暑中見舞いで結婚報告する場合の文例は?それとも年賀状の方が良い?

スポンサードリンク

 

結婚しました!という報告。

 

日頃お世話になった人に結婚の報告をするなら、なるべく早くしたいと思いますよね。

 

例えば夏前のブライダルシーズンに結婚した場合、暑中見舞いなどで結婚報告を出来たらと思う方は多いのではないでしょうか。

 

暑中見舞いで結婚報告する場合についてまとめてみました。

スポンサードリンク

暑中見舞いで結婚報告をしても良い?

暑中見舞いで結婚報告をすることそのものは何の問題もありません。

 

むしろ、便宜上そうすることの方が良い場合もありますよね。

 

例えば夏前に結婚式をして、結婚報告をしたいんだけど、時期としては暑中見舞い。

 

だから結婚報告のハガキと暑中見舞いのハガキを両方送る、となるといささかウザいです(笑)。

 

あまり近いタイミングで2枚のハガキを送るのは何か急かすようでおすすめ出来ません。

 

ということで、むしろ1枚のハガキで暑中見舞いと結婚報告が出来た方がスマートかと思います。

 

一般的に結婚報告のハガキは挙式から2~3か月以内には出したいところ。

 

あまり遅くなると相手はしらけます。結婚報告を出すなら、それくらいには出すべきです。

 

ただ、暑中見舞いを出すつもりがあるかとなるとこれはどうでしょう。

 

最近はそういうものが減っているとのことですが、大人のたしなみとしてはそういうことが出来る人には余裕を感じますよね。

 

せっかく結婚して新しい家庭を持ったのであればなおのこと、これからは暑中見舞いなどを送ってみるのも良いでしょう。

 

つまり、結婚報告と暑中見舞いの両方を送りたいと思っている方であれば、暑中見舞いでの結婚報告をすれば良いでしょう。
結婚報告を送るつもりだけど、暑中見舞いは考えていないという場合は、それで良いと思います。
反対に暑中見舞いは送るけど、結婚報告は送るつもりがない、という場合。
これはやはり、スルーは出来ません(笑)。
暑中見舞いに限らず、何かしら相手とコンタクトを取る以上、結婚報告という大きな報告はきっちりとしておくべきです。

 

結婚報告を最優先にしながら、暑中見舞いという機会があるならその時に報告する、という感覚が良いでしょうね。

 

暑中見舞いで結婚報告する場合の文例は?

暑中見舞いと結婚報告をする場合は、盛りだくさんになってしまうので文章が長くなり過ぎないように注意します。

 

=================================

 

暑中御見舞申し上げます。

厳しい暑さが続きますが、皆様おかわりございませんか?

まだまだしばらく暑い日が続くと思いますので、どうぞご自愛ください。

私たち二人は結婚し、新しい生活をスタートさせました。

まだまだ未熟な二人ですが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

=================================

 

暑中お見舞い申し上げます。

私たち結婚しました。

これからの人生、二人力を合わせて頑張って行きたいと思っています。

お近くにお寄りの際は、ぜひお立ち寄りください。

まだまだ暑さ厳しい日が続きますが、お体を大切にお過ごしください。

 

=================================

 

暑中御見舞申し上げます。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私たちは、〇月〇日に結婚致しました。

これからは暑い日も寒い日も、共に力を合わせて頑張って行きたいと思っています。

炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。

 

=================================

 

きちんと暑い日が続く中、相手の体調を気遣う文章と、自分たちの結婚報告をする必要があります。

 

結婚式や二人の画像を入れる場合はなおのこと、やはり文章はシンプルに短めが良いでしょう。

 

画像など入れない場合でも、なるべく涼しげなハガキを選ぶようにしましょうね。

 

 

暑中見舞いで結婚報告するよりも年賀状での方が良い?

暑中見舞いで結婚報告をする場合というのは、結婚報告をするタイミングが暑中見舞いの時期と重なる、ということです。

 

暑中見舞いと結婚報告を別にするとハガキを2度出すことになり、相手にとっても煩わしいために1つにまとめることが良いというわけです。

 

なので、年賀状のシーズンまで待って結婚報告をしていたら、それこそ「今頃???」って話です。

 

反対に結婚した時期が年末で、結婚報告をするタイミングと年賀状を出すタイミングが重なった場合はそちらでまとめることは問題ありません。

 

つまり、時期が重なっていることを利用しているだけですね。

 

暑中見舞いを出さない場合は結婚報告のみで出した方が良いと思いますし、時期として年賀状や暑中見舞いと重ならない時期での結婚報告であればやはりそれだけできちんと送った方が良いかと思います。

 

いずれにしても、結婚報告も年賀状も暑中見舞いも、日頃お世話になっている人とのやりとりです。

 

きちんと抜け漏れなく、礼節を重んじることが出来ると、相手も大人として見てくれますからね。

 

結婚して新しい環境となった時などは特に、きちんとしておきましょうね!

 

暑中見舞いで結婚報告をする場合のまとめ

暑中見舞いで結婚報告をするというのは、タイミングとしてもシンプルでわざとらしくなく良いと思います。

 

何もない季節に送るよりも、相手のことも気遣うことが出来て、良いタイミングとなります。

 

せっかくなので、素敵な暑中見舞いを作って送ってあげてくださいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ