部などになると、近年の暑さはもはや暴力的です(笑)。

 

そんな時に最適な、暑さ対策グッズをご紹介します。

 

大理石マット

この類のクールマットなどは色々と出ていますが、大理石マットはいわゆる大理石のように、触るとひんやりとします。

 

ただしばらくその上にいればマットも温かくなってしまうので、出来れば何枚か用紙しておいて、温かくなったら次のマット、のように移動出来るようにすると犬もそれを覚え、行ったり来たりするようになります。

 

 

ウェア・バンダナ

ウェアに水分を含ませることによって発生する気化熱を利用し、体温の上昇を抑えるタイプのウェアです。
このタイプはデザインやサイズも豊富で、合うものを探し出すとキリがないくらい色々あります。
ウェアだけでなくバンダナも結構種類もあって可愛いので、オシャレ感を出すのにもオススメです。

 

 

エアコン

結局、これが最強のような(笑)。普通に人間が快適に感じる温度にしてあげればそれが何よりの暑さ対策です。
電気代などコストを考えるのであれば、扇風機併用で。
これも、人間と同じですね。

 

 

ただ、扇風機に対しては、それ単体で犬は涼しいとは感じてくれないようですので、ご注意を。

 

犬の暑さ対策のまとめ

 

犬の暑さ対策は、基本的に人間と同じでした(笑)。

 

つまり、人間ならどうする、という視点で間違いありません。

 

普段は屋外で犬を飼っている、という方も、やはり夏の暑い時は室内で飼うことをおすすめします。

 

大事な大事な愛犬のためにも、しっかりとケアしてあげて下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ