熱中症の予防でまず子どもには水分補給!他に対策として塩分補給も。

スポンサードリンク

 

だんだん暑くなる季節を迎えて、やはり毎年熱中症にニュースはよく目にしますよね。

 

熱中症って、真夏に限ったことじゃないって知ってました?

 

特に子どもとなると、新陳代謝も激しいために汗もたくさんかきますよね。となるとやはり熱中症のリスクは増えてしまいます。

 

子どもが熱中症にならないようにするには、どんな予防をすれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

熱中症の予防で子どもに気を付けてあげるべきなのは?

 

熱中症って、もともと意味合いが広いです。

 

暑いことが原因でいろんな症状が出て、いろんな異常が起こる。これが熱中症ですが、とりわけ子どもの場合の原因は大人のそれと少し異なります。

 

大まかな熱中症の症状も予防策も似ていますが、子どもはなかなか大人と違って自分で気を付けることが難しいですもんね。

 

もともとの体温を調節する機能が、大人と比較して子どもはやはりまだ未熟です。

 

となれば当然熱中症にかかりやすくなるというリスクを抱えていますので、やはりそれに合った予防策は必要ですよね。

 

子どもの熱中症対策として、まずは危機管理能力がないということ。

 

このままいたら病気になる、という感覚は乏しいですよね(笑)。

 

まあそこが子どもらしくて良いんですが、熱中症ともなると命にもかかわるので注意は必要でしょう。

 

暑さに対する予防なんてするわけないんです。少々熱中症のサインが身体から出ていてもお構いナシですもんね。

 

おまけに体温調節もうまく出来ないので、一度体温が上がってしまうと下がりにくいのも特徴です。汗が上手くかけないですからね。

 

良くも悪くも集中力も抜群で、喉が渇こうが気持ちが悪くなろうがあまり関係ない。汗をたくさんかいてしまう割には自律神経が未熟なため体温調節も苦手。

 

そんな熱中症になりやすい子どもたちを、どうやって予防して行ってあげたら良いのでしょう。

 

熱中症の予防にはまず水分補給

 

大人でも子どもでも、まず熱中症の予防としては何はさておき水分補給です。

 

自分で飲むことの出来ないくらいの年齢でもなければ、どこか行く時には必ず飲み物を持たせるようにしましょう。

 

「あれば飲む」し「なければ飲まない」のが子どもです。

 

外出する時には必ず持たせるようにし、残して持って帰ったら一言飲むように伝えれば、気にして飲んで帰るようになります。

 

飲むのは水でもスポーツドリンクでも構いません。ナトリウムなどの電解質は汗で失われやすいので、イオン飲料水やスポーツドリンクを積極的に飲むことが出来ると良いですね。

 

実は熱中症の対策として必要なものは、水分補給の他にミネラルと塩分です。

 

ナトリウムなどのミネラルがスポーツドリンクには含まれること、そしてそのナトリウム濃度は人間の血液の濃度と近いため、身体への吸収が早いです。

 

なのでミネラルを補う目的としてスポーツドリンクは効果てきめんなんですよね。

 

あとは塩分です。こればっかりはスポーツドリンクからは補えません。

 

そんな時におすすめの熱中症予防ドリンクのレシピがこちら。

 

レモン汁 大さじ1杯
はちみつ 大さじ2杯
塩    小さじ4分の1
水    10ml

 

これらをペットボトルに入れて、よくかき混ぜます。
完全に混ざったら、これを500mlの炭酸水に入れます
これで出来上がり。

 

いわゆるレモネードに塩を効かせたものなんですが、炭酸飲料のため子どもウケは良かったですよ^^

 

熱中症の対策に効果的な塩分補給

 

先程もお伝えしたように、熱中症の対策として

 

水分補給
ミネラル
塩分

 

が必要です。

 

ところがこれらは、大人であれば言われれば予防策として摂りますよね。

 

ただ子どもとなるとなかなか摂ってくれません。

 

とりわけこの中でも塩分というのは、特に大量の汗をかく子どもにとってはやはり熱中症の対策として摂っておきたいところです。

 

大人はそこまで汗をかくことも少ないかもしれませんし、塩分の摂り過ぎは何より熱中症対策にはなりますが高血圧や生活習慣病にもなりかねませんので注意が必要です。

 

と言っても塩分は電解質として身体に水分を補給する手伝いをしてくれますので、熱中症予防としては塩分の効果は高いと言えます。

 

という事で、子どもでも出来る塩分補給としては、一番のおすすめは塩飴です。

 

最近ではスポーツドリンクの1リットル分に相当する分量の塩分が摂れるものもあり、味も最近ではバランス良く仕上がっているので、普通に食べれます(笑)。

 

子どもでも取っつきやすいので、塩飴はいつも子どもが出掛ける時には持たせてあげると良いでしょう。

 

それでも食べてくれない場合は・・・

 

みそ汁です(笑)。

 

これまた、なかなか効率的に塩分を補給できる飲み物です。

 

日頃の献立を少し工夫するだけで、熱中症対策になることもたくさんあります。

 

なるべく子どもでも出来る予防策を考えてあげて下さいね。

 

熱中症予防のまとめ

 

熱中症の予防として、子どもに気を付けてあげるべきことをまとめてみました。

 

熱中症って、かかってみて初めて結構大変なんだなってわかります。

 

かかり方によっては本当に命の危険だってありますので、小さな子どもなどは本当にケアするべきだと思います。

 

考えられる熱中症の予防や対策は、必ずしてあげて下さいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ