暑中見舞いのマナーや送る時期は?喪中の時や書き方はどうする?

スポンサードリンク

 

最近の夏って暑いですよね。

 

日本は少しずつ亜熱帯化していると聞きますが、ほんとそうかも。

 

これだけ暑い夏を迎える日本。せめて日頃お世話になっている人に、体調を気遣ってあげるくらいのやり取りがあっても良いですよね。

 

というわけで暑中見舞いのマナーをご紹介します。

 

暑い暑い日本の夏、暑中見舞いくらい送ってあげてはいかがですか?

スポンサードリンク

暑中見舞いのマナーや送る時期は?

 

暑中見舞いというのは、一年で一番暑い時期に、知人の体調を気遣って訪問してみたり、手紙を出すことです。

 

ということで、マナーとしては一番暑い時期に送るというのがベストです。

 

もちろんこれは地方にもよりますので、遠方であればそこは配慮すべきですけどね。少なくとも、その地方で一年で一番暑い時期というのを見極めて下さい。

 

などと言いますが、何だかんだ言ってもそれは建前上の話になってしまっていて、年配の方の多くは、暑中見舞いを送る時期というのは決まっていると思ってしまっています。

 

ということはそれに合わせるのが無難。

 

それはと言うと、主に7月に入ってから、となります。

 

基本的には立秋までとなります。立秋は年によって違いますが、だいたい8月6日~8日。

 

その立秋を過ぎたあとは、暑中見舞いではなく「残暑見舞い」となります。

 

まずはここを抑えていれば良いでしょう。

 

立秋を過ぎたら、暑中見舞いではなく残暑見舞い。

 

ハガキなど送る場合にギリギリのタイミングになりそうな時は、あえて外して残暑見舞いになってから送るというのも手ですよね。

 

暑中見舞いは喪中のときには控えるのがマナー?

 

暑中見舞いって、相手や自分が喪中の場合は控えるべきなんでしょうか。

 

こういう話をよく聞きますが、おそらく年賀状と照らし合わせてるんですよね。

 

ただここで考えてみて下さい。年賀状というのは、新年を「祝う」もの。

 

暑中見舞いと言うのは、しかし暑いですけど最近体調どうですか?っていうものです。

 

なので全く関係ありません。つまり、喪中であろうがなかろうが、送ることももらうことも何の問題もないのです。

 

だいたい、寒中見舞いってありますよね。たとえば喪中で年賀状が出せない時に送るあれですが、寒中見舞いと同じ事。暑い寒いの違いだけです。

 

冬の季節の挨拶状が寒中見舞いなら、夏の挨拶状が暑中見舞い。つまり、喪中がどうこうは関係ないのです。

 

ただ、例外があります。

 

例えば相手側が喪中の場合。

 

不幸があってからまだ日が浅い時は暑中見舞いや残暑見舞いを送るのは避けるのがマナーです。

 

1つのメドとしては49日。そこが過ぎるまでは暑中見舞いを出さずにおくと良いでしょう。

 

49日を過ぎれば暑中見舞いを送ることは問題ありません。ただ、そのときはお悔やみの言葉も添えることを忘れずに。

 

あまりにぎやか過ぎないハガキで送るのが良いでしょうね。

 

ちなみにこちらが喪中の場合で、暑中見舞いを送りたい場合は送っても構いません。

 

が、例えば相手がこちらの喪中を知っていた場合、普通は相手方が気を遣ってしまいます。

 

ひとまず今年は暑中見舞いも残暑見舞いも出さない、という選択肢もアリでしょう。

 

また、少し落ち着いた時期なら暑中見舞いに近況報告として少し触れておいても良いかもしれませんね。

 

暑中見舞いの書き方のマナーとは。

 

暑中見舞いの書き方としては、基本的なマナーがあります。

 

①暑中見舞いの挨拶
②時候の挨拶
③相手の近況をたずねる言葉や自分の近況報告
④日付

 

特に「拝啓」などと書き出す必要もなく、いきなり本文で大丈夫です。

 

最後の日付に関しても、日にちまで入れなくても良いですし、「○○年 盛夏」などでもよいですね。

 

書き方の例文としてはこちら。

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

連日猛暑のニュースばかりですが、お陰様でこちらは家族一同、元気に過ごしております。
都内はこちらよりなお気温が高いと聞きます。お忙しい毎日かと思いますが、どうぞこれから夏本番を迎えるにあたり、お体大事になさってください。

 

○○年 盛夏

 

 

冒頭の「暑中お見舞い申し上げます」の部分を大きく書くことでメリハリが出ます。
また、先ほどお話したように時期が立秋を過ぎてしまった場合は、ここを「残暑御見舞い申し上げます」と変更します。

 

暑中見舞いや残暑見舞いは、年賀状ほど堅苦しくもなく、どちらか言うと自由な柔らかい表現でも構わないというのが特徴です。

 

大切な事は冒頭の一文、「暑中お見舞い申し上げます」の一言さえあれば、どちらか言うと結婚報告だったり引っ越しの案内だったりしても特に問題ありません。

 

ただこの暑中見舞いで報告しよう、と思うあまり、実際の時期とずれてしまうとおかしいので、そこは考えて下さいね。

 

そして書くハガキ。かもめーるを使用して書いても良いですし、暑中見舞い用の涼しげなハガキもたくさん売ってます。縦書き、横書き、どちらでも構いませんが、一般的には縦書きが良いでしょう。

 

ただ慣れていないと縦書きは難しいという私のような人もいます。

 

そんな場合は横書きでも構いません。ただ横書きだと受け取る側は少しカジュアルな感じを受けやすいので、相手が目上であったりビジネスの関係に出す暑中見舞いなどの場合は、出来れば縦書きが良いと思います。

 

暑中見舞いのマナーのまとめ

 

暑中見舞いや残暑見舞いというのは、もらえば嬉しいものです。

 

近年はメールやSNSなどで色んな人と頻繁に連絡を取ろうと思えば取れなくはないですが、わざわざ手書きでハガキを書くという事は今までにもまして少なくなっていますよね。

 

だからこその暑中見舞いです。

 

日頃わざわざメールなど送ったりはしないけど、どうしてるかな、と思っていたりするときには特に程よい挨拶状です。

 

うまく利用して、良い関係が築けるといいですよね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ