年賀状のビジネスのマナーや上司への書き方、挨拶文の文例は?

スポンサードリンク

近年では年賀状を送るということも

年々少なくなっているようですが、

いつも会社などで顔を合わせる上司などは

やはり節目としてのご挨拶という

意味合いも込めて年賀状を送っておきたいものです。

 

しかしいざ上司に送るとなると、

ビジネスマナーはもちろんですが

失礼のないように送らなければなりません。

 

だからと言ってあまりに堅苦しいと

味気ないものとなり、かえって関係が

ギクシャクするということにも

繋がりかねませんので、

きちんとした礼儀は押さえつつ、

親近感のわくような交流に繋げられたら

それが一番です。

 

基本的な礼儀や簡単な文例などを

ご紹介しますので、参考にしてみてくださいね^^

スポンサードリンク

年賀状をビジネスで送る場合のマナーとは

年賀状というものは、当然相手によって

内容を変えていく必要があります。

例えば友達や親戚など、砕けた関係として送る

ことが出来る年賀状と、ビジネスでの

上司や目上の人に対するもの、または

取引先など気を遣うべき関係の場合です。

 

最近は写真付きの年賀状で

家族とともに写したものを送る場合も多いと

思いますが、基本的にビジネス上の関係性の

中では避けるのがマナーでしょう。

 

もちろん中には家族ぐるみでのお付き合いが

ある場合もありますのでそれらに関しては

細かく分けていけばよいと思いますが、

出来ればビジネス用と家族写真の載ったプライベート用

とでは分けて使用した方が無難です。

 

その他ビジネスの年賀状として

押さえておくべきポイントとしては、

 

・宛名住所は必ず都道府県から

同じ市内であったり、郵便番号を

しっかりと記入している場合でも

必ず都道府県から書くことです。

 

 

・部署や肩書を正確に書く

例えば「鈴木部長様」などと

肩書に敬称を付けるのはおかしいです。

「鈴木部長」または「総務部長 鈴木様」

が正しい書き方となります。

 

 

・文字は丁寧に

字の上手い、下手は関係ありません。

あまり字が得意ではない方でも

丁寧に書いているかどうかは必ず伝わります。

 

 

これらは基本マナーです。

忘れないように注意しておきましょう。

 

 

 

年賀状をビジネスで送る場合の上司への書き方は?

まず、年賀状を送る相手があくまでも上司であるという

前提の場合の書き方ですが、選ぶ言葉として

「寿」「迎春」「賀春」「賀正」など、

1文字または2文字の賀詞は略した表現ということになります

ので避けたほうが無難です。

例えば「謹んで」という意味合いを含んだ

「謹賀新年」

という言葉であれば4文字の賀詞となりますので

丁寧な印象を伝えることが出来ます。

その他、「恭賀新年」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」など。

「Happy New Year」などは失礼にあたりますので避けましょう。

また、「謹賀新年」と書いたあとに

「明けましておめでとうございます」などと、

賀詞を繰り返すのもNGとなりますので注意して下さい。

 

そして書くべき文言は以下の項目となります。

・新年のお祝いのことば
・日頃の御礼
・相手側の健康や発展を祈る、今後のお付き合いをお願いする
・日付

これはビジネスや上司への年賀状に限りませんが、

最低限この4つに関しては外さずに書く必要があります。

あと大切なことは、年賀状では句読点はタブーです。

 

そして間違えた場合などは修正テープを使用したり

二重線で消したりせず、必ず新しいハガキに書き直して下さい。

 

相手の家族に見られては困るような内容のものも、

当然ですが控えるようにしましょう。

 

 

 

年賀状をビジネスで送る場合の挨拶文や文例は?

お話したような、年賀状をビジネスで贈る場合の挨拶文や

文例をまとめてみました。

 

*******************************

謹んで新春のお慶び申し上げます
旧年中は親身にご指導ご鞭撻を賜り誠にありがとうございました
ご家族の皆様にはご健康で幸多い一年でありますよう祈念致しております
平成○○年元旦

*******************************

謹賀新年
昨年はいろいろとお心遣いをいただき誠にありがとうございました
今年もより一層のご指導ご鞭撻をお願いいたします
平成○○年元旦

*******************************

明けましておめでとうございます
昨年は大変お世話になりました
本年もよろしくご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます
平成○○年元旦

*******************************

謹んで新年のお慶び申し上げます
新しい部署で不安をありましたが良き先輩に出会え日々感謝しております
まだまだ未熟者ではございますが今後とも益々ご指導よろしくお願い
いたします
平成○○年元旦

*******************************

謹賀新年
昨年中は親身にご指導ご鞭撻を頂き誠にありがとうございました
本年も精一杯精進いたしますのでよろしくお願いいたします
平成○○年元旦

*******************************

 

などでしょうか。

 

お気づきのかたもいらっしゃるかと思いますが、

昨年のことを「去年」とは書きません。

去は去るという忌み言葉ですので、

縁起の悪い表現として使う事が出来ないので注意しましょう。

 

 

 

まとめ

ビジネスで使用する年賀状ですので、

やはり基本的なマナーを理解したうえで

出す必要があるのは言うまでもありません。

ただあまりにもそこにばかりこだわってしまうと、

堅苦しく味気ないものになってしまいます。

 

上司とはいえ、会社の中で話すときは

砕けた会話をすることもあるかもしれませんし、

歳も近く割と親近感を感じる間柄であることも

あり得ますよね。

そのような時など、ご紹介した文例をそのまま使用すると

あまり気持ちの伝わるものになりにくくなるということも

考えられますので、そのようなときは少し砕けた文章を

一文追加できると良いでしょう。

 

また、たくさんの年賀状を用意しなければならない場合など、

やはり印刷せざるを得ない場合もあるかとは思いますが、

可能な限り、手書きで書けるものは手書きで書くようにしましょう。

 

例えば印刷の年賀状に手書きで一文を添えるだけでも随分印象が

変わって親しみやすいものになります。

せっかくの年賀状、ビジネスマナーを押さえつつも

気持ちをお届け出来るようなものにしたいですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ